聖典
ダニエル書6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 ダリヨスは全国ぜんこくおさめるために、そのくにに百二十にん総督そうとくてることをよしとし、

2 またかれらのうえに三にん総監そうかんてた。ダニエルはそのひとりであった。これは総督そうとくたちをして、この三にんまえに、その職務しょくむかんする報告ほうこくをさせて、おう損失そんしつおよぶことのないようにするためであった。

3 ダニエルはかれのうちにあるすぐれたれいのゆえに、のすべての総監そうかんおよび総督そうとくたちにまさっていたので、おうかれてて全国ぜんこくおさめさせようとした。

4 そこで総監そうかんおよび総督そうとくらは、国事こくじについてダニエルをうったえるべき口実こうじつようとしたが、うったえるべきなんの口実こうじつも、なんのとがをもいだすことができなかった。それはかれ忠信ちゅうしんひとであって、そのになんのあやまちも、とがもいだされなかったからである。

5 そこでその人々ひとびとった、「われわれはダニエルのかみ律法りっぽうかんして、かれうったえる口実こうじつるのでなければ、ついにかれうったえることはできまい」と。

6 こうして総監そうかん総督そうとくらは、おうのもとにあつまってきて、おうった、「ダリヨスおうよ、どうかとこしえにきながらえられますように。

7 くに総監そうかん長官ちょうかんおよび総督そうとく参議さんぎおよび知事ちじらは、あいはかって、おうが一つのおきてをて、一つの禁令きんれいさだめられるようもとめることになりました。おうよ、それはこうです。すなわちいまから三十にちあいだは、ただあなたにのみねがごとをさせ、もしあなたをおいて、かみまたはひとにこれをなすものがあれば、すべてそのものを、ししのあなれるというのです。

8 それでおうよ、その禁令きんれいさだめ、その文書ぶんしょ署名しょめいして、メデアとペルシャのかわることのない法律ほうりつのごとく、これをえることのできないようにしてください」。

9 そこでダリヨスおうは、その禁令きんれい文書ぶんしょ署名しょめいした。

10 ダニエルは、その文書ぶんしょ署名しょめいされたことをっていえかえり、二かいのへやの、エルサレムにかってまどひらかれたところで、以前いぜんからおこなっていたように、一にちに三ずつ、ひざをかがめてかみまえいのり、かつ感謝かんしゃした。

11 そこでその人々ひとびとあつまってきて、ダニエルがそのかみまえいのり、かつもとめていることをたので、

12 かれらはおうまえにきて、おう禁令きんれいについて奏上そうじょうしてった、「おうよ、あなたは禁令きんれい署名しょめいして、いまから三十にちあいだは、ただあなたにのみねがごとをさせ、もしあなたをおいて、かみまたはひとに、これをなすものがあれば、すべてそのものを、ししのあなれると、さだめられたではありませんか」。おうこたえてった、「そのことたしかであって、メデアとペルシャの法律ほうりつのごとく、えることのできないものだ」。

13 かれらはおうまえこたえてった、「おうよ、ユダからいてきた捕囚ほしゅうのひとりである、かのダニエルは、あなたをも、あなたの署名しょめいされた禁令きんれいをもかえりみず、一にちに三ずつ、いのりをささげています」。

14 おうはこの言葉ことばいておおいにうれえ、ダニエルをすくおうとこころもちい、るまで、かれすくすことにつとめた。

15 ときにその人々ひとびとは、またおうのもとにあつまってきて、おうった、「おうよ、メデアとペルシャの法律ほうりつによれば、おうてた禁令きんれい、または、おきてはえることのできないものであることを、ご承知しょうちください」。

16 そこでおう命令めいれいくだしたので、ダニエルはされて、ししのあなれられた。おうはダニエルにった、「どうか、あなたのつねつかえるかみが、あなたをすくわれるように」。

17 そして一つのいしってきて、あなくちをふさいだので、おう自分じぶんいんと、大臣だいじんらのいんをもって、これに封印ふういんした。これはダニエルの処置しょちえることのないようにするためであった。

18 こうしておうはその宮殿きゅうでんかえったが、そのよるしょくをとらず、また、そばめたちをせず、まったねむることもしなかった。

19 こうしておうあさまだききて、ししのあないそいでったが、

20 ダニエルのいるあなちかづいたとき、かなしげなこえをあげてばわり、ダニエルにった、「けるかみのしもべダニエルよ、あなたがつねつかえているかみはあなたをすくって、ししのがいまぬかれさせることができたか」。

21 ダニエルはおうった、「おうよ、どうか、とこしえにきながらえられますように。

22 わたしのかみはその使つかいをおくって、ししのくちざされたので、ししはわたしをがいしませんでした。これはわたしにつみのないことが、かみまえみとめられたからです。おうよ、わたしはあなたのまえにも、なにわることをしなかったのです」。

23 そこでおうおおいによろこび、ダニエルをあななかからせとめいじたので、ダニエルはあななかからされたが、そのになんのがいをもけていなかった。これはかれ自分じぶんかみたのみとしていたからである。

24 おうはまた命令めいれいくだして、ダニエルをあしざまにうったえた人々ひとびといてこさせ、かれらをその妻子さいしともに、ししのあなれさせた。かれらがあなそこたっしないうちに、ししはかれらにとびかかって、そのほねまでもかみくだいた。

25 そこでダリヨスおうぜん世界せかい諸民しょみんしょぞく諸国しょこくものみことのりきおくってった、「どうか、あなたがたに平安へいあんすように。

26 わたしは命令めいれいす。わがくにのすべてのしゅうひとは、みなダニエルのかみを、おののきおそれなければならない。かれけるかみであって、とこしえにかわることなく、そのくにほろびず、その主権しゅけんおわりまでつづく。

27 かれすくいほどこし、たすけをなし、てんにおいても、においても、しるしと奇跡きせきとをおこない、ダニエルをすくって、ししのちからをのがれさせたかたである」。

28 こうして、このダニエルはダリヨスのと、ペルシャひとクロスのにおいてさかえた。