聖典
ダニエル書5
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第5章

1 ベルシャザルおうは、その大臣だいじん一千にんのために、さかんな酒宴しゅえんもうけ、その一千にんまえさけんでいた。

2 さけすすんだとき、ベルシャザルは、そのちちネブカデネザルがエルサレムの神殿しんでんからってきた金銀きんぎんうつわってこいとめいじた。おうとその大臣だいじんたち、およびおうつまとそばめらが、これをもってさけむためであった。

3 そこで人々ひとびとはそのエルサレムのかみみやすなわち神殿しんでんからってきた金銀きんぎんうつわってきたので、おうとその大臣だいじんたち、およびおうつまとそばめらは、これをもってんだ。

4 すなわちかれらはさけんで、きんぎん青銅せいどうてついしなどの神々かみがみをほめたたえた。

5 すると突然とつぜんひとゆびがあらわれて、燭台しょくだい相対あいたいするおう宮殿きゅうでんかべものいた。おうはそのものいたさきた。

6 そのためにおう顔色かおいろかわり、そのこころおもなやんでみだれ、そのこしのつがいはゆるみ、ひざはふるえてたがいちあった。

7 おう大声おおごえばわって、ほうじゅつ、カルデヤびと、うらならをしてこさせた。おうはバビロンの知者ちしゃたちにげてった、「この文字もじみ、そのかしをわたしにしめものにはむらさきころもせ、くびきんくさりをかけさせて、くにだい三のつかさとしよう」と。

8 おう知者ちしゃたちはみなはいってきた。しかしその文字もじむことができず、またそのかしをおうしめすことができなかったので、

9 ベルシャザルおうおおいにおもなやんで、その顔色かおいろかわり、おう大臣だいじんたちも当惑とうわくした。

10 とき王妃おうひおう大臣だいじんたちの言葉ことばいて、その宴会場えんかいじょうにはいってきた。そして王妃おうひった、「おうよ、どうか、とこしえにきながらえられますように。あなたはこころおもなやんではなりません。また顔色かおいろえるにはおよびません。

11 あなたのくにには、せいなるかみれいのやどっているひとりのひとがおります。あなたのちちに、かれは、明知めいち分別ふんべつおよびかみのような知恵ちえのあることをあらわしました。あなたのちちネブカデネザルおうは、かれてて、博士はかせほうじゅつ、カルデヤびと、うらならのちょうとされました。

12 かれは、おうがベルテシャザルというあたえたダニエルというものですが、このダニエルには、すぐれたれい知識ちしき分別ふんべつがあって、ゆめき、なぞをき、難問なんもんくことができます。ゆえにダニエルをしなさい。かれはそのかしをしめすでしょう」。

13 そこでダニエルはおうまえされた。おうはダニエルにった、「あなたは、わがちちおうが、ユダからひきつれてきたユダの捕囚ほしゅうのひとりなのか。

14 くところによると、あなたのうちには、せいなるかみれいがやどっていて、明知めいち分別ふんべつおよび非凡ひぼん知恵ちえがあるそうだ。

15 わたしは、知者ちしゃほうじゅつらを、わがまえしよせて、この文字もじませ、そのかしをしめさせようとしたが、かれらは、このことかしをしめすことができなかった。

16 しかしまたくところによると、あなたはかしをなし、かつ難問なんもんくことができるそうだ。それで、あなたがもし、この文字もじみ、そのかしをわたしにしめすことができたなら、あなたにむらさきころもせ、きんくさりくびにかけさせて、このくにだい三のつかさとしよう」。

17 ダニエルはおうまえこたえてった、「あなたの賜物たまものは、あなたご自身じしんにとっておき、あなたのおくものは、他人たにんにおあたえください。それでも、わたしはおうのためにその文字もじみ、そのかしをおおしらせいたしましょう。

18 おうよ、いとたかかみはあなたのちちネブカデネザルにくに権勢けんせいと、光栄こうえい尊厳そんげんとをたまいました。

19 かれ権勢けんせいたまわったことによって、諸民しょみんしょぞく諸国しょこくものはみな、かれまえにおののきおそれました。かれ自分じぶんほっするものころし、自分じぶんほっするものかし、自分じぶんほっするものげ、自分じぶんほっするものくだしました。

20 しかしかれこころたかぶり、かたくなになり、ごうまんにふるまったので、王位おういからしりぞけられ、その光栄こうえいうばわれ、

21 われてひとはなれ、そのおもいはけもののようになり、そのすまいはろばとともにあり、うしのようにくさい、そのてんからくだるつゆにぬれ、こうしてついにかれは、いとたかかみ人間にんげんくにおさめて、自分じぶんのままにひとてられるということを、るようになりました。

22 ベルシャザルよ、あなたはかれであって、このことをことごとくっていながら、なおこころひくくせず、

23 かえっててんしゅにむかって、みずからたかぶり、そのみや器物うつわものをあなたのまえってこさせ、あなたとあなたの大臣だいじんたちと、あなたのつまとそばめたちは、それをもってさけみ、そしてあなたはることも、くことも、ものることもできないきんぎん青銅せいどうてついし神々かみがみをほめたたえたが、あなたのいのちをそのににぎり、あなたのすべてのみちをつかさどられるかみをあがめようとはしなかった。

24 それゆえ、かれまえからこのてきて、この文字もじきしるされたのです。

25 そのしるされた文字もじはこうです。メネ、メネ、テケル、ウパルシン。

26 そのことかしはこうです、メネはかみがあなたの治世ちせいかぞえて、これをそのおわりにいたらせたことをいうのです。

27 テケルは、あなたがはかりではかられて、そのりょうりないことがあらわれたことをいうのです。

28 ペレスは、あなたのくにかたれて、メデアとペルシャの人々ひとびとあたえられることをいうのです」。

29 そこでベルシャザルはめいじて、ダニエルにむらさきころもせ、きんくさりをそのくびにかけさせ、かれについて布告ふこくはっして、かれくにだい三のつかさであるとわせた。

30 カルデヤびとのおうベルシャザルは、そのよるのうちにころされ、

31 メデアびとダリヨスが、そのくにけた。このときダリヨスは、おおよそ六十二さいであった。