聖典
ダニエル書7
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第7章

1 バビロンのおうベルシャザルの元年がんねんに、ダニエルはとこにあってゆめ、またのうちゅうまぼろしたので、かれはそのゆめをしるして、そのこと大意たいいべた。

2 ダニエルはべてった、「わたしはよるまぼろしのうちにた。よ、てん四方しほうからのかぜ大海おおうみをかきたてると、

3 四つのおおきなけものうみからあがってきた。そのかたちは、おのおのことなり、

4 だい一のものは、ししのようで、わしのつばさをもっていたが、わたしがていると、そのつばさきとられ、またからおこされて、ひとのように二ほんあしたせられ、かつひとこころあたえられた。

5 よ、だい二のけものくまのようであった。これはそのからだの一方いっぽうをあげ、そのくちあいだに、三ぼん肋骨ろっこつをくわえていたが、これにかって『きあがって、おおくのにくらえ』とこえがあった。

6 そののちわたしがたのは、ひょうのようなけもので、そのにはとりつばさが四つあった。またこのけものには四つのあたまがあり、主権しゅけんあたえられた。

7 そののちわたしがよるまぼろしのうちにだい四のけものは、おそろしい、ものすごい、非常ひじょうつよいもので、おおきなてつがあり、らい、かつ、かみくだいて、そののこりをあしみつけた。これは、そのまえたすべてのけものちがって、十のつのっていた。

8 わたしが、そのつの注意ちゅういしてていると、そのなかに、また一つのちいさいつのてきたが、このちいさいつののために、さきのつののうち三つがそのからちた。よ、このちいさいつのには、ひとのようながあり、またおおきなことかたくちがあった。

9 わたしがていると、もろもろのみもうけられて、いたるものしておられた。そのころもゆきのようにしろく、あたまじりもののないひつじのようであった。そのみほのおであり、その車輪しゃりんえるであった。

10 かれまえから、ひとすじながれがてきた。かれつかえるもの千々せんせんかれまえにはべるもの万々まんまん審判しんぱんおこなものはそのせきき、かずかずのものひらかれた。

11 わたしは、そのつのかたおおいなる言葉ことばこえがするのでていたが、わたしがているあいだにそのけものころされ、そのからだはそこなわれて、えるれられた。

12 そのけものはその主権しゅけんうばわれたが、そのいのちは、とき季節きせつるまでばされた。

13 わたしはまたよるまぼろしのうちにていると、よ、ひとのようなものが、てんくもってきて、いたるもののもとにると、そのまえみちびかれた。

14 かれ主権しゅけん光栄こうえいくにとをたまい、諸民しょみんしょぞく諸国しょこくものかれつかえさせた。その主権しゅけん永遠えいえん主権しゅけんであって、なくなることがなく、そのくにほろびることがない。

15 そこで、われダニエル、わがうちなるれいうれえ、わが脳中のうちゅうまぼろしは、わたしをなやましたので、

16 わたしは、そこにっているもののひとりに近寄ちかよって、このすべてのこと真意しんいたずねた。するとそのものは、わたしにこのことかしをらせた。

17 『この四つのおおきなけものは、おこらんとする四にんおうである。

18 しかしついには、いとたかもの聖徒せいとくにけ、永遠えいえんにそのくにたもって、世々よよかぎりなくつづく』。

19 そこでわたしは、さらにだい四のけもの真意しんいろうとした。そのけものけものことなって、はなはだおそろしく、そのてつ、そのつめは青銅せいどうであって、らい、かつ、かみくだいて、そののこりをあしみつけた。

20 このけものあたまには、十のつのがあったが、そのほかに一つのつのてきたので、このつののために、三つのつのちた。このつのにはがあり、またおおきなことかたくちがあって、そのかたちは、その同類どうるいのものよりもおおきくえた。

21 わたしがていると、このつの聖徒せいとたたかって、かれらにったが、

22 ついにいたるものがきて、いとたかもの聖徒せいとのために審判しんぱんをおこなった。そしてそのときがきて、この聖徒せいとたちはくにけた。

23 かれはこうった、『だい四のけもの地上ちじょうだい四のくにである。これはすべてのくにことなって、ぜん世界せかい併合へいごうし、これをみつけ、かつくだく。

24 十のつのはこのくにからおこる十にんおうである。そののちにまたひとりのおうおこる。かれさきものことなり、かつ、その三にんおうたおす。

25 かれは、いとたかものてきして言葉ことばし、かつ、いとたかもの聖徒せいとなやます。かれはまたとき律法りっぽうとをえようとのぞむ。聖徒せいとはひとときと、ふたときと、半時はんときあいだかれにわたされる。

26 しかし審判しんぱんおこなわれ、かれ主権しゅけんうばわれて、永遠えいえんほろやされ、

27 くに主権しゅけんぜん天下てんか国々くにぐに権威けんいとは、いとたかもの聖徒せいとたるたみあたえられる。かれらのくに永遠えいえんくにであって、諸国しょこくものはみなかれらにつかえ、かつしたがう』。

28 そのことはここでおわった。われダニエルは、これをおもいまわして、非常ひじょうなやみ、顔色かおいろかわった。しかし、わたしはこのことこころめた」。