聖典
ダニエル書4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 ネブカデネザルおうぜん世界せかい諸民しょみんしょぞく諸国しょこくものげる。どうか、あなたがたに平安へいあんすように。

2 いとたかかみはわたしにしるしと奇跡きせきとをおこなわれた。わたしはこれをらせたいとおもう。

3 ああ、そのしるしのおおいなること、ああ、その奇跡きせきのすばらしいこと、そのくに永遠えいえんくに、その主権しゅけん世々よよおよぶ。

4 われネブカデネザルはわがやすらかにおり、わがみやにあってさかえていたが、

5 わたしは一つのゆめて、そのためにおそれた。すなわちとこにあって、そのことおもいめぐらし、わが脳中のうちゅうまぼろしのためにこころなやました。

6 そこでわたしは命令めいれいくだし、バビロンの知者ちしゃをことごとくわがまえせて、そのゆめかしをしめさせようとした。

7 すると、博士はかせほうじゅつ、カルデヤびと、うらなたちがきたので、わたしはそのゆめかれらにかたったが、かれらはそのかしをしめすことができなかった。

8 最後さいごにダニエルがわたしのまえにきた、——かれはわがかみにちなんで、ベルテシャザルととなえられ、かれのうちにはせいなるかみれいがやどっていた——わたしはかれにそのゆめかたってった、

9 博士はかせちょうベルテシャザルよ、わたしはっている。せいなるかみれいがあなたのうちにやどっているから、どんな秘密ひみつもあなたにはむずかしいことはない。ここにわたしがゆめがある。そのかしをわたしにげなさい。

10 わたしがとこにあって脳中のうちゅうまぼろしはこれである。わたしがたのに、中央ちゅうおうに一ぽんがあって、そのたけがたかかったが、

11 その成長せいちょうしてつよくなり、てんたっするほどのたかさになって、はてまでもえわたり、

12 そのうつくしく、そのゆたかで、すべてのものがそのなかから食物しょくもつ、またけものはそのかげにやどり、そらとりはそのえだにすみ、すべてのにくなるものはこれによってやしなわれた。

13 わたしがとこにあって脳中のうちゅうまぼろしなかに、ひとりの警護者けいごしゃ、ひとりの聖者せいじゃてんからくだるのをたが、

14 かれこえたかばわって、こうった、『このたおし、そのえだりはらい、そのをゆりおとし、そのらし、けものをそのしたかららせ、とりをそのえだかららせよ。

15 ただしそのかぶのこし、それにてつ青銅せいどうのなわをかけて、若草わかくさなかにおき、てんからくだるつゆにぬれさせ、またくさなかで、けものともにそのぶんにあずからせよ。

16 またそのこころかわって人間にんげんこころのようでなく、けものこころあたえられて、七つのときごさせよ。

17 この宣言せんげん警護者けいごしゃたちの命令めいれいによるもの、この決定けってい聖者せいじゃたちの言葉ことばによるもので、いとたかものが、人間にんげんくにおさめて、自分じぶんのままにこれをひとあたえ、またひとのうちのもっといやしいものを、そのうえてられるということを、すべてのものらせるためである』と。

18 われネブカデネザルおうはこのゆめた。ベルテシャザルよ、あなたはそのかしをわたしにげなさい。わがくに知者ちしゃたちは、いずれもそのかしを、わたしにしめすことができなかったけれども、あなたにはそれができる。あなたのうちには、せいなるかみれいがやどっているからだ」。

19 そのとき、そのをベルテシャザルととなえるダニエルは、しばらくのあいだおどろき、おもなやんだので、おうかれげてった、「ベルテシャザルよ、あなたはこのゆめと、そのかしのために、なやむにはおよばない」。ベルテシャザルはこたえてった、「わがしゅよ、どうか、このゆめは、あなたをにくものにかかわるように。このかしは、あなたのてきのぞむように。

20 あなたがられた、すなわちその成長せいちょうしてつよくなり、てんたっするほどのたかさになって、はてまでもえわたり、

21 そのうつくしく、そのゆたかで、すべてのものがそのなかから食物しょくもつ、またけものがそのかげにやどり、そらとりがそのえだんだ

22 おうよ、それはすなわちあなたです。あなたは成長せいちょうしてつよくなり、てんたっするほどにおおきくなり、あなたの主権しゅけんはてにまでおよびました。

23 ところが、おうはひとりの警護者けいごしゃ、ひとりの聖者せいじゃが、てんからくだって、こううのをられました、『このたおして、これをほろぼせ。ただしそのかぶのこし、それにてつ青銅せいどうのなわをかけて、若草わかくさなかにおき、てんからくだるつゆにぬれさせ、またけものともにそのぶんにあずからせて、七つのときごさせよ』と。

24 おうよ、そのかしはこうです。すなわちこれはいとたかもの命令めいれいであって、わがしゅなるおうのぞまんとするものです。

25 すなわちあなたはわれてひとはなれ、けものともにおり、うしのようにくさい、てんからくだるつゆにぬれるでしょう。こうして七つのときぎて、ついにあなたは、いとたかもの人間にんげんくにおさめて、自分じぶんのままに、これをひとあたえられることをるにいたるでしょう。

26 またかれらはそのかぶのこしおけとめいじたので、あなたが、てんはまことの支配者しはいしゃであるということをったのち、あなたのくにはあなたに確保かくほされるでしょう。

27 それゆえおうよ、あなたはわたしの勧告かんこくをいれ、ってつみはなれ、しえたげられるものをあわれんで、不義ふぎはなれなさい。そうすれば、あるいはあなたの繁栄はんえいが、ながつづくかもしれません」。

28 このことみなネブカデネザルおうのぞんだ。

29 十二かげつのちおうがバビロンの王宮おうきゅう屋上おくじょうあるいていたとき、

30 おうみずかった、「このおおいなるバビロンは、わたしのおおいなるちからをもっててた王城おうじょうであって、わが威光いこうかがやかすものではないか」。

31 その言葉ことばがなおおうくちにあるうちに、てんからこえがくだってった、「ネブカデネザルおうよ、あなたにげる。くにはあなたをはなった。

32 あなたは、われてひとはなれ、けものともにおり、うしのようにくさい、こうして七つのときて、ついにあなたは、いとたかもの人間にんげんくにおさめて、自分じぶんのままに、これをひとあたえられることをるにいたるだろう」。

33 この言葉ことばは、ただちにネブカデネザルに成就じょうじゅした。かれわれてひとはなれ、うしのようにくさい、そのてんからくだるつゆにぬれ、ついにそのは、わしのはねのようになり、そのつめはとりのつめのようになった。

34 こうしてその期間きかんちたのち、われネブカデネザルは、をあげててんあおると、わたしの理性りせい自分じぶんかえったので、わたしはいとたかものをほめ、その永遠えいえんけるものをさんびし、かつあがめた。その主権しゅけん永遠えいえん主権しゅけん、そのくに世々よよかぎりなく、

35 たみはすべてもののようにおもわれ、てんしゅうぐんにも、たみにも、かれはそののままにことおこなわれる。だれもかれをおさえて「あなたはなにをするのか」というるものはない。

36 このときわたしの理性りせい自分じぶんかえり、またわがくに光栄こうえいのために、わが尊厳そんげん光輝こうきとが、わたしにかえった。わが大臣だいじん、わが貴族きぞくらもきて、わたしにもとめ、わたしはくにうえかたって、まえにもまさっておおいなるものとなった。

37 そこでわれネブカデネザルはいまてんおうをほめたたえ、かつあがめたてまつる。そのみわざはことごとく真実しんじつで、そのみちただしく、たかぶりあゆものひくくされる。