聖典
ヨシュア記5
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第5章

1 ヨルダンのこうがわ、すなわち西にしほうにおるアモリびとのおうたちと、うみべにおるカナンびとのおうたちとはみなしゅがイスラエルの人々ひとびとまえで、ヨルダンのみずしからして、かれらをわたらせられたといて、イスラエルの人々ひとびとのゆえに、こころえ、かれらのうちに、もはや元気げんきもなくなった。

2 そのときしゅはヨシュアにわれた、「火打石ひうちいし小刀こがたなつくり、かさねてまたイスラエルの人々ひとびと割礼かつれいおこないなさい」。

3 そこでヨシュアは火打石ひうちいし小刀こがたなつくり、ようおかで、イスラエルの人々ひとびと割礼かつれいおこなった。

4 ヨシュアが人々ひとびと割礼かつれいおこなった理由りゆうはこうである。エジプトからてきたたみのうちの、すべての男子だんし、すなわち、いくさびとたちはみな、エジプトをのち途中とちゅう荒野あらのんだが、

5 そのてきたたみみな割礼かつれいけたものであった。しかし、エジプトをのちに、途中とちゅう荒野あらのまれたたみは、みな割礼かつれいけていなかった。

6 イスラエルの人々ひとびとは四十ねんあいだ荒野あらのあるいていて、そのエジプトからてきたたみ、すなわち、いくさびとたちは、みなえた。これはかれらがしゅこえしたがわなかったので、しゅかれらの先祖せんぞたちにちかって、われわれにあたえるとおおせられたちちみつながれるを、かれらにさせないとちかわれたからである。

7 ヨシュアが割礼かつれいおこなったのは、この人々ひとびとについでおこされたそのどもたちであった。かれらは途中とちゅう割礼かつれいけていなかったので、割礼かつれいものであったからである。

8 すべてのたみ割礼かつれいおこなうことがおわったので、たみ宿営しゅくえいのうちの自分じぶんところにとどまってきずなおるのをった。

9 そのときしゅはヨシュアにわれた、「きょう、わたしはエジプトのはずかしめを、あなたがたからころがしった」。それでそのところは、今日こんにちまでギルガルとばれている。

10 イスラエルの人々ひとびとはギルガルに宿営しゅくえいしていたが、そのつきの十四夕暮ゆうぐれ、エリコの平野へいや過越すぎこしまつりおこなった。

11 そして過越すぎこしまつり翌日よくじつ、その穀物こくもつ、すなわちたねれぬパンおよびいりむぎを、そのべたが、

12 その穀物こくもつべた翌日よくじつから、マナのることはやみ、イスラエルの人々ひとびとは、もはやマナをなかった。そのとしはカナンの産物さんぶつべた。

13 ヨシュアがエリコのちかくにいたとき、げてると、ひとりのひとのつるぎをち、こちらにかってっていたので、ヨシュアはそのひとのところへってった、「あなたはわれわれをたすけるのですか。それともわれわれのてきたすけるのですか」。

14 かれった、「いや、わたしはしゅ軍勢ぐんぜいしょうとしていまきたのだ」。ヨシュアはにひれはいしてった、「わがしゅなにをしもべにげようとされるのですか」。

15 するとしゅ軍勢ぐんぜいしょうはヨシュアにった、「あなたのあしのくつをぎなさい。あなたがっているところせいなるところである」。ヨシュアはそのようにした。