聖典
ヨシュア記20
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第20章

1 そこでしゅはヨシュアにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『さきにわたしがモーセによってっておいた、のがれのまちえらさだめ、

3 あやまって、らずにひところしたものを、そこへのがれさせなさい。これはあなたがたが、あだをものをさけて、のがれる場所ばしょとなるでしょう。

4 そのひとは、これらのまちの一つにのがれてって、まちもん入口いりぐちち、そのまち長老ちょうろうたちに、そのわけをべなければならない。そうすれば、かれらはそのひとまちれて、場所ばしょあたえ、ともませるであろう。

5 たとい、あだをものってきても、ひところしたそのものを、そのわたしてはならない。かれはあやまって隣人りんじんころしたのであって、もとからそれをにくんでいたのではないからである。

6 そのひとは、会衆かいしゅうまえって、さばきをけるまで、あるいはそのときだい祭司さいしぬまで、そのまちまなければならない。そしてのちかれ自分じぶんまち自分じぶんいえかえってって、してきたそのまちむことができる』」。

7 そこで、ナフタリの山地さんちにあるガリラヤのケデシ、エフライムの山地さんちにあるシケム、およびユダの山地さんちにあるキリアテ・アルバすなわちヘブロンを、これがためにえらかち、

8 またヨルダンのこうがわ、エリコのひがしほうでは、ルベンの部族ぶぞくのうちから、高原こうげん荒野あらのにあるベゼル、ガドの部族ぶぞくのうちから、ギレアデのラモテ、マナセの部族ぶぞくのうちから、バシャンのゴランをえらさだめた。

9 これらは、イスラエルのすべての人々ひとびと、およびそのうちに寄留きりゅうする他国たこくじんのためにもうけられた町々まちまちであって、すべて、あやまってひところしたものを、そこにのがれさせ、会衆かいしゅうまえたないうちに、あだをものにかかってぬことのないようにするためである。