聖典
ヨシュア記8
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第8章

1 しゅはヨシュアにわれた、「おそれてはならない、おののいてはならない。いくさびとをみなひきい、って、アイにのぼりなさい。わたしはアイのおうとそのたみ、そのまち、そのをあなたのさづける。

2 あなたは、さきにエリコとそのおうにしたとおり、アイとそのおうとにしなければならない。ただし、ぶんどりもの家畜かちくとは戦利せんりひんとしてあなたがたのものとすることができるであろう。あなたはまず、まちのうしろに伏兵ふくへいきなさい」。

3 ヨシュアはって、すべてのいくさびととともに、アイにのぼろうとして、まずだい勇士ゆうし三万にんえらび、それをよるのうちにつかわした。

4 ヨシュアはかれらにめいじてった、「あなたがたはまちかって、まちのうしろにせていなければならない。まちとおはなれないで、みなそなえをしていなければならない。

5 わたしとわたしにしたがたみとはみなともに、まちせよう。そしてかれらがまえのようにわれわれにむかっててくるとき、われわれはかれらのまえからげるであろう。

6 そうすればかれらはわれわれをっててくるであろうから、われわれはついにかれらをまちからおびきすことができる。かれらはうであろう、『この人々ひとびとはまたまえのように、われわれのまえからげていく』。こうしてわれわれはかれらのまえからげるであろう。

7 そのとき、あなたがたはせているところからがって、まちらなければならない。あなたがたのかみしゅがそれをあなたがたのあたえられるからである。

8 あなたがたが、まちったならば、まちはなち、しゅめいじられたようにしなければならない。わたしはこう、あなたがたにめいじるのである」。

9 そうしてヨシュアがかれらをつかわしたので、かれらはアイの西方せいほう、ベテルとアイのあいだせする場所ばしょってせた。ヨシュアはそのよるたみなか宿やどった。

10 ヨシュアはくるあさはやきて、たみあつめ、イスラエルの長老ちょうろうたちとともに、たみ先立さきだって、アイにのぼっていった。

11 かれともにいたいくさびとたちもみなのぼっていって、まちまえちかづき、アイのきたじんった。かれらとアイのあいだには、一つのたにがあった。

12 ヨシュアはおおよそ五千にんをとって、まち西方せいほう、ベテルとアイのあいだに、せておいた。

13 こうしてたみ主力しゅりょくまちきたにおき、しんがりをまち西にしにおいた。ヨシュアはそのたになか宿やどった。

14 アイのおうはこれをて、すべてのたみともに、いそいで、はやき、アラバにくだざかすすて、イスラエルとたたかった。しかし、おうまちのうしろに、すきをうかがう伏兵ふくへいのおることをらなかった。

15 ヨシュアはイスラエルのすべての人々ひとびとともに、かれらにやぶられたふりをして、荒野あらの方向ほうこうげだしたので、

16 そのまちたみはみなばわりあつまってかれらのあとをい、ヨシュアのあとをってまちからおびきされ、

17 アイにもベテルにものこっているものはひとりもなく、みなてイスラエルのあとをい、まちはなして、イスラエルのあとをった。

18 そのときしゅはヨシュアにわれた、「あなたのにあるなげやりを、アイのほうにさしべなさい。わたしはそのまちをあなたのあたえるであろう」。そこでヨシュアがにしていたなげやりを、アイのほうにさしべると、

19 伏兵ふくへいはたちまちその場所ばしょからがり、ヨシュアがをのべると同時どうじに、はしってまちはいり、それをって、ただちにまちをかけた。

20 それでアイの人々ひとびとが、うしろをふりかえってると、まちけるけむりてんちのぼっていたので、こちらへもあちらへもげるすべがなかった。荒野あらのげていったたみをかえして、ってきたものせまった。

21 ヨシュアとすべてのイスラエルびとは、伏兵ふくへいまちり、まちけるけむりのぼるのをて、をかえしてアイの人々ひとびとった。

22 またまちったものはまちかれらにかったので、かれらは、こちらとあちらとからイスラエルのなかにはさまれた。こうしてイスラエルびとがかれらをったので、のこったもの、げおおせたものは、ひとりもなかった。

23 そしてアイのおうけどりにして、ヨシュアのもとへれてきた。

24 イスラエルびとは、荒野あらの追撃ついげきしてきたアイの住民じゅうみんをことごとくころし、つるぎをもってひとりものこさずたおしてのち、みなアイにかえり、つるぎをもってそのまちほろぼした。

25 そのアイの人々ひとびとはことごとくたおれた。そのかず男女だんじょあわせて一万二千にんであった。

26 ヨシュアはアイの住民じゅうみんをことごとくほろぼしつくすまでは、なげやりをさしべたっこめなかった。

27 ただし、そのまち家畜かちくおよび、ぶんどりひんはイスラエルびとが自分じぶんたちの戦利せんりひんとしてった。しゅがヨシュアにめいじられた言葉ことばにしたがったのである。

28 こうしてヨシュアはアイをいて、永久えいきゅう荒塚あらつかとしたが、それは今日こんにちまでとなっている。

29 ヨシュアはまた、アイのおう夕方ゆうがたまでけてさらし、るころ、めいじて、その死体したいからりおろし、まちもん入口いりぐちげすて、そのうえいし大塚おおつかげさせたが、それは今日こんにちまでのこっている。

30 そしてヨシュアはエバルやまにイスラエルのかみしゅのために一つの祭壇さいだんきずいた。

31 これはしゅのしもべモーセがイスラエルの人々ひとびとめいじたことにもとづき、モーセの律法りっぽうしょにしるされているように、てつ道具どうぐてない自然しぜんのままのいし祭壇さいだんであって、人々ひとびとはそのうえで、しゅ燔祭はんさいをささげ、酬恩祭しゅうおんさいそなえた。

32 そのところで、ヨシュアはまたモーセのきしるした律法りっぽうを、イスラエルの人々ひとびとまえで、いしうつした。

33 こうしてすべてのイスラエルびとは、本国ほんごくじんも、寄留きりゅう他国たこくじんも、長老ちょうろう、つかさびと、さばきびととともに、しゅ契約けいやくはこをかくレビびとである祭司さいしたちのまえで、はこのこなたとかなたにわかれて、なかばはゲリジムやままえに、なかばはエバルやままえった。これはしゅのしもべモーセがさきにめいじたように、イスラエルのたみ祝福しゅくふくするためであった。

34 そしてのち、ヨシュアはすべての律法りっぽうしょにしるされているところにしたがって、祝福しゅくふくと、のろいとにかんする律法りっぽう言葉ことばをことごとくんだ。

35 モーセがめいじたすべての言葉ことばのうち、ヨシュアがイスラエルのぜん会衆かいしゅうおよびおんなどもたち、ならびにイスラエルのうちに寄留きりゅう他国たこくじんまえで、まなかったものは一つもなかった。