聖典
ヨシュア記14
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第14章

1 イスラエルの人々ひとびとが、カナンのけたぎょうは、つぎのとおりである。すなわち、祭司さいしエレアザル、ヌンのヨシュア、およびイスラエルの人々ひとびと部族ぶぞく首長しゅちょうたちが、これをかれらにかち、

2 しゅがモーセによってめいじられたように、くじによって、これを九つの部族ぶぞくと、なかばの部族ぶぞくとに、ぎょうとしてあたえた。

3 これはヨルダンのこうがわで、モーセがすでにの二つの部族ぶぞくと、なかばの部族ぶぞくとに、ぎょうあたえていたからである。ただしレビびとには、かれらのなかぎょうあたえず、

4 ヨセフの子孫しそんが、マナセと、エフライムの二つの部族ぶぞくとなったからである。レビびとには土地とちまえあたえず、ただ、そのむべき町々まちまちおよび、家畜かちくものとをくための放牧ほうぼくあたえたばかりであった。

5 イスラエルの人々ひとびとは、しゅがモーセにめいじられたようにおこなって、そのけた。

6 ときに、ユダの人々ひとびとがギルガルのヨシュアのところにきて、ケニズびとエフンネのカレブが、ヨシュアにった、「しゅがカデシ・バルネアで、あなたとわたしとについて、かみひとモーセにわれたことを、あなたはごぞんじです。

7 しゅのしもべモーセが、このさぐるために、わたしをカデシ・バルネアからつかわしたとき、わたしは四十さいでした。そしてわたしは、自分じぶんしんずるところを復命ふくめいしました。

8 しかし、とものぼってった兄弟きょうだいたちは、たみこころをくじいてしまいましたが、わたしはまったくわがかみしゅしたがいました。

9 そのモーセはちかって、いました、『おまえのあしんだは、かならずながくおまえと子孫しそんとのぎょうとなるであろう。おまえがまったくわがかみしゅしたがったからである』。

10 しゅがこの言葉ことばをモーセにかたられたときからこのかた、イスラエルが荒野あらのあゆんだ四十五ねんあいだしゅわれたように、わたしをきながらえさせてくださいました。わたしは今日こんにちすでに八十五さいですが、

11 いまもなお、モーセがわたしをつかわしたのように、すこやかです。わたしのいまちからは、あのときちからおとらず、どんなはたらきにも、たたかいにもこたえることができます。

12 それでしゅがあのかたられたこの山地さんちを、どうかいま、わたしにください。あのあなたもいたように、そこにはアナキびとがいて、その町々まちまちおおきく堅固けんごです。しかし、しゅがわたしとともにおられて、わたしはついには、しゅわれたように、かれらをはらうことができるでしょう」。

13 そこでヨシュアはエフンネのカレブを祝福しゅくふくし、ヘブロンをかれあたえてぎょうとさせた。

14 こうしてヘブロンは、ケニズびとエフンネのカレブのぎょうとなって、今日こんにちいたっている。かれまったくイスラエルのかみしゅしたがったからである。

15 ヘブロンのは、もとはキリアテ・アルバといった。アルバは、アナキびとのうちの、もっとおおいなるひとであった。こうしてこの戦争せんそうはやんだ。