聖典
ヨシュア記11
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第11章

1 ハゾルのおうヤビンは、これをいて、マドンのおうヨバブ、シムロンのおう、およびアクサフのおう

2 またきた山地さんち、キンネロテのみなみのアラバ、平地へいち西にしほうのドルの高地こうちにおるおうたち、

3 すなわち、東西とうざいのカナンびと、アモリびと、ヘテびと、ペリジびと、山地さんちのエブスびと、ミヅパのにあるヘルモンのふもとのヒビびとに使者ししゃをつかわした。

4 そしてかれらは、そのすべての軍勢ぐんぜいひきいててきた。その大軍たいぐんはまべのすなのように数多かずおおく、うま戦車せんしゃも、ひじょうにおおかった。

5 これらのおうたちはみなぐんあつめ、すすんできて、ともにメロムのみずのほとりにじんをしき、イスラエルとたたかおうとした。

6 そのときしゅはヨシュアにわれた、「かれらのゆえにおそれてはならない。あすのいまごろ、わたしはかれらをみなイスラエルにわたして、ことごとくころさせるであろう。あなたはかれらのうまあしすじり、戦車せんしゃかなければならない」。

7 そこでヨシュアは、すべてのいくさびとをひきいて、にわかにメロムのみずのほとりにおしせ、かれらをおそった。

8 しゅかれらをイスラエルのわたされたので、これをやぶり、だいシドンおよびミスレポテ・マイムまで、これを追撃ついげきし、ひがしほうでは、ミヅパのたにまでかれらをい、ついにひとりものこさずちとった。

9 ヨシュアはしゅめいじられたとおりにかれらにおこない、かれらのうまあしすじり、戦車せんしゃいた。

10 そのとき、ヨシュアはひきかえして、ハゾルをり、つるぎをもって、そのおうった。ハゾルはむかし、これらすべての国々くにぐに盟主めいしゅであったからである。

11 かれらはつるぎをもって、そのなかのすべてのひとち、ことごとくそれをほろぼし、いきのあるものは、ひとりものこさなかった。そしてをもってハゾルをいた。

12 ヨシュアはこれらのおうたちのすべての町々まちまち、およびその諸王しょおうり、つるぎをもって、これをち、ことごとくほろぼした。しゅのしもべモーセがめいじたとおりであった。

13 ただし、おかうえっている町々まちまちをイスラエルはかなかった。ヨシュアはただハゾルだけをいた。

14 これらのまちのすべてのぶんどりもの家畜かちくとは、イスラエルの人々ひとびと戦利せんりひんとしてったが、ひとはみなつるぎをもって、ほろぼしつくし、いきのあるものは、ひとりものこさなかった。

15 しゅがそのしもべモーセにめいじられたように、モーセはヨシュアにめいじたが、ヨシュアはそのとおりにおこなった。すべてしゅがモーセにめいじられたことで、ヨシュアがおこなわなかったことは一つもなかった。

16 こうしてヨシュアはそのぜん、すなわち、山地さんち、ネゲブのぜん、ゴセンのぜん平地へいち、アラバならびにイスラエルの山地さんち平地へいちり、

17 セイルへのぼってみちのハラクやまから、ヘルモンやまのふもとのレバノンのたににあるバアルガデまでをた。そしてそれらのおうたちを、ことごとくとらえて、ころした。

18 ヨシュアはこれらすべてのおうたちと、ながいあいだたたかった。

19 ギベオンの住民じゅうみんヒビびとのほかには、イスラエルの人々ひとびとこうじたまちは一つもなかった。町々まちまちはみな戦争せんそうをして、ったものであった。

20 かれらがこころをかたくなにして、イスラエルにめよせたのは、もともとしゅがそうさせられたので、かれらがのろわれたものとなり、あわれみをけず、ことごとくほろぼされるためであった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

21 そのとき、ヨシュアはまたって、山地さんち、ヘブロン、デビル、アナブ、ユダのすべての山地さんち、イスラエルのすべての山地さんちから、アナクびとをち、かれらの町々まちまちをもともほろぼした。

22 それでイスラエルの人々ひとびとに、アナクびとは、ひとりもいなくなった。ただガサ、ガテ、アシドドには、すこのこっているだけであった。

23 こうしてヨシュアはそのを、ことごとくった。すべてしゅがモーセにげられたとおりである。そしてヨシュアはイスラエルの部族ぶぞくにそれぞれのぶんあたえて、ぎょうとさせた。こうしてその戦争せんそうはやんだ。