ヨシュア記13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 さてヨシュアはとしすすんでいたが、しゅかれわれた、「あなたはとしすすんでいたが、るべきは、なおおおのこっている。

    2 そののこっているは、つぎのとおりである。ペリシテびとのぜん地域ちいき、ゲシュルびとの全土ぜんど

    3 エジプトのひがしのシホルからきたにのびて、カナンびとにぞくするといわれるエクロンのさかいまでの、ペリシテびとの五にんきみたちの、すなわち、ガザ、アシドド、アシケロン、ガテ、およびエクロン。

    4 みなみのアビびとの、カナンびとのぜん、シドンびとにぞくするメアラからアモリびとのさかいにあるアペクまでの部分ぶぶん

    5 またヘルモンやまのふもとのバアルガデからハマテの入口いりぐちいたるゲバルびとの、およびレバノンのひがし全土ぜんど

    6 レバノンからミスレポテ・マイムまでの山地さんちのすべてのたみ、すなわちシドンびとの全土ぜんど。わたしはみずからかれらをイスラエルの人々ひとびとまえからはらうであろう。わたしがめいじたように、あなたはそのをイスラエルにあたえて、ぎょうとさせなければならない。

    7 すなわち、そのを九つの部族ぶぞくと、マナセのはん部族ぶぞくとにあたえて、ぎょうとさせなければならない」。

    8 マナセのはん部族ぶぞくともに、ルベンびとと、ガドびととは、ヨルダンのこうがわひがしほうで、そのぎょうをモーセからけた。しゅのしもべモーセが、かれらにあたえたのは、

    9 アルノンのたにのほとりにあるアロエル、およびたになかにあるまちから、デボンとメデバのあいだにある高原こうげんのすべての

    10 ヘシボンでおさめた、アモリびとのおうシホンのすべての町々まちまちふくめて、アンモンの人々ひとびとさかいまでの

    11 ギレアデと、ゲシュルびと、ならびにマアカびとの領地りょうち、ヘルモンやま全土ぜんど、サルカまでのバシャン全体ぜんたい

    12 アシタロテとエデレイでおさめたバシャンのおうオグの全国ぜんこく。オグはレパイムののこりであった。モーセはこれらをって、はらった。

    13 ただし、イスラエルの人々ひとびとは、ゲシュルびとと、マアカびとをはらわなかった。ゲシュルびとと、マアカびとは、今日こんにちまでイスラエルのうちにんでいる。

    14 ただレビの部族ぶぞくには、ヨシュアはなんのぎょうをもあたえなかった。イスラエルのかみしゅ火祭かさいかれらのぎょうであるからである。しゅがヨシュアにわれたとおりである。

    15 モーセはルベンびとの部族ぶぞくに、その家族かぞくにしたがってぎょうあたえたが、

    16 その領域りょういきはアルノンのたにのほとりにあるアロエル、およびたになかにあるまちからメデバのほとりのすべての高原こうげん

    17 ヘシボンおよびその高原こうげんのすべての町々まちまち、デボン、バモテ・バアル、ベテ・バアル・メオン、

    18 ヤハヅ、ケデモテ、メパアテ、

    19 キリアタイム、シブマ、たになかやまにあるゼレテ・シャハル、

    20 ベテペオル、ピスガの山腹さんぷく、ベテエシモテ、

    21 すなわち高原こうげんのすべての町々まちまちと、ヘシボンでおさめたアモリびとのおうシホンの全国ぜんこくおよんだ。モーセはシホンを、ミデアンのつかさたちエビ、レケム、ツル、ホルおよびレバとともころした。これらはみなシホンの諸侯しょこうであって、そのんでいたものである。

    22 イスラエルの人々ひとびとはまたベオルのうらなバラムをもつるぎにかけて、そのほかにころしたものどもとともころした。

    23 ルベンびとの領域りょういきはヨルダンをさかいとした。これはルベンびとが、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまち村々むらむらとをふくむ。

    24 モーセはまたガドの部族ぶぞく、ガドの子孫しそんにも、その家族かぞくにしたがって、ぎょうあたえたが、

    25 その領域りょういきはヤゼル、ギレアデのすべての町々まちまち、アンモンびとのなかばで、ラバのひがしのアロエルまでの

    26 ヘシボンからラマテ・ミゾパまでの、およびベトニム、マハナイムからデビルのさかいまでの

    27 たになかではベテハラム、ベテニムラ、スコテ、およびザポンなど、ヘシボンのおうシホンのくにのこりの部分ぶぶん。ヨルダンをさかいとして、ヨルダンの東側ひがしがわ、キンネレテのみずうみみなみはしまでの

    28 これはガドびとが、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまち村々むらむらとをふくむ。

    29 モーセはまたマナセのはん部族ぶぞくにも、ぎょうあたえたが、それはマナセのはん部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがってあたえられたものである。

    30 その領域りょういきはマハナイムからバシャンの全土ぜんどおよび、バシャンのおうオグの全国ぜんこく、バシャンにあるヤイルのすべての町々まちまち、すなわちその六十のまち

    31 またギレアデのなかば、バシャンのオグのくにまちであるアシタロテとエデレイ。これらはマナセのマキルの子孫しそんあたえられた。すなわちマキルの子孫しそんなかばが、その家族かぞくにしたがって、それをた。

    32 これらはヨルダンのこうがわ、エリコのひがしのモアブの平野へいやで、モーセがあたえたぎょうである。

    33 ただし、レビの部族ぶぞくには、モーセはなんのぎょうをもあたえなかった。イスラエルのかみしゅがそのぎょうだからである。しゅがモーセにわれたとおりである。