聖典
ヨシュア記16
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第16章

1 ヨセフの子孫しそんが、くじによってさかいは、エリコのほとりのヨルダン、すなわちエリコのみずひがしからって、荒野あらのび、エリコから山地さんちのぼっている荒野あらのて、ベテルにいたり、

2 ベテルからルズにおもむき、アルキびとの領地りょうちであるアタロテにすすみ、

3 西にしくだってヤフレテびとの領地りょうちたっし、したベテホロンの地域ちいきおよび、ゲゼルにたっし、うみいたってきる。

4 こうしてヨセフの子孫しそんのマナセと、エフライムとは、そのぎょうけた。

5 エフライムの子孫しそんが、その家族かぞくにしたがってさかいは、つぎのとおりである。かれらのぎょうひがしさかいは、アタロテ・アダルであって、うえベテホロンにたっし、

6 そのさかいは、そのところからうみおよぶ。きたにはミクメタテがあり、ひがしではそのさかいはタアナテシロでまがり、すすんでヤノアのひがしいたり、

7 ヤノアからアタロテとナアラにくだり、エリコにたっし、ヨルダンにいたってきる。

8 タップアからそのさかい西にしすすんで、カナのかわたっし、うみいたってきる。これはエフライムの子孫しそん部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがってぎょうである。

9 このほかにマナセの子孫しそんぎょうのうちにも、エフライムの子孫しそんのためにあたえられた町々まちまちがあって、そのすべての町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらた。

10 ただし、ゲゼルにむカナンびとを、はらわなかったので、カナンびとは今日こんにちまでエフライムのなかみ、奴隷どれいとなって使つかわれている。