聖典
ヨシュア記21
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第21章

1 ときにレビの族長ぞくちょうたちは、祭司さいしエレアザル、ヌンのヨシュアおよびイスラエルの部族ぶぞく族長ぞくちょうたちのもとにきて、

2 カナンののシロでかれらにった、「しゅはかつて、われわれにむべき町々まちまちあたえることと、それにぞくする放牧ほうぼくを、家畜かちくのためにあたえることを、モーセによってめいじられました」。

3 それでイスラエルの人々ひとびとは、しゅいのちにしたがって、自分じぶんたちのぎょうのうちから、つぎ町々まちまちと、その放牧ほうぼくとを、レビびとにあたえた。

4 まずコハテびとの氏族しぞくのために、くじをいた。祭司さいしアロンの子孫しそんであるこれらのレビびとは、くじによって、ユダの部族ぶぞく、シメオンの部族ぶぞく、およびベニヤミンの部族ぶぞくのうちから、十三のまちた。

5 そののコハテびとは、くじによって、エフライムの部族ぶぞく氏族しぞく、ダンの部族ぶぞく、およびマナセのはん部族ぶぞくのうちから、十のまちた。

6 またゲルションびとは、くじによって、イッサカルの部族ぶぞく氏族しぞく、アセルの部族ぶぞく、ナフタリの部族ぶぞく、およびバシャンにあるマナセのはん部族ぶぞくのうちから、十三のまちた。

7 またメラリびとは、その氏族しぞくにしたがって、ルベンの部族ぶぞく、ガドの部族ぶぞく、およびゼブルンの部族ぶぞくのうちから、十二のまちた。

8 イスラエルの人々ひとびとは、しゅがモーセによってめいじられたとおりに、これらのまちと、その放牧ほうぼくとを、くじによって、レビびとにあたえた。

9 まずユダの部族ぶぞくと、シメオンの部族ぶぞくのうちから、つぎをあげる町々まちまちあたえた。

10 これらはレビびとにぞくするコハテびとの氏族しぞくの一つである、アロンの子孫しそんあたえられた。最初さいしょのくじがかれらにあたったからである。

11 すなわちユダの山地さんちにあるキリアテ・アルバすなわちヘブロンおよびその周囲しゅうい放牧ほうぼくかれらにあたえた。このアルバはアナクのちちであった。

12 ただし、このまちはたけと、それにぞくする村々むらむらとは、すでにエフンネのカレブが、それをけて所有しょゆうしていた。

13 祭司さいしアロンの子孫しそんあたえたのは、ひところしたものの、のがれるまちであるヘブロンとその放牧ほうぼく、リブナとその放牧ほうぼく

14 ヤッテルとその放牧ほうぼく、エシテモアとその放牧ほうぼく

15 ホロンとその放牧ほうぼく、デビルとその放牧ほうぼく

16 アインとその放牧ほうぼく、ユッタとその放牧ほうぼく、ベテシメシとその放牧ほうぼくなど、九つのまちであって、この二つの部族ぶぞくのうちからあたえたものである。

17 またベニヤミンの部族ぶぞくのうちから、ギベオンとその放牧ほうぼく、ゲバとその放牧ほうぼく

18 アナトテとその放牧ほうぼく、アルモンとその放牧ほうぼくなど、四つのまちあたえた。

19 アロンの子孫しそんである祭司さいしたちのまちは、わせて十三であって、それにぞくする放牧ほうぼくがあった。

20 そののコハテびとであるレビびとの氏族しぞくは、くじによって、エフライムの部族ぶぞくのうちからまちた。

21 すなわち、そのまちは、ひところしたものの、のがれるまちであるエフライムの山地さんちのシケムとその放牧ほうぼく、ゲゼルとその放牧ほうぼく

22 キブザイムとその放牧ほうぼく、ベテホロンとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

23 またダンの部族ぶぞくのうちからあたえたまちは、エルテケとその放牧ほうぼく、ギベトンとその放牧ほうぼく

24 アヤロンとその放牧ほうぼく、ガテリンモンとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

25 またマナセのはん部族ぶぞくのうちからあたえたまちは、タアナクとその放牧ほうぼく、およびガテリンモンとその放牧ほうぼくなど、二つのまちである。

26 そののコハテびとの氏族しぞくまちは、わせて十であって、それにぞくする放牧ほうぼくがあった。

27 ゲルションびとであるレビびとの氏族しぞくの一つにあたえられたまちは、マナセのはん部族ぶぞくのうちからは、ひところしたものの、のがれるまちであるバシャンのゴランとその放牧ほうぼく、およびベエシテラとその放牧ほうぼくなど、二つのまちである。

28 イッサカルの部族ぶぞくのうちからは、キションとその放牧ほうぼく、ダベラテとその放牧ほうぼく

29 ヤルムテとその放牧ほうぼく、エンガンニムとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

30 アセルの部族ぶぞくのうちからは、ミシャルとその放牧ほうぼく、アブドンとその放牧ほうぼく

31 ヘルカテとその放牧ほうぼく、レホブとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

32 ナフタリの部族ぶぞくのうちからは、ひところしたものの、のがれるまちであるガリラヤのケデシとその放牧ほうぼく、ハンモテ・ドルとその放牧ほうぼく、カルタンとその放牧ほうぼくなど、三つのまちである。

33 ゲルションびとが、その氏族しぞくにしたがってまちは、わせて十三のまちであって、それにぞくする放牧ほうぼくがあった。

34 そののレビびとである、メラリびとの氏族しぞくあたえられたまちは、ゼブルンの部族ぶぞくのうちからは、ヨクネアムとその放牧ほうぼく、カルタとその放牧ほうぼく

35 デムナとその放牧ほうぼく、ナハラルとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

36 ルベンの部族ぶぞくのうちからは、ベゼルとその放牧ほうぼく、ヤハヅとその放牧ほうぼく

37 ケデモテとその放牧ほうぼく、メパアテとその放牧ほうぼくなど、四つのまちである。

38 ガドの部族ぶぞくのうちからは、ひところしたものの、のがれるまちであるギレアデのラモテとその放牧ほうぼく、マハナイムとその放牧ほうぼく

39 ヘシボンとその放牧ほうぼく、ヤゼルとその放牧ほうぼくなど、わせて四つのまちである。

40 これらはみな、ほかのレビびとであるメラリびとが、その氏族しぞくにしたがって、くじをもってまちであって、わせて十二であった。

41 イスラエルの人々ひとびと所有しょゆうのうちに、レビびとがった町々まちまちは、わせて四十八であって、それにぞくする放牧ほうぼくがあった。

42 これらの町々まちまちは、それぞれその周囲しゅうい放牧ほうぼくがあった。これらの町々まちまちはみなそうであった。

43 このように、しゅが、イスラエルにあたえると、その先祖せんぞたちにちかわれたを、ことごとくあたえられたので、かれらはそれをて、そこにんだ。

44 しゅかれらの先祖せんぞたちにちかわれたように、四方しほう安息あんそくたまわったので、すべてのてきのうち、ひとりもかれらに手向てむかうものはなかった。しゅてきをことごとくかれらのわたされたからである。

45 しゅがイスラエルのいえ約束やくそくされたすべてのいことは、一つとしてたがわず、みな実現じつげんした。