聖典
ヨシュア記19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第19章

1 つぎにシメオンのため、すなわちシメオンの子孫しそん部族ぶぞくのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。そのぎょうはユダの子孫しそんぎょうのうちにあった。

2 そのぎょうとしてたものは、ベエルシバ、すなわちシバ、モラダ、

3 ハザル・シュアル、バラ、エゼム、

4 エルトラデ、ベトル、ホルマ、

5 チクラグ、ベテ・マルカボテ、ハザルスサ、

6 ベテレバオテ、シャルヘン。すなわち十三の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

7 またアイン、リンモン、エテル、アシャン。すなわち四つの町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

8 およびこれらのまち周囲しゅういにあって、バアラテ・ベエル、すなわちネゲブのラマにいたるまでのすべての村々むらむら。これがシメオンの子孫しそん部族ぶぞくの、その家族かぞくにしたがってぎょうである。

9 シメオンの子孫しそんぎょうは、ユダの子孫しそん領域りょういきのうちにあった。これはユダの子孫しそんぶんおおきかったので、シメオンの子孫しそんが、そのぎょうかれらのぎょうなかたからである。

10 だい三にゼブルンの子孫しそんのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。そのぎょう領域りょういきはサリデにおよび、

11 そのさかい西にしのぼって、マララにいたり、ダバセテにたっし、ヨクネアムのひがしにあるかわたっし、

12 サリデから、ひがしほうほうまがり、キスロテ・タボルのさかいいたり、ダベラテにて、ヤピアにのぼり、

13 そこからひがしほうほうすすんで、ガテヘペルとイッタ・カジンにいたり、リンモンにすすんで、ネアのほうまがる。

14 きたではそのさかいはハンナトンにまわり、イフタエルのたにいたってきる。

15 そしてカッタテ、ナハラル、シムロン、イダラ、ベツレヘムなど十二の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらがあった。

16 これがゼブルンの子孫しそんの、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらとである。

17 だい四にイッサカル、すなわちイッサカルの子孫しそんのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。

18 その領域りょういきには、エズレル、ケスロテ、シュネム、

19 ハパライム、シオン、アナハラテ、

20 ラビテ、キション、エベツ、

21 レメテ、エンガンニム、エンハダ、ベテパッゼズがあり、

22 そのさかいはタボル、シャハヂマ、ベテシメシにたっし、そのさかいはヨルダンにいたってきる。十六の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらがあった。

23 これがイッサカルの子孫しそん部族ぶぞくの、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらとである。

24 だい五に、アセルの子孫しそん部族ぶぞくのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。

25 その領域りょういきには、ヘルカテ、ハリ、ベテン、アクサフ、

26 アランメレク、アマデ、ミシャルがあり、そのさかい西にしでは、カルメルとシホル・リブナテにたっし、

27 それからひがしれて、ベテダゴンにいたり、きたほうゼブルンと、イプタエルのたにたっし、ベテエメクおよびネイエルにいたり、きたはカブルにいで、

28 さらにエブロン、レホブ、ハンモン、カナをて、だいシドンにおよび、

29 それから、そのさかいはラマにまがり、堅固けんごまちツロにいたる。またそのさかいはホサにまがり、うみいたってきる。そして、マハラブ、アクジブ、

30 ウンマ、アペク、レホブなど、二十二の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらがあった。

31 これがアセルの子孫しそん部族ぶぞくの、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらとである。

32 だい六に、ナフタリの子孫しそんのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。

33 そのさかいはヘレフから、すなわちザアナニイムのかしのからおこり、アダミ・ネケブおよび、ヤブネルをて、ラクムにいたり、ヨルダンにいたってきる。

34 そしてそのさかい西にしかって、アズノテ・タボルにいたり、そこからホッコクにる。みなみはゼブルンにせっし、西にしはアセルにせっし、ひがしはヨルダンのユダにたっする。

35 その堅固けんご町々まちまちは、ヂデム、ゼル、ハンマテ、ラッカテ、キンネレテ、

36 アダマ、ラマ、ハゾル、

37 ケデシ、エデレイ、エンハゾル、

38 イロン、ミグダルエル、ホレム、ベテアナテ、ベテシメシなどで、十九の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらがあった。

39 これがナフタリの子孫しそん部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらとである。

40 だい七に、ダンの子孫しそん部族ぶぞくのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。

41 そのぎょう領域りょういきには、ゾラ、エシタオル、イルシメシ、

42 シャラビム、アヤロン、イテラ、

43 エロン、テムナ、エクロン、

44 エルテケ、ギベトン、バアラテ、

45 エホデ、ベネベラク、ガテリンモン、

46 メヤルコン、ラッコン、およびヨッパと相対あいたいする地域ちいきがあった。

47 ただし、ダンの子孫しそん領域りょういきは、かれらのためにちいさかったので、ダンの子孫しそんは、のぼってき、レセムをめてそれをり、つるぎにかけてほろぼし、それをてそこにみ、先祖せんぞダンのにしたがって、レセムをダンとづけた。

48 これがダンの子孫しそん部族ぶぞくの、その家族かぞくにしたがってぎょうであって、その町々まちまちと、それにぞくする村々むらむらとである。

49 こうしてくに各地かくち域をぎょうとしてあたえることをおわったとき、イスラエルの人々ひとびとは、自分じぶんたちのうちに、一つのぎょうを、ヌンのヨシュアにあたえた。

50 すなわち、しゅいのちしたがって、かれもとめたまちあたえたが、それはエフライムの山地さんちにあるテムナテ・セラであって、かれはそのまちてなおして、そこにんだ。

51 これらは、祭司さいしエレアザル、ヌンのヨシュア、およびイスラエルの子孫しそん部族ぶぞく族長ぞくちょうたちが、シロにおいて会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちで、しゅまえに、くじをいてあたえたぎょうである。こうしてけることをおわった。