聖典
ヨシュア記15
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第15章

1 ユダの人々ひとびと部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがって、くじでは、みなみほうでは、エドムのさかいたっし、みなみのはてにあるチンの荒野あらのおよんでいた。

2 そのみなみさかいは、しおうみみなみはしの、入海いりうみからおこり、

3 アクラビムのさかみなみてチンにすすみ、カデシ・バルネアのみなみからのぼって、ヘヅロンにすすみ、アダルにのぼっていって、カルカにまわり、

4 アヅモンにすすんで、エジプトのかわたっし、そのさかいうみいたってきる。これがかれらのみなみさかいである。

5 ひがしさかいしおうみであって、ヨルダンの川口かわぐちたっする。きたほうさかいは、ヨルダンの川口かわぐちの、入海いりうみからおこり、

6 のぼってベテホグラにき、ベテアラバのきたぎ、のぼってルベンびとボハンのいしたっし、

7 またアコルのたにからデビルにのぼって、きたにおもむき、かわみなみにあるアドミムのさかたいするギルガルにかってすすみ、エンシメシのみずたっし、エンロゲルにいたってきる。

8 またそのさかいはベンヒンノムのたに沿って、エブスびとの、すなわちエルサレムのみなみのわきにのぼり、ヒンノムのたに西にしにあるやまいただきのぼる。これはレパイムのたにきたはてにあるものである。

9 そのさかいは、このやまいただきからネフトアのみずみなもといたり、そのところからエフロンやま町々まちまちおよび、そのさかいまがってバアラにたっする。これは、すなわちキリアテ・ヤリムである。

10 そのさかいは、バアラから西にしまわって、セイルやまおよび、ヤリムやま、すなわちケサロンのきたのわきをて、ベテシメシにくだり、テムナにすすみ、

11 エクロンのきたおかのわきにて、シッケロンにまがり、バアラやますすみ、ヤブネルにたっし、うみいたってきる。

12 また西にしさかい大海たいかいであって、海岸かいがんさかいとした。これがユダの人々ひとびとの、その家族かぞくにしたがって四方しほうさかいである。

13 ヨシュアは、しゅめいじられたように、エフンネのカレブに、ユダの人々ひとびとのうちで、キリアテ・アルバ、すなわちヘブロンをあたえて、そのぶんとさせた。アルバはアナクのちちであった。

14 カレブはそのところから、アナクのにんはらった。すなわち、セシャイ、アヒマン、およびタルマイであって、アナクからたものである。

15 そしてかれはこのところからデビルにたみところのぼった。デビルのは、もとはキリアテ・セペルといった。

16 カレブはった、「キリアテ・セペルをって、これをものには、わたしのむすめアクサをつまとしてあたえるであろう」。

17 ケナズので、カレブのおとうとオテニエルがそれをったので、カレブはむすめアクサを、つまとしてかれあたえた。

18 彼女かのじょがとつぐときはたけちちもとめるようにと、オテニエルにすすめられた。そして彼女かのじょが、ろばからりたので、カレブは彼女かのじょに、なにのぞむのかとたずねた。

19 彼女かのじょこたえてった、「わたしにおくものをください。あなたはネゲブのに、わたしをやられるのですから、いずみをもください」。カレブは彼女かのじょうえいずみしたいずみとをあたえた。

20 ユダの人々ひとびと部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがってぎょうは、つぎのとおりである。

21 ユダの人々ひとびと部族ぶぞくが、みなみでエドムのさかいほうにもっていたとおくの町々まちまちは、カブジエル、エデル、ヤグル、

22 キナ、デモナ、アダダ、

23 ケデシ、ハゾル、イテナン、

24 ジフ、テレム、ベアロテ、

25 ハゾル・ハダッタ、ケリオテ・ヘヅロンすなわちハゾル、

26 アマム、シマ、モラダ、

27 ハザルガダ、ヘシモン、ベテペレテ、

28 ハザル・シュアル、ベエルシバ、ビジョテヤ、

29 バアラ、イイム、エゼム、

30 エルトラデ、ケシル、ホルマ、

31 チクラグ、マデマンナ、サンサンナ、

32 レバオテ、シルヒム、アイン、リンモン。これらのまちわせて二十九、ならびにそれにぞくする村々むらむら

33 平地へいちでは、エシタオル、ゾラ、アシナ、

34 ザノア、エンガンニム、タップア、エナム、

35 ヤルムテ、アドラム、ソコ、アゼカ、

36 シャアライム、アデタイム、ゲデラ、ゲデロタイム。すなわち十四の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

37 ゼナン、ハダシャ、ミグダルガデ、

38 デラン、ミヅパ、ヨクテル、

39 ラキシ、ボヅカテ、エグロン、

40 カボン、ラマム、キテリシ、

41 ゲデロテ、ベテダゴン、ナアマ、マッケダ。すなわち十六の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

42 またリブナ、エテル、アシャン、

43 イフタ、アシナ、ネジブ、

44 ケイラ、アクジブ、マレシャ。すなわち九つの町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

45 エクロンと、その町々まちまち、および村々むらむら

46 エクロンからうみまで、すべてアシドドのほとりにある町々まちまち、およびそれにぞくする村々むらむら

47 アシドドとその町々まちまちおよび村々むらむら。ガザとその町々まちまちおよび村々むらむら。エジプトのかわ大海たいかい海岸かいがんまでが、そのさかいであった。

48 山地さんちでは、シャミル、ヤッテル、ソコ、

49 ダンナ、キリアテ・サンナすなわちデビル、

50 アナブ、エシテモ、アニム、

51 ゴセン、ホロン、ギロ。すなわち十一の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

52 アラブ、ドマ、エシャン、

53 ヤニム、ベテタップア、アペカ、

54 ホムタ、キリアテ・アルバすなわちヘブロン、ヂオル。すなわち九つの町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

55 マオン、カルメル、ジフ、ユッタ、

56 エズレル、ヨクデアム、ザノア、

57 カイン、ギベア、テムナ。すなわち十の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

58 ハルホル、ベテズル、ゲドル、

59 マアラテ、ベテアノテ、エルテコン。すなわち六つの町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

60 キリアテ・バアルすなわちキリアテ・ヤリム、ラバ。これらの二つのまちとそれにぞくする村々むらむら

61 荒野あらのでは、ベテアラバ、ミデン、セカカ、

62 ニブシャン、しおまち、エンゲデ。すなわち六つの町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

63 しかし、ユダの人々ひとびとは、エルサレムの住民じゅうみんエブスびとをはらうことができなかった。それでエブスびとは今日こんにちまで、ユダの人々ひとびとともにエルサレムにんでいる。