聖典
ヨシュア記17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第17章

1 マナセの部族ぶぞくが、くじによっては、つぎのとおりである。マナセはヨセフの長子ちょうしであった。マナセの長子ちょうしで、ギレアデのちちであるマキルは、軍人ぐんじんであったので、ギレアデとバシャンをた。

2 マナセの部族ぶぞくのものにも、その家族かぞくにしたがって、あたえたが、それは、アビエゼル、ヘレク、アスリエル、シケム、ヘペル、セミダで、これらはヨセフのマナセのおとこ子孫しそんであって、その家族かぞくにしたがって、あげたものである。

3 しかし、マナセのマキル、そのギレアデ、そのヘペル、そのであったゼロペハデには、おんなだけで、おとこがなかった。おんなたちのは、マヘラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといった。

4 彼女かのじょたちは、祭司さいしエレアザル、ヌンのヨシュアおよび、つかさたちのまえすすて、「わたしたちの兄弟きょうだいおなじように、わたしたちにも、ぎょうあたえよと、しゅはモーセにめいじおきになりました」とったので、ヨシュアはしゅいのちにしたがって、かれらのちち兄弟きょうだいたちとおなじように、彼女かのじょたちにもぎょうあたえた。

5 こうしてマナセはヨルダンのこうがわで、ギレアデとバシャンののほかに、なお十の部分ぶぶんた。

6 マナセのむすめたちが、おとこらとともに、ぎょうたからである。ギレアデのは、そのほかのマナセの子孫しそんあたえられた。

7 マナセのさかいは、アセルからシケムのひがしのミクメタテにおよび、そのさかいみなみびて、エンタップアの住民じゅうみんたっする。

8 タップアのはマナセにぞくしていたが、マナセのさかいにあるタップアのまちは、エフライムの子孫しそんぞくしていた。

9 またそのさかいはカナのかわくだって、かわみなみいたる。そこの町々まちまちはマナセの町々まちまちなかにあって、エフライムにぞくした。マナセのさかいは、かわきた沿ってすすみ、うみたっしてきる。

10 そのかわみなみは、エフライムにぞくし、きたはマナセにぞくする。うみがそのさかいとなる。マナセはきたはアセルにせっし、ひがしはイッサカルにせっする。

11 マナセはまたイッサカルとアセルのなかに、ベテシャンとその村々むらむら、イブレアムとその村々むらむら、ドルの住民じゅうみんとその村々むらむら、エンドルの住民じゅうみんとその村々むらむら、タアナクの住民じゅうみんとその村々むらむら、メギドの住民じゅうみんとその村々むらむらた。このうちだい三のものは高地こうちである。

12 しかし、マナセの子孫しそんは、これらの町々まちまちることができなかったので、カナンびとはながくこのつづけようとした。

13 しかし、イスラエルの人々ひとびとつよくなるにしたがって、カナンびとを使役しえきするようになり、ことごとくはらうことはしなかった。

14 ヨセフの子孫しそんはヨシュアにった、「しゅいままで、わたしを祝福しゅくふくされたので、わたしはかずおおたみとなったのに、あなたはなぜ、わたしのぎょうとして、ただ一つのくじ、一つのぶんだけを、くださったのですか」。

15 ヨシュアはかれらにった、「もしあなたがかずおおたみならば、はやしのぼっていって、そこで、ペリジびとやレパイムびとの自分じぶんひらくがよい。エフライムの山地さんちが、あなたがたにはせまいのだから」。

16 ヨセフの子孫しそんこたえた、「山地さんちはわたしどもに十分じゅうぶんではありません。かつまた平地へいちにおるカナンびとは、ベテシャンとその村々むらむらにおるものも、エズレルのたににおるものも、みなてつ戦車せんしゃっています」。

17 ヨシュアはまたヨセフのいえ、すなわちエフライムとマナセにった、「あなたはかずおおたみで、おおきなちからをもっています。それでただ一つのくじではりません。

18 山地さんちをもあなたのものとしなければなりません。それははやしではあるが、ひらいて、こうのはしまで、自分じぶんのものとしなければなりません。カナンびとはてつ戦車せんしゃがあって、つよくはあるが、あなたはそれをはらうことができます」。