アモス書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 わたしは祭壇さいだんのかたわらにっておられるしゅた。しゅわれた、「はしらあたまって、敷居しきいふるわせ、これをくだいて、すべてのたみあたまうえちかからせよ。そののこったものを、わたしはつるぎでころし、そのひとりもげおおすものはなく、のがれうるものはない。

    2 たといかれらは陰府よみくだっても、わたしのはこれをそこからす。たといかれらはてんによじのぼっても、わたしはそこからこれをきおろす。

    3 たといかれらはカルメルのいただきかくれても、わたしはこれをさがして、そこからす。たといかれらはわたしのをのがれて、うみそこかくれても、わたしはへびにめいじて、そのところでこれをかませる。

    4 たといかれらはとらわれて、そのてきまえっても、わたしはそのところでつるぎにめいじて、これをころさせる。わたしはかれらのうえにわたしのそそぐ、それはわざわいのためであって、さいわいのためではない」。

    5 万軍ばんぐんかみしゅれられると、け、そのなかものはみななげき、はみなナイルかわのようにわきあがり、エジプトのナイルかわのようにまたしずむ。

    6 しゅはご自分じぶん高殿たかどのてんきずき、大空おおぞらもというえにすえ、うみみずんで、のおもてにそそがれる。そのしゅととなえられる。

    7 しゅわれる、「イスラエルのらよ、あなたがたはわたしにとってエチオピヤびとのようではないか。わたしはイスラエルをエジプトのくにから、ペリシテびとをカフトルから、スリヤびとをキルからみちびのぼったではないか。

    8 よ、しゅなるかみはこのつみおかしたくにうえそそがれている。わたしはこれをのおもてからほろぼす。しかし、わたしはヤコブのいえをことごとくはほろぼさない」としゅわれる。

    9 よ、わたしはめいじて、ひとがふるいでものをふるうように、わたしはイスラエルのいえ万国民ばんこくみんのうちでふるう。ひとつぶちることはない。

    10 わがたみつみびと、すなわち『わざわいはわれわれにちかづかない、われわれにのぞまない』とものどもはみな、つるぎでころされる。

    11 そのには、わたしはダビデのたおれた幕屋まくやおこし、その破損はそんつくろい、そのくずれたところおこし、これをむかしときのようにてる。

    12 これはかれらがエドムののこったもの、およびわがをもってばれるすべての国民くにたみ所有しょゆうするためである」とこのことをなされるしゅわれる。

    13 しゅわれる、「よ、このようなときる。そのときには、たがやものもの相継あいつぎ、ぶどうをものたねまくもの相継あいつぐ。もろもろのやまにはうまいさけがしたたり、もろもろのおかけてながれる。

    14 わたしはわがたみイスラエルの幸福こうふくをもとにかえす。かれらはれた町々まちまちててみ、ぶどうばたけつくってそのさけみ、そのつくってそのべる。

    15 わたしはかれらをそのえつける。かれらはわたしがあたえたからふたたきとられることはない」とあなたのかみしゅわれる。