聖典
アモス書6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 「わざわいなるかな、やすらかにシオンにいるもの、また安心あんしんしてサマリヤのやまにいるものしょ国民こくみんのかしらのうちの著名ちょめい人々ひとびとで、イスラエルのいえがきてしたがものよ。

2 カルネにわたってよ。そこからおおハマテにき、またペリシテびとのガテにくだってよ。かれらはこれらのくににまさっているか。かれらの土地とちはあなたがたの土地とちよりもおおきいか。

3 あなたがたはわざわいとおざけ、強暴きょうぼうちかづけている。

4 わざわいなるかな、みずから象牙ぞうげ寝台しんだいし、ながいすのうえばし、れのうちから小羊こひつじり、牛舎ぎゅうしゃのうちからうしってべ、

5 ことおとわせてうたさわぎ、ダビデのように楽器がっきつくし、

6 はちをもってさけみ、いともたっとあぶらにぬり、ヨセフの破滅はめつかなしまないものたちよ。

7 それゆえいまかれらはとらわれて、とらわれびとのまっさきってく。そしてかのばしたものどものさわぎはやむであろう」。

8 しゅなるかみはおのれによってちかわれた、(万軍ばんぐんかみしゅわれる、)「わたしはヤコブのほこりみきらい、そのもろもろの宮殿きゅうでんにくむ。わたしはこのまちとすべてそのなかにいるものわたす」。

9 一つのいえに十にんもののこっていても、かれらはに、

10 そしてその親戚しんせき、すなわちこれをものは、ほねいえからはこびだすために、これをげ、またそのいえおくにいるものかって、「まだあなたとともにいるものがあるか」とい、「ない」とのこたえがあるとき、かのひとはまた「こえすな、しゅをとなえるな」とうであろう。

11 よ、しゅめいじて、おおきないえって、みじんとなし、ちいさないえって、れとされる。

12 うまいわうえはしるだろうか。ひとうしうみたがやすだろうか。ところがあなたがたは公道こうどうどくへんじ、正義せいぎをにがよもぎにへんじた。

13 あなたがたはロデバルをよろこび、「われわれは自分じぶんちからでカルナイムをたではないか」とう。

14 それゆえ、万軍ばんぐんかみしゅわれる、「イスラエルのいえよ、よ、わたしは一つの国民くにたみおこして、あなたがたに敵対てきたいさせる。かれらはハマテの入口いりぐちからアラバのかわまであなたがたをなやます」。