アモス書8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 しゅなるかみは、このようにわたしにしめされた。よ、ひとかごのなつのくだものがある。

    2 しゅわれた、「アモスよ、あなたはなにるか」。わたしは「ひとかごのなつのくだもの」とこたえた。するとしゅはわたしにわれた、「わがたみイスラエルのおわりがきた。わたしはふたたかれらを見過みすごしにしない。

    3 そのにはみやうたなげきにかわり、しかばねがおびただしく、人々ひとびと無言むごんでこれをいたところてる」としゅなるかみわれる。

    4 あなたがた、まずしいものみつけ、またくにとぼしいものほろぼすものよ、これをけ。

    5 あなたがたはう、「新月しんげつはいつるだろう、そうしたら、われわれは穀物こくもつろう。安息日あんそくにちはいつるだろう、そうしたら、われわれはむぎそう。われわれはエパをちいさくし、シケルをおおきくし、いつわりのはかりをもってあざむき、

    6 とぼしいものかねい、まずしいものをくつ一そくいとり、また、くずむぎろう」。

    7 しゅはヤコブのほこりをさしてちかわれた、「わたしはかならかれらのすべてのわざをいつまでもわすれない。

    8 これがためにふるわないであろうか。ものはみななげかないであろうか。はみなナイルかわのようにわきあがり、エジプトのナイルかわのようにみなぎって、またしずまないであろうか」。

    9 しゅなるかみわれる、「そのには、わたしは真昼まひる太陽たいようしずませ、白昼はくちゅうくらくし、

    10 あなたがたのまつりなげきにかわらせ、あなたがたのうたをことごとくかなしみのうたかわらせ、すべてのひと荒布あらぬのこしにまとわせ、すべてのひとかみをそりおとさせ、そのを、ひとりうしなった喪中もちゅうのようにし、そのおわりを、にがのようにする」。

    11 しゅなるかみわれる、「よ、わたしがききんをこのくにおくる、それはパンのききんではない、みずにかわくのでもない、しゅ言葉ことばくことのききんである。

    12 かれらはうみからうみへさまよいあるき、しゅ言葉ことばもとめて、こなたかなたへはせまわる、しかしこれをないであろう。

    13 そのにはうつくしいおとめも、わかおとこもかわきのためにうしなう。

    14 かのサマリヤのアシマをさしてちかい、『ダンよ、あなたのかみきている』とい、また『ベエルシバのみちきている』とものどもはかならたおれる。ふたたきあがることはない」。