聖典
アモス書1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

アモスしょ

第1章

1 テコアの牧者ぼくしゃのひとりであるアモスの言葉ことば。これはユダのおうウジヤの、イスラエルのおうヨアシのヤラベアムの地震じしんの二ねんまえに、かれがイスラエルについてしめされたものである。

2 かれった、「しゅはシオンからほえ、エルサレムからこえされる。牧者ぼくしゃ牧場まきばなげき、カルメルのいただきれる」。

3 しゅはこうわれる、「ダマスコの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれをばっしてゆるさない。これはかれらがてつのすりいたで、ギレアデをみにじったからである。

4 わたしはハザエルのいえおくり、ベネハダデのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす。

5 わたしはダマスコのかんくだき、アベンのたにから住民じゅうみんち、ベテエデンからおうのつえをとるものつ。スリヤのたみはキルにとらえられてく」としゅわれる。

6 しゅはこうわれる、「ガザの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれをばっしてゆるさない。これはかれらが人々ひとびとをことごとくとらえてって、エドムにわたしたからである。

7 わたしはガザのいしがきにおくり、そのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす。

8 わたしはアシドドから住民じゅうみんち、アシケロンからおうのつえをとるものつ。わたしはまたをかえしてエクロンをつ。そしてのこったペリシテびともほろびる」としゅなるかみわれる。

9 しゅはこうわれる、「ツロの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれをばっしてゆるさない。これはかれらが人々ひとびとをことごとくエドムにわたし、また兄弟きょうだい契約けいやくこころめなかったからである。

10 それゆえ、わたしはツロのいしがきにおくり、そのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす」。

11 しゅはこうわれる、「エドムの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれをばっしてゆるさない。これはかれがつるぎをもってその兄弟きょうだいい、まったくあわれみのじょうち、つねいかって、ひとをかきき、ながくそのいきどおりをたもったからである。

12 それゆえ、わたしはテマンにおくり、ボズラのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす」。

13 しゅはこうわれる、「アンモンの人々ひとびとの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれをばっしてゆるさない。これはかれらがその国境こっきょうひろげるために、ギレアデのはらんでいるおんなをひきいたからである。

14 それゆえ、わたしはラバのいしがきにをはなち、そのもろもろの宮殿きゅうでんほろぼす。これはたたかいのに、ときのこえをもってせられ、つむじかぜに、暴風ぼうふうをもってせられる。

15 かれらのおうはそのつかさたちとともとらえられてく」としゅわれる。