聖典
アモス書3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 イスラエルの人々ひとびとよ、しゅがあなたがたにかってわれたこと、わたしがエジプトのからみちびのぼった全家ぜんかかってったこの言葉ことばけ。

2 のもろもろのやからのうちで、わたしはただ、あなたがただけをった。それゆえ、わたしはあなたがたのもろもろのつみのため、あなたがたをばっする。

3 ふたりのものがもし約束やくそくしなかったなら、一緒いっしょあるくだろうか。

4 ししがもし獲物えものがなかったなら、はやしなかでほえるだろうか。わかいししがもしものをつかまなかったなら、そのあなからこえすだろうか。

5 もしわながなかったなら、とりったあみにかかるだろうか。あみにもしなにもかからなかったなら、からとびあがるだろうか。

6 まちでラッパがったなら、たみおどろかないだろうか。しゅがなされるのでなければ、まちわざわいおこるだろうか。

7 まことにしゅなるかみはそのしもべである預言者よげんしゃにそのかくれたことしめさないでは、何事なにごとをもなされない。

8 ししがほえる、だれがおそれないでいられよう。しゅなるかみかたられる、だれが預言よげんしないでいられよう」。

9 アッスリヤにあるもろもろの宮殿きゅうでん、エジプトのにあるもろもろの宮殿きゅうでんべてえ、「サマリヤの山々やまやまあつまり、そのうちにあるおおいなるさわぎと、そのなかおこなわれる暴虐ぼうぎゃくとをよ」と。

10 しゅわれる、「かれらは正義せいぎおこなうことをらず、しえたげったものうばったものとをそのもろもろの宮殿きゅうでんにたくわえている」。

11 それゆえしゅなるかみはこうわれる、「てきがきて、このくにかこみ、あなたの防備ぼうびをあなたからのぞき、あなたのもろもろの宮殿きゅうでんはかすめられる」。

12 しゅはこうわれる、「羊飼ひつじかいがししのくちから、ひつじ両足りょうあし、あるいは片耳かたみみかえすように、サマリヤにむイスラエルの人々ひとびとも、ながいすのすみや、寝台しんだい一部いちぶたずさえてすくわれるであろう」。

13 万軍ばんぐんかみしゅなるかみわれる、「け、そしてヤコブのいえ証言しょうげんせよ。

14 わたしはイスラエルのもろもろのとがをばっするにベテルの祭壇さいだんばっする。その祭壇さいだんつのれて、ちる。

15 わたしはまたふゆいえなついえとをつ、象牙ぞうげいえほろび、おおいなるいええうせる」としゅわれる。