ヨナ書4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 ところがヨナはこれを非常ひじょう不快ふかいとして、はげしくいかり、

    2 しゅいのってった、「しゅよ、わたしがなおくににおりましたとき、このこともうしたではありませんか。それでこそわたしは、いそいでタルシシにのがれようとしたのです。なぜなら、わたしはあなたがめぐふかかみ、あわれみあり、いかることおそく、いつくしみゆたかで、わざわいおもいかえされることを、っていたからです。

    3 それでしゅよ、どうぞいまわたしのいのちをとってください。わたしにとっては、きるよりもほうがましだからです」。

    4 しゅわれた、「あなたのいかるのは、よいことであろうか」。

    5 そこでヨナはまちからて、まちひがしほうし、そこに自分じぶんのために一つの小屋こやつくり、まちのなりゆきをきわめようと、そのしたかげにすわっていた。

    6 ときしゅなるかみは、ヨナをあつさの苦痛くつうからすくうために、とうごまをそなえて、それをそだて、ヨナのあたまうえ日陰ひかげもうけた。ヨナはこのとうごまを非常ひじょうよろこんだ。

    7 ところがかみ翌日よくじつ夜明よあけにむしそなえて、そのとうごまをかませられたので、それはれた。

    8 やがて太陽たいようたとき、かみあつ東風ひがしかぜそなえ、また太陽たいようがヨナのあたまてらしたので、ヨナはよわりはて、ぬことをねがってった、「きるよりもほうがわたしにはましだ」。

    9 しかしかみはヨナにわれた、「とうごまのためにあなたのいかるのはよくない」。ヨナはった、「わたしはいかりのあまりくるにそうです」。

    10 しゅわれた、「あなたはろうせず、そだてず、一しょうじて、一ほろびたこのとうごまをさえ、しんでいる。

    11 ましてわたしは十二まんあまりの、右左みぎひだりをわきまえない人々ひとびとと、あまたの家畜かちくとのいるこのおおきなまちニネベを、しまないでいられようか」。