ヨナ書3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 ときしゅ言葉ことばふたたびヨナにのぞんでった、

    2 って、あのおおきなまちニネベにき、あなたにめいじる言葉ことばをこれにつたえよ」。

    3 そこでヨナはしゅ言葉ことばしたがい、って、ニネベにった。ニネベは非常ひじょうおおきなまちであって、これをきめぐるには、三ようするほどであった。

    4 ヨナはそのまちにはいり、はじめ一にちきめぐってばわり、「四十にちたらニネベはほろびる」とった。

    5 そこでニネベの人々ひとびとかみしんじ、断食だんじきをふれ、おおきいものからちいさいものまで荒布あらぬのた。

    6 このうわさがニネベのおうたっすると、かれはその王座おうざからがり、ちょうふくぎ、荒布あらぬのをまとい、はいなかした。

    7 またおうとその大臣だいじん布告ふこくをもって、ニネベなかにふれさせてった、「ひとけものうしひつじもみな、なにをもあじわってはならない。ものい、みずんではならない。

    8 ひとけもの荒布あらぬのをまとい、ひたすらかみばわり、おのおのそのわるみちおよびそのにある強暴きょうぼうはなれよ。

    9 あるいはかみはみこころをかえ、そのはげしいいかりをやめて、われわれをほろぼされないかもしれない。だれがそれをるだろう」。

    10 かみかれらのなすところ、そのわるみちはなれたのをられ、かれらのうえくだそうとわれたわざわいおもいかえして、これをおやめになった。