ヨナ書1
    脚注
    Theme

    ヨナしょ

    第1章

    1 しゅ言葉ことばがアミッタイのヨナにのぞんでった、

    2 って、あのおおきなまちニネベにき、これにかってばわれ。かれらのあくがわたしのまえのぼってきたからである」。

    3 しかしヨナはしゅまえはなれてタルシシへのがれようと、ってヨッパにくだってった。ところがちょうど、タルシシへふねがあったので、船賃ふなちんはらい、しゅまえはなれて、人々ひとびとともにタルシシへこうとふねった。

    4 ときに、しゅ大風おおかぜうみうえおこされたので、ふねやぶれるほどのはげしい暴風ぼうふううみうえにあった。

    5 それで水夫すいふたちはおそれて、めいめい自分じぶんかみもとめ、またふねかるくするため、そのなかうみてた。しかし、ヨナはふねおくくだり、して熟睡じゅくすいしていた。

    6 そこで船長せんちょうて、かれった、「あなたはどうしてねむっているのか。きて、あなたのかみばわりなさい。かみがあるいは、われわれをかえりみて、たすけてくださるだろう」。

    7 やがて人々ひとびとたがいった、「このわざわいがわれわれにのぞんだのは、だれのせいかるために、さあ、くじをいてみよう」。そしてかれらが、くじをいたところ、くじはヨナにあたった。

    8 そこで人々ひとびとはヨナにった、「このわざわいがだれのせいで、われわれにのぞんだのか、われわれにげなさい。あなたの職業しょくぎょうなにか。あなたはどこからたのか。あなたのくにはどこか。あなたはどこのたみか」。

    9 ヨナはかれらにった、「わたしはヘブルびとです。わたしはうみりくとをおつくりになったてんかみしゅおそれるものです」。

    10 そこで人々ひとびとははなはだしくおそれて、かれった、「あなたはなんたることをしてくれたのか」。人々ひとびとかれがさきにかれらにげたことによって、かれしゅまえはなれて、のがれようとしていたことっていたからである。

    11 人々ひとびとかれった、「われわれのためにうみしずまるには、あなたをどうしたらよかろうか」。それはうみがますますれてきたからである。

    12 ヨナはかれらにった、「わたしをってうみれなさい。そうしたらうみは、あなたがたのためにしずまるでしょう。わたしにはよくわかっています。このはげしい暴風ぼうふうがあなたがたにのぞんだのは、わたしのせいです」。

    13 しかし人々ひとびとふねりくにこぎもどそうとつとめたが、成功せいこうしなかった。それはうみかれらにさからって、いよいよれたからである。

    14 そこで人々ひとびとしゅばわってった、「しゅよ、どうぞ、このひと生命せいめいのために、われわれをほろぼさないでください。またつみなきを、われわれにしないでください。しゅよ、これはみこころしたがって、なされたことだからです」。

    15 そしてかれらはヨナをってうみれた。するとうみれるのがやんだ。

    16 そこで人々ひとびとおおいにしゅおそれ、犠牲ぎせいしゅにささげて、誓願せいがんてた。

    17 しゅおおいなるうおそなえて、ヨナをのませられた。ヨナは三そのうおはらうちにいた。