聖典
創世記38
戻る 次へ

第38章

1 そのころユダは兄弟きょうだいたちをはなれてくだり、アドラムびとで、をヒラというものところった。

2 ユダはそのところで、をシュアというカナンびとのむすめて、これをめとり、そのところにはいった。

3 彼女かのじょはみごもっておとこんだので、ユダはをエルとづけた。

4 彼女かのじょふたたびみごもっておとこみ、をオナンとづけた。

5 またかさねて、おとこみ、をシラとづけた。彼女かのじょはこのおとこんだとき、クジブにおった。

6 ユダは長子ちょうしエルのために、をタマルというつまむかえた。

7 しかしユダの長子ちょうしエルはしゅまえわるものであったので、しゅかれころされた。

8 そこでユダはオナンにった、「あにつまところにはいって、彼女かのじょをめとり、あに子供こどもさせなさい」。

9 しかしオナンはその自分じぶんのものとならないのをっていたので、あにつまところにはいったときあにさせないためにらした。

10 かれのしたことしゅまえわるかったので、しゅかれをもころされた。

11 そこでユダはそのつまタマルにった、「わたしのシラが成人せいじんするまで、寡婦かふのままで、あなたのちちいえにいなさい」。かれは、シラもまた兄弟きょうだいたちのようにぬかもしれないと、おもったからである。それでタマルはってちちいえにおった。

12 がたってシュアのむすめユダのつまんだ。そののち、ユダはおわってそのともアドラムびとヒラとともにテムナにのぼり、自分じぶんひつじもののところへった。

13 ときに、ひとりのひとがタマルにげて、「あなたのしゅうとがひつじるためにテムナにのぼってる」とったので、

14 彼女かのじょ寡婦かふ衣服いふくぎすて、被衣かずきをおおいかくして、テムナへみちのかたわらにあるエナイムの入口いりぐちにすわっていた。彼女かのじょはシラが成人せいじんしたのに、自分じぶんがそのつまにされないのをったからである。

15 ユダは彼女かのじょたとき、彼女かのじょかおをおおっていたため、遊女ゆうじょだとおもい、

16 みちのかたわらで彼女かのじょかってった、「さあ、あなたのところにはいらせておくれ」。かれはこのおんながわがつまであることをらなかったからである。彼女かのじょった、「わたしのところにはいるため、なにをくださいますか」。

17 ユダはった、「れのうちのやぎのをあなたにあげよう」。彼女かのじょった、「それをくださるまで、しるしをわたしにくださいますか」。

18 ユダはった、「どんなしるしをあげようか」。彼女かのじょった、「あなたのいんひもと、あなたのにあるつえとを」。かれはこれらをあたえて彼女かのじょところにはいった。彼女かのじょはユダによってみごもった。

19 彼女かのじょきてり、被衣かずきいで寡婦かふ衣服いふくた。

20 やがてユダはそのおんなからしるしをりもどそうと、そのともアドラムびとにたくしてやぎのおくったけれども、そのおんないだせなかった。

21 そこでかれはそのところ人々ひとびとたずねてった、「エナイムでみちのかたわらにいた遊女ゆうじょはどこにいますか」。かれらはった、「ここには遊女ゆうじょはいません」。

22 かれはユダのもとにかえってった、「わたしは彼女かのじょいだせませんでした。またそのところ人々ひとびとは、『ここには遊女ゆうじょはいない』といました」。

23 そこでユダはった、「おんなたせておこう。わたしたちははじをかくといけないから。とにかく、わたしはこのやぎのおくったが、あなたは彼女かのじょいだせなかったのだ」。

24 ところが三がつほどたって、ひとりのひとがユダにった、「あなたのよめタマルは姦淫かんいんしました。そのうえ、彼女かのじょ姦淫かんいんによってみごもりました」。ユダはった、「彼女かのじょしていてしまえ」。

25 彼女かのじょされたとき、そのしゅうとにひとをつかわしてった、「わたしはこれをもっているひとによって、みごもりました」。彼女かのじょはまたった、「どうか、このいんと、ひもと、つえとはだれのものか、見定みさだめてください」。

26 ユダはこれを見定みさだめてった、「彼女かのじょはわたしよりもただしい。わたしが彼女かのじょをわがシラにあたえなかったためである」。かれふたた彼女かのじょらなかった。

27 さて彼女かのじょ出産しゅっさんときがきたが、胎内たいないには、ふたごがあった。

28 出産しゅっさんときに、ひとりのしたので、産婆さんばは、「これがさきにた」とい、いとって、そのむすんだ。

29 そして、そのをひっこめると、そのおとうとたので、「どうしてあなたは自分じぶんやぶってるのか」とった。これによってはペレヅとばれた。

30 そののちいとのあるあにたので、はゼラとばれた。