創世記42
    脚注
    Theme

    第42章

    1 ヤコブはエジプトに穀物こくもつがあるとって、むすこたちにった、「あなたがたはなぜかお見合みあわせているのですか」。

    2 またった、「エジプトに穀物こくもつがあるということだが、あなたがたはそこへくだってって、そこから、われわれのため穀物こくもつってきなさい。そうすれば、われわれはきながらえて、まぬかれるであろう」。

    3 そこでヨセフの十にん兄弟きょうだい穀物こくもつうためにエジプトへくだった。

    4 しかし、ヤコブはヨセフのおとうとベニヤミンを兄弟きょうだいたちと一緒いっしょにやらなかった。かれわざわいうのをおそれたからである。

    5 こうしてイスラエルのらは穀物こくもつおうと人々ひとびとじってやってきた。カナンのにききんがあったからである。

    6 ときにヨセフはくにのつかさであって、くにのすべてのたみ穀物こくもつることをしていた。ヨセフの兄弟きょうだいたちはきて、にひれし、かれはいした。

    7 ヨセフは兄弟きょうだいたちをて、それとったが、かれらにかってはらぬもののようにし、荒々あらあらしくかたった。すなわちかれらにった、「あなたがたはどこからきたのか」。かれらはこたえた、「食糧しょくりょううためにカナンのからきました」。

    8 ヨセフは、兄弟きょうだいたちであるのをっていたが、かれらはヨセフとはらなかった。

    9 ヨセフはかつてかれらについてゆめおもして、かれらにった、「あなたがたはまわもので、このくにのすきをうかがうためにきたのです」。

    10 かれらはヨセフにこたえた、「いいえ、わがしゅよ、しもべらはただ食糧しょくりょううためにきたのです。

    11 われわれはみな、ひとりのひとで、真実しんじつものです。しもべらはまわものではありません」。

    12 ヨセフはかれらにった、「いや、あなたがたはこのくにのすきをうかがうためにきたのです」。

    13 かれらはった、「しもべらは十二にん兄弟きょうだいで、カナンのにいるひとりのひとです。すえおとうといまちち一緒いっしょにいますが、のひとりはいなくなりました」。

    14 ヨセフはかれらにった、「わたしがったとおり、あなたがたはまわものです。

    15 あなたがたをこうしてためしてみよう。パロのいのちにかけてちかいます。すえおとうとがここにこなければ、あなたがたはここをることはできません。

    16 あなたがたのひとりをやっておとうとれてこさせなさい。それまであなたがたをつないでおいて、あなたがたに誠実せいじつがあるかどうか、あなたがたの言葉ことばをためしてみよう。パロのいのちにかけてちかいます。あなたがたはたしかにまわものです」。

    17 ヨセフはかれらをみな一緒いっしょに三あいだ監禁所かんきんじょれた。

    18 にヨセフはかれらにった、「こうすればあなたがたはたすかるでしょう。わたしはかみおそれます。

    19 もしあなたがたが真実しんじつものなら、兄弟きょうだいのひとりをあなたがたのいる監禁所かんきんじょのこし、あなたがたは穀物こくもつたずさえてって、家族かぞくえをすくいなさい。

    20 そしてすえおとうとをわたしのもとにれてきなさい。そうすればあなたがたの言葉ことばのほんとうであることがわかって、まぬかれるでしょう」。かれらはそのようにした。

    21 かれらはたがいった、「たしかにわれわれはおとうとことつみがある。かれがしきりにねがったとき、そのこころくるしみをながら、われわれはれなかった。それでこのくるしみにうのだ」。

    22 ルベンがかれらにこたえてった、「わたしはあなたがたに、この子供こどもつみおかすなとったではないか。それにもかかわらず、あなたがたはれなかった。それでかれむくいをけるのです」。

    23 かれらはヨセフがきわけているのをらなかった。相互そうごあいだ通訳者つうやくしゃがいたからである。

    24 ヨセフはかれらをはなれてってき、またかえってきてかれらとかたり、そのひとりシメオンをとらえて、かれらのまえしばった。

    25 そしてヨセフは人々ひとびとめいじて、かれらのふくろ穀物こくもつたし、めいめいのぎんふくろかえし、道中どうちゅう食料しょくりょうあたえさせた。ヨセフはこのようにかれらにした。

    26 かれらは穀物こくもつをろばにわせてそこをった。

    27 そのひとりが宿やどで、ろばに飼葉かいばをやるためふくろをあけてると、ふくろくち自分じぶんぎんがあった。

    28 かれ兄弟きょうだいたちにった、「わたしのぎんかえしてある。しかもよ、それはふくろなかにある」。そこでかれらは非常ひじょうおどろき、たがいふるえながらった、「かみがわれわれにされたこのことは何事なにごとだろう」。

    29 こうしてかれらはカナンのにいるちちヤコブのもとにかえり、そのったことをことごとくげてった、

    30 「あのくにきみは、われわれに荒々あらあらしくかたり、くにをうかがうまわものだといました。

    31 われわれはかれこたえました、『われわれは真実しんじつものであってまわものではない。

    32 われわれは十二にん兄弟きょうだいで、おなちちである。ひとりはいなくなり、すえおとうといまちちともにカナンのにいる』。

    33 そのくにきみであるそのひとはわれわれにいました、『わたしはこうしてあなたがたの真実しんじつものであるのをろう。あなたがたは兄弟きょうだいのひとりをわたしのもとにのこし、穀物こくもつたずさえてって、家族かぞくえをすくいなさい。

    34 そしてすえおとうとをわたしのもとにれてきなさい。そうすればあなたがたがまわものではなく、真実しんじつものであるのをって、あなたがたの兄弟きょうだいかえし、このくにであなたがたに取引とりひきさせましょう』」。

    35 かれらがふくろのものをしてると、めいめいのかねつつみがふくろなかにあったので、かれらもちちかねつつみをおそれた。

    36 ちちヤコブはかれらにった、「あなたがたはわたしにうしなわせた。ヨセフはいなくなり、シメオンもいなくなった。今度こんどはベニヤミンをもる。これらはみなわたしのにふりかかってるのだ」。

    37 ルベンはちちった、「もしわたしがかれをあなたのもとにれてかえらなかったら、わたしのふたりのころしてください。ただかれをわたしのにまかせてください。わたしはきっと、あなたのもとにかれれてかえります」。

    38 ヤコブはった、「わたしのはあなたがたとともくだってってはならない。かれあにに、ただひとりかれのこっているのだから。もしあなたがたのみちかれわざわいえば、あなたがたは、しらがのわたしをかなしんで陰府よみくだらせるであろう」。