創世記30
    脚注
    Theme

    第30章

    1 ラケルは自分じぶんがヤコブにまないのをったときあねをねたんでヤコブにった、「わたしにどもをください。さもないと、わたしはにます」。

    2 ヤコブはラケルにかいいかってった、「あなたのたいどもをやどらせないのはかみです。わたしがかみかわることができようか」。

    3 ラケルはった、「わたしのつかえめビルハがいます。彼女かのじょところにおはいりなさい。彼女かのじょんで、わたしのひざにきます。そうすれば、わたしもまた彼女かのじょによってつでしょう」。

    4 ラケルはつかえめビルハをかれあたえて、つまとさせたので、ヤコブは彼女かのじょところにはいった。

    5 ビルハは、みごもってヤコブにんだ。

    6 そこでラケルは、「かみはわたしのうったえにこたえ、またわたしのこえいて、わたしにたまわった」とって、をダンとづけた。

    7 ラケルのつかえめビルハはまた、みごもってだい二のをヤコブにんだ。

    8 そこでラケルは、「わたしははげしいあらそいで、あねあらそってった」とって、をナフタリとづけた。

    9 さてレアは自分じぶんむことのやんだのをたとき、つかえめジルパをり、つまとしてヤコブにあたえた。

    10 レアのつかえめジルパはヤコブにんだ。

    11 そこでレアは、「幸運こううんがきた」とって、をガドとづけた。

    12 レアのつかえめジルパはだい二のをヤコブにんだ。

    13 そこでレアは、「わたしは、しあわせです。むすめたちはわたしをしあわせなものうでしょう」とって、をアセルとづけた。

    14 さてルベンはむぎりのて、こいなすびをつけ、それをははレアのもとにってきた。ラケルはレアにった、「あなたのこいなすびをどうぞわたしにください」。

    15 レアはラケルにった、「あなたがわたしのおっとったのはちいさなことでしょうか。そのうえ、あなたはまたわたしのこいなすびをもろうとするのですか」。ラケルはった、「それではあなたのこいなすびにえて、今夜こんやかれをあなたとともさせましょう」。

    16 夕方ゆうがたになって、ヤコブがからかえってきたので、レアはかれ出迎でむかえてった、「わたしのこいなすびをもって、わたしがあなたをやとったのですから、あなたはわたしのところに、はいらなければなりません」。ヤコブはそのレアとともた。

    17 かみはレアのねがいをかれたので、彼女かのじょはみごもって五番目ばんめをヤコブにんだ。

    18 そこでレアは、「わたしがつかえめをおっとあたえたから、かみがわたしにそのあたいたまわったのです」とって、をイッサカルとづけた。

    19 レアはまた、みごもって六番目ばんめをヤコブにんだ。

    20 そこでレアは、「かみはわたしに賜物たまものをたまわった。わたしは六にんおっとんだから、いまこそかれはわたしと一緒いっしょむでしょう」とって、そのをゼブルンとづけた。

    21 そののち彼女かのじょはひとりのむすめんで、をデナとづけた。

    22 つぎかみはラケルをこころにとめられ、彼女かのじょねがいをき、そのたいひらかれたので、

    23 彼女かのじょは、みごもっておとこみ、「かみはわたしのはじをすすいでくださった」とって、

    24 をヨセフとづけ、「しゅがわたしに、なおひとりのくわえられるように」とった。

    25 ラケルがヨセフをんだとき、ヤコブはラバンにった、「わたしをらせて、わたしの故郷こきょう、わたしのくにかせてください。

    26 あなたにつかえてたわたしの妻子さいしを、わたしにあたえてかせてください。わたしがあなたのためにはたらいた骨折ほねおりは、あなたがごぞんじです」。

    27 ラバンはかれった、「もし、あなたのこころにかなうなら、とどまってください。わたしはしゅがあなたのゆえに、わたしをめぐまれるしるしをました」。

    28 またった、「あなたの報酬ほうしゅうもうてください。わたしはそれをはらいます」。

    29 ヤコブはかれった、「わたしがどのようにあなたにつかえたか、またどのようにあなたの家畜かちくったかは、あなたがごぞんじです。

    30 わたしがまえには、あなたのっておられたものはわずかでしたが、ふえておおくなりました。しゅはわたしのところどこでも、あなたをめぐまれました。しかし、いつになったらわたしも自分じぶんいえすようになるでしょうか」。

    31 かれった、「なにをあなたにあげようか」。ヤコブはった、「なにもわたしにくださるにおよびません。もしあなたが、わたしのためにこの一つのことをしてくださるなら、わたしはいまあなたのれをい、まもりましょう。

    32 わたしはきょう、あなたのれをみなまわってみて、そのなかからすべてぶちとまだらのひつじ、およびすべてくろ小羊こひつじと、やぎのなかのまだらのものと、ぶちのものとをうつしますが、これをわたしの報酬ほうしゅうとしましょう。

    33 あとで、あなたがきて、あなたのまえでわたしの報酬ほうしゅうをしらべるとき、わたしのただしいこと証明しょうめいされるでしょう。もしも、やぎのなかにぶちのないもの、まだらでないものがあったり、小羊こひつじなかくろくないものがあれば、それはみなわたしがぬすんだものとなるでしょう」。

    34 ラバンはった、「よろしい。あなたのわれるとおりにしましょう」。

    35 そこでラバンはそのやぎのしまのあるもの、まだらのもの、すべてやぎのぶちのもの、まだらのもの、すべてしろみをおびているもの、またすべて小羊こひつじなかくろいものをうつしてらのにわたし、

    36 ヤコブとのあいだに三へだたりをもうけた。ヤコブはラバンののこりのれをった。

    37 ヤコブは、はこやなぎと、あめんどうと、すずかけののなまのえだり、かわをはいでそれにしろすじをつくり、えだしろところあらわし、

    38 かわをはいだえだを、れがきてみずはち、すなわちみずぶねのなかに、れにかわせていた。れはみずみにきたときに、はらんだ。

    39 すなわちれはえだまえで、はらんで、しまのあるもの、ぶちのもの、まだらのものをんだ。

    40 ヤコブはその小羊こひつじべつにおいた。かれはまたれのかおをラバンのれのしまのあるものと、すべてくろいものとにかわせた。そして自分じぶんれをべつにまとめておいて、ラバンのれには、れなかった。

    41 またれのつよいものが発情はつじょうしたときには、ヤコブはみずぶねのなかに、そのれのまえに、かのえだいて、えだあいだで、はらませた。

    42 けれどもれのよわいもののときには、それをかなかった。こうしてよわいものはラバンのものとなり、つよいものはヤコブのものとなったので、

    43 このひとおおいにみ、おおくのれと、男女だんじょ奴隷どれい、およびらくだ、ろばをつようになった。