創世記18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 しゅはマムレのテレビンののかたわらでアブラハムにあらわれられた。それはひるあついころで、かれ天幕てんまく入口いりぐちにすわっていたが、

    2 げてると、三にんひとかれかってっていた。かれはこれをて、天幕てんまく入口いりぐちからはしってってかれらをむかえ、をかがめて、

    3 った、「わがしゅよ、もしわたしがあなたのまえめぐみをているなら、どうぞしもべをとおごさないでください。

    4 みずをすこしってこさせますから、あなたがたはあしあらって、このしたでおやすみください。

    5 わたしは一口ひとくちのパンをってきます。元気げんきをつけて、それからおかけください。せっかくしもべのところにおいでになったのですから」。かれらはった、「お言葉ことばどおりにしてください」。

    6 そこでアブラハムはいそいで天幕てんまくり、サラのところってった、「いそいでこまかい麦粉むぎこ三セヤをとり、こねてパンをつくりなさい」。

    7 アブラハムはうしれにはしってき、やわらかなうしって若者わかものわたしたので、いそいで調理ちょうりした。

    8 そしてアブラハムは凝乳ぎょうにゅう牛乳ぎゅうにゅうおよびうし調理ちょうりしたものをって、かれらのまえそなえ、したかれらのかたわらにって給仕きゅうじし、かれらは食事しょくじした。

    9 かれらはアブラハムにった、「あなたのつまサラはどこにおられますか」。かれった、「天幕てんまくなかです」。

    10 そのひとりがった、「来年らいねんはる、わたしはかならずあなたのところかえってきましょう。そのとき、あなたのつまサラにはおとこうまれているでしょう」。サラはうしろのほう天幕てんまく入口いりぐちいていた。

    11 さてアブラハムとサラとはとしがすすみ、老人ろうじんとなり、サラはおんなつきのものが、すでにまっていた。

    12 それでサラはこころなかわらってった、「わたしはおとろえ、主人しゅじんもまた老人ろうじんであるのに、わたしにたのしみなどありえようか」。

    13 しゅはアブラハムにわれた、「なぜサラは、わたしは老人ろうじんであるのに、どうしてむことができようかとってわらったのか。

    14 しゅにとって不可能ふかのうなことがありましょうか。来年らいねんはるさだめのときに、わたしはあなたのところかえってきます。そのときサラにはおとこうまれているでしょう」。

    15 サラはおそれたので、これをしてった、「わたしはわらいません」。しゅわれた、「いや、あなたはわらいました」。

    16 その人々ひとびとはそこをってソドムのほうかったので、アブラハムはかれらを見送みおくってともった。

    17 ときしゅわれた、「わたしのしようとすることをアブラハムにかくしてよいであろうか。

    18 アブラハムはかならおおきなつよ国民こくみんとなって、のすべてのたみがみな、かれによって祝福しゅくふくけるのではないか。

    19 わたしはかれのちらと家族かぞくとにめいじてしゅみちまもらせ、正義せいぎ公道こうどうとをおこなわせるためにかれったのである。これはしゅがかつてアブラハムについてったことかれうえのぞませるためである」。

    20 しゅはまたわれた、「ソドムとゴモラのさけびはおおきく、またそのつみ非常ひじょうおもいので、

    21 わたしはいまくだって、わたしにとどいたさけびのとおりに、すべてかれらがおこなっているかどうかをて、それをろう」。

    22 その人々ひとびとはそこからめぐらしてソドムのほうったが、アブラハムはなお、しゅまえっていた。

    23 アブラハムは近寄ちかよってった、「まことにあなたはただしいものを、わるもの一緒いっしょほろぼされるのですか。

    24 たとい、あのまちに五十にんただしいものがあっても、あなたはなお、そのところほろぼし、そのなかにいる五十にんただしいもののためにこれをゆるされないのですか。

    25 ただしいものわるものとを一緒いっしょころすようなことを、あなたはけっしてなさらないでしょう。ただしいものわるものとをおなじようにすることも、あなたはけっしてなさらないでしょう。ぜんをさばくもの公義こうぎおこなうべきではありませんか」。

    26 しゅわれた、「もしソドムでまちなかに五十にんただしいものがあったら、その人々ひとびとのためにそのところをすべてゆるそう」。

    27 アブラハムはこたえてった、「わたしはちりはいぎませんが、あえてわがしゅもうします。

    28 もし五十にんただしいもののうち五にんけたなら、その五にんけたためにまちまったほろぼされますか」。しゅわれた、「もしそこに四十五にんいたら、ほろぼさないであろう」。

    29 アブラハムはまたかさねてしゅった、「もしそこに四十にんいたら」。しゅわれた、「その四十にんのために、これをしないであろう」。

    30 アブラハムはった、「わがしゅよ、どうかおいかりにならぬよう。わたしはもうします。もしそこに三十にんいたら」。しゅわれた、「そこに三十にんいたら、これをしないであろう」。

    31 アブラハムはった、「いまわたしはあえてわがしゅもうします。もしそこに二十にんいたら」。しゅわれた、「わたしはその二十にんのためにほろぼさないであろう」。

    32 アブラハムはった、「わがしゅよ、どうかおいかりにならぬよう。わたしはいま一もうします、もしそこに十にんいたら」。しゅわれた、「わたしはその十にんのためにほろぼさないであろう」。

    33 しゅはアブラハムとかたおわり、ってかれた。アブラハムは自分じぶんところかえった。