聖典
創世記2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 こうしててんと、その万象ばんしょうとが完成かんせいした。

2 かみだいにちにその作業さぎょうえられた。すなわち、そのすべての作業さぎょうおわってだいにちやすまれた。

3 かみはそのだいにち祝福しゅくふくして、これを聖別せいべつされた。かみがこのに、そのすべての創造そうぞうのわざをおわってやすまれたからである。

4 これが天地てんち創造そうぞう由来ゆらいである。しゅなるかみてんとをつくられたとき

5 にはまだもなく、またくさもはえていなかった。しゅなるかみあめらせず、またつちたがやひともなかったからである。

6 しかしからいずみがわきあがってつち全面ぜんめんうるおしていた。

7 しゅなるかみつちのちりでひとつくり、いのちいきをそのはなきいれられた。そこでひときたものとなった。

8 しゅなるかみひがしのかた、エデンに一つのそのもうけて、そのつくったひとをそこにかれた。

9 またしゅなるかみは、うつくしく、べるにいすべてのつちからはえさせ、さらその中央ちゅうおういのちと、善悪ぜんあくとをはえさせられた。

10 また一つのかわがエデンからながそのうるおし、そこからわかれて四つのかわとなった。

11 そのだい一のはピソンといい、きんのあるハビラのぜんをめぐるもので、

12 そのきんく、またそこはブドラクと、しまめのうとをさんした。

13 だい二のかわはギホンといい、クシのぜんをめぐるもの。

14 だい三のかわはヒデケルといい、アッスリヤのひがしながれるもの。だい四のかわはユフラテである。

15 しゅなるかみひとれてってエデンのそのき、これをたがやさせ、これをまもらせられた。

16 しゅなるかみはそのひとめいじてわれた、「あなたはそののどのからでもこころのままにってべてよろしい。

17 しかし善悪ぜんあくからはってべてはならない。それをってべると、きっとぬであろう」。

18 またしゅなるかみわれた、「ひとがひとりでいるのはくない。かれのために、ふさわしいたすつくろう」。

19 そしてしゅなるかみのすべてのけものと、そらのすべてのとりとをつちつくり、ひとのところへれてきて、かれがそれにどんなをつけるかをられた。ひとがすべてものあたえるは、そのとなるのであった。

20 それでひとは、すべての家畜かちくと、そらとりと、のすべてのけものとにをつけたが、ひとにはふさわしいたすつからなかった。

21 そこでしゅなるかみひとふかねむらせ、ねむったときに、そのあばらぼねの一つをって、そのところにくでふさがれた。

22 しゅなるかみひとからったあばらぼねでひとりのおんなつくり、ひとのところへれてこられた。

23 そのとき、ひとった。「これこそ、ついにわたしのほねほね、わたしのにくにくおとこからったものだから、これをおんなづけよう」。

24 それでひとはそのちちはははなれて、つまむすい、一体いったいとなるのである。

25 ひととそのつまとは、ふたりともはだかであったが、ずかしいとはおもわなかった。