聖典
創世記5
戻る 次へ

第5章

1 アダムの系図けいずつぎのとおりである。かみひと創造そうぞうされたときかみをかたどってつくり、

2 かれらをおとこおんなとに創造そうぞうされた。かれらが創造そうぞうされたときかみかれらを祝福しゅくふくして、そのをアダムとづけられた。

3 アダムは百三十さいになって、自分じぶんにかたどり、自分じぶんのかたちのようなおとこみ、そのをセツとづけた。

4 アダムがセツをんでのちきたとしは八百ねんであって、ほかに男子だんし女子じょしんだ。

5 アダムのきたとしわせて九百三十さいであった。そしてかれんだ。

6 セツは百五さいになって、エノスをんだ。

7 セツはエノスをんだのち、八百七ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

8 セツのとしわせて九百十二さいであった。そしてかれんだ。

9 エノスは九十さいになって、カイナンをんだ。

10 エノスはカイナンをんだのち、八百十五ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

11 エノスのとしわせて九百五さいであった。そしてかれんだ。

12 カイナンは七十さいになって、マハラレルをんだ。

13 カイナンはマハラレルをんだのち、八百四十ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

14 カイナンのとしわせて九百十さいであった。そしてかれんだ。

15 マハラレルは六十五さいになって、ヤレドをんだ。

16 マハラレルはヤレドをんだのち、八百三十ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

17 マハラレルのとしわせて八百九十五さいであった。そしてかれんだ。

18 ヤレドは百六十二さいになって、エノクをんだ。

19 ヤレドはエノクをんだのち、八百ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

20 ヤレドのとしわせて九百六十二さいであった。そしてかれんだ。

21 エノクは六十五さいになって、メトセラをんだ。

22 エノクはメトセラをんだのち、三百ねんかみとともにあゆみ、男子だんし女子じょしんだ。

23 エノクのとしわせて三百六十五さいであった。

24 エノクはかみとともにあゆみ、かみかれられたので、いなくなった。

25 メトセラは百八十七さいになって、レメクをんだ。

26 メトセラはレメクをんだのち、七百八十二ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

27 メトセラのとしわせて九百六十九さいであった。そしてかれんだ。

28 レメクは百八十二さいになって、おとこみ、

29 「このこそ、しゅをのろわれたため、骨折ほねおはたらくわれわれをなぐさめるもの」とって、そのをノアとづけた。

30 レメクはノアをんだのち、五百九十五ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

31 レメクのとしわせて七百七十七さいであった。そしてかれんだ。

32 ノアは五百さいになって、セム、ハム、ヤペテをんだ。