聖典
創世記25
戻る 次へ

第25章

1 アブラハムはふたたつまをめとった。をケトラという。

2 彼女かのじょはジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデアン、イシバクおよびシュワをんだ。

3 ヨクシャンのはシバとデダン。デダンの子孫しそんはアシュリびと、レトシびと、レウミびとである。

4 ミデアンの子孫しそんはエパ、エペル、ヘノク、アビダ、エルダアであって、これらはみなケトラの子孫しそんであった。

5 アブラハムはその所有しょゆうをことごとくイサクにあたえた。

6 またそのそばめたちのらにもアブラハムはものあたえ、なおきているあいだかれらをそのイサクからはなして、ひがしほうひがしくにうつらせた。

7 アブラハムのきながらえたとしは百七十五ねんである。

8 アブラハムは高齢こうれいたっし、老人ろうじんとなり、としちていきえ、んでそのたみくわえられた。

9 そのイサクとイシマエルはかれをヘテびとゾハルのエフロンのはたけにあるマクペラのほらあなほうむった。これはマムレのかいにあり、

10 アブラハムがヘテの人々ひとびとから、ったはたけであって、そこにアブラハムとそのつまサラがほうむられた。

11 アブラハムがんだのちかみはそのイサクを祝福しゅくふくされた。イサクはベエル・ラハイ・ロイのほとりにんだ。

12 サラのつかえめエジプトびとハガルがアブラハムにんだアブラハムのイシマエルの系図けいずつぎのとおりである。

13 イシマエルのらの世代せだいにしたがって、そのをいえばつぎのとおりである。すなわちイシマエルの長子ちょうしはネバヨテ、つぎはケダル、アデビエル、ミブサム、

14 ミシマ、ドマ、マッサ、

15 ハダデ、テマ、エトル、ネフシ、ケデマ。

16 これはイシマエルのらであり、むら宿営しゅくえいとによるであって、その氏族しぞくによる十二にんきみたちである。

17 イシマエルのよわいは百三十七ねんである。かれいきえてに、そのたみくわえられた。

18 イシマエルのらはハビラからエジプトのひがし、シュルまでのあいだんで、アシュルにおよんだ。イシマエルはすべての兄弟きょうだいひがしんだ。

19 アブラハムのイサクの系図けいずつぎのとおりである。アブラハムのはイサクであって、

20 イサクは四十さいとき、パダンアラムのアラムびとベトエルのむすめで、アラムびとラバンのいもうとリベカをつまにめとった。

21 イサクはつままなかったので、つまのためにしゅいのねがった。しゅはそのねがいをかれ、つまリベカはみごもった。

22 ところがそのらが胎内たいないったので、リベカはった、「こんなことでは、わたしはどうなるでしょう」。彼女かのじょってしゅたずねた。

23 しゅ彼女かのじょわれた、「二つの国民こくみんがあなたの胎内たいないにあり、二つのたみがあなたのはらからわかれてる。一つのたみたみよりもつよく、あにおとうとつかえるであろう」。

24 彼女かのじょ出産しゅっさんがきたとき、胎内たいないにはふたごがあった。

25 さきにたのはあかくて全身ぜんしんごろものようであった。それでをエサウとづけた。

26 そののちおとうとた。そのはエサウのかかとをつかんでいた。それでをヤコブとづけた。リベカがかれらをんだとき、イサクは六十さいであった。

27 さてそのらは成長せいちょうし、エサウはたくみな狩猟者しゅりょうしゃとなり、ひととなったが、ヤコブはおだやかなひとで、天幕てんまくんでいた。

28 イサクは、しかのにくきだったので、エサウをあいしたが、リベカはヤコブをあいした。

29 あるヤコブが、あつものをていたとき、エサウはつかれてからかえってきた。

30 エサウはヤコブにった、「わたしはつかれた。おねがいだ。あかいもの、そのあかいものをわたしにべさせてくれ」。かれをエドムとばれたのはこのためである。

31 ヤコブはった、「まずあなたの長子ちょうし特権とっけんをわたしにりなさい」。

32 エサウはった、「わたしはにそうだ。長子ちょうし特権とっけんなどわたしになにになろう」。

33 ヤコブはまたった、「まずわたしにちかいなさい」。かれちかって長子ちょうし特権とっけんをヤコブにった。

34 そこでヤコブはパンとレンズまめのあつものとをエサウにあたえたので、かれいして、った。このようにしてエサウは長子ちょうし特権とっけんかろんじた。