創世記12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 ときしゅはアブラムにわれた、「あなたはくにて、親族しんぞくわかれ、ちちいえはなれ、わたしがしめきなさい。

    2 わたしはあなたをおおいなる国民こくみんとし、あなたを祝福しゅくふくし、あなたのおおきくしよう。あなたは祝福しゅくふくもといとなるであろう。

    3 あなたを祝福しゅくふくするものをわたしは祝福しゅくふくし、あなたをのろうものをわたしはのろう。のすべてのやからは、あなたによって祝福しゅくふくされる」。

    4 アブラムはしゅわれたようにいでった。ロトもかれともった。アブラムはハランをたとき七十五さいであった。

    5 アブラムはつまサライと、おとうとロトと、あつめたすべての財産ざいさんと、ハランで人々ひとびととをたずさえてカナンにこうとしていでち、カナンのにきた。

    6 アブラムはそのとおってシケムのところ、モレのテレビンののもとにいた。そのころカナンびとがそのにいた。

    7 ときしゅはアブラムにあらわれてわれた、「わたしはあなたの子孫しそんにこのあたえます」。アブラムはかれあらわれたしゅのために、そこに祭壇さいだんきずいた。

    8 かれはそこからベテルのひがしやまうつって天幕てんまくった。西にしにはベテル、ひがしにはアイがあった。そこにかれしゅのために祭壇さいだんきずいて、しゅんだ。

    9 アブラムはなおすすんでネゲブにうつった。

    10 さて、そのにききんがあったのでアブラムはエジプトに寄留きりゅうしようと、そこにくだった。ききんがそのはげしかったからである。

    11 エジプトにはいろうとして、そこにちかづいたとき、かれつまサライにった、「わたしはあなたがうつくしいおんなであるのをっています。

    12 それでエジプトびとがあなたをとき、これはかれつまであるとってわたしをころし、あなたをかしておくでしょう。

    13 どうかあなたは、わたしのいもうとだとってください。そうすればわたしはあなたのおかげで無事ぶじであり、わたしのいのちはあなたによってたすかるでしょう」。

    14 アブラムがエジプトにはいったときエジプトびとはこのおんなて、たいそううつくしいひとであるとし、

    15 またパロの高官こうかんたちも彼女かのじょてパロのまえでほめたので、おんなはパロのいえれられた。

    16 パロは彼女かのじょのゆえにアブラムをあつくもてなしたので、アブラムはおおくのひつじうし雌雄しゆうのろば、男女だんじょ奴隷どれいおよび、らくだをた。

    17 ところでしゅはアブラムのつまサライのゆえに、はげしい疫病えきびょうをパロとそのいえくだされた。

    18 パロはアブラムをせてった、「あなたはわたしになんということをしたのですか。なぜ彼女かのじょつまであるのをわたしにげなかったのですか。

    19 あなたはなぜ、彼女かのじょはわたしのいもうとですとったのですか。わたしは彼女かのじょつまにしようとしていました。さあ、あなたのつまはここにいます。れてってください」。

    20 パロはかれことについて人々ひとびとめいじ、かれとそのつまおよびそのすべてのものおくらせた。