創世記8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 かみはノアと、箱舟はこぶねなかにいたすべてのものと、すべての家畜かちくとをこころにとめられた。かみかぜうえかせられたので、みず退しりぞいた。

    2 またふちみなもとと、てんまどとはざされて、てんからあめらなくなった。

    3 それでみずはしだいにうえからいて、百五十にちのちにはみずり、

    4 箱舟はこぶねは七がつ十七にちにアララテのやまにとどまった。

    5 みずはしだいにって、十がつになり、十がつにち山々やまやまいただきあらわれた。

    6 四十にちたって、ノアはそのつくった箱舟はこぶねまどひらいて、

    7 からすをはなったところ、からすはうえからみずがかわききるまで、あちらこちらへびまわった。

    8 ノアはまたのおもてから、みずがひいたかどうかをようと、かれところから、はとをはなったが、

    9 はとはあしうらをとどめるところつからなかったので、箱舟はこぶねのノアのもとにかえってきた。みずがまだぜんのおもてにあったからである。かれべて、これをとらえ、箱舟はこぶねなかかれのもとにれた。

    10 それから七日なぬかってふたたびはとを箱舟はこぶねからはなった。

    11 はとは夕方ゆうがたになってかれのもとにかえってきた。ると、そのくちばしには、オリブの若葉わかばがあった。ノアはからみずがひいたのをった。

    12 さらに七日なぬかってまた、はとをはなったところ、もはやかれのもとにはかえってこなかった。

    13 六百一さいの一がつにちになって、うえみずはかれた。ノアが箱舟はこぶねのおおいをのぞいてると、つちのおもては、かわいていた。

    14 がつ二十七にちになって、まったくかわいた。

    15 このときかみはノアにわれた、

    16 「あなたはつまと、らと、らのつまたちととも箱舟はこぶねなさい。

    17 あなたは、ともにいるにくなるすべてのもの、すなわちとり家畜かちくと、のすべてのうものとをれてて、これらのものがむらがり、うえにふえひろがるようにしなさい」。

    18 ノアはともにいたらと、つまと、らのつまたちとをれてた。

    19 またすべてのけもの、すべてのうもの、すべてのとり、すべてうえうごくものはみな種類しゅるいにしたがって箱舟はこぶねた。

    20 ノアはしゅ祭壇さいだんきずいて、すべてのきよけものと、すべてのきよとりとのうちからって、燔祭はんさい祭壇さいだんうえにささげた。

    21 しゅはそのこうばしいかおりをかいで、こころわれた、「わたしはもはや二ひとのゆえにをのろわない。ひとこころおもはかることは、おさなときからわるいからである。わたしは、このたびしたように、もう二と、すべてのきたものをほろぼさない。

    22 のあるかぎり、たねまきのときも、刈入かりいれのときも、あつさむさも、なつふゆも、ひるよるもやむことはないであろう」。