創世記33
    脚注
    Theme

    第33章

    1 さてヤコブはをあげ、エサウが四百にんひきいてるのをた。そこでかれ子供こどもたちをけてレアとラケルとふたりのつかえめとにわたし、

    2 つかえめとそのともたちをまっさきき、レアとそのともたちをつぎき、ラケルとヨセフを最後さいごいて、

    3 みずからかれらのまえすすみ、七たびにかがめて、あにちかづいた。

    4 するとエサウははしってきてむかえ、かれき、そのくびをかかえてくちづけし、ともいた。

    5 エサウはをあげておんな子供こどもたちをった、「あなたと一緒いっしょにいるこれらのものはだれですか」。ヤコブはった、「かみがしもべにさづけられた子供こどもたちです」。

    6 そこでつかえめたちはそのともたちととも近寄ちかよってお辞儀じぎした。

    7 レアもまたそのともたちととも近寄ちかよってお辞儀じぎし、それからヨセフとラケルが近寄ちかよってお辞儀じぎした。

    8 するとエサウはった、「わたしが出会であったあのすべてのれはどうしたのですか」。ヤコブはった、「わがしゅまえめぐみをるためです」。

    9 エサウはった、「おとうとよ、わたしはじゅうぶんもっている。あなたのものはあなたのものにしなさい」。

    10 ヤコブはった、「いいえ、もしわたしがあなたのまえめぐみをるなら、どうか、わたしのからおくものけてください。あなたがよろこんでわたしをむかえてくださるので、あなたのかおて、かみかおるようにおもいます。

    11 どうかわたしがってきたおくものけてください。かみがわたしをめぐまれたので、わたしはじゅうぶんもっていますから」。こうしてかれがしいたので、かれった。

    12 そしてエサウはった、「さあ、ってこう。わたしがさきく」。

    13 ヤコブはかれった、「ごぞんじのように、子供こどもたちは、かよわく、またちちませているひつじうしをわたしが世話せわをしています。もし一にちでもあるかせぎたられはみなんでしまいます。

    14 わがしゅよ、どうか、しもべのさきにおいでください。わたしはわたしのまえにいる家畜かちく子供こどもたちのあゆみにわせて、ゆっくりあるいてき、セイルでわがしゅ一緒いっしょになりましょう」。

    15 エサウはった、「それならわたしがれているものどものうちいくひとかをあなたのもとにのこしましょう」。ヤコブはった、「いいえ、それにはおよびません。わがしゅまえめぐみをさせてください」。

    16 そのエサウはセイルへの帰途きとについた。

    17 ヤコブはってスコテにき、自分じぶんのためにいえて、また家畜かちくのために小屋こやつくった。これによってそのところはスコテとばれている。

    18 こうしてヤコブはパダンアラムからきて、無事ぶじカナンののシケムのまちき、まちまえ宿営しゅくえいした。

    19 かれ天幕てんまくった一部いちぶをシケムのちちハモルのらのから百ケシタでり、

    20 そこに祭壇さいだんてて、これをエル・エロヘ・イスラエルとづけた。