創世記36
    脚注
    Theme

    第36章

    1 エサウ、すなわちエドムの系図けいずつぎのとおりである。

    2 エサウはカナンのむすめたちのうちからつまをめとった。すなわちヘテびとエロンのむすめアダと、ヒビびとヂベオンのアナのむすめアホリバマとである。

    3 また、イシマエルのむすめネバヨテのいもうとバスマテをめとった。

    4 アダはエリパズをエサウにみ、バスマテはリウエルをみ、

    5 アホリバマはエウシ、ヤラム、コラをんだ。これらはエサウのであって、カナンのかれうまれたものである。

    6 エサウはつまむすめいえのすべてのひと家畜かちくとすべてのけもの、またカナンのたすべての財産ざいさんたずさえ、兄弟きょうだいヤコブをはなれてほかのった。

    7 かれらの財産ざいさんおおくて、一緒いっしょにいることができなかったからである。すなわちかれらが寄留きりゅうしたかれらの家畜かちくのゆえに、かれらをささえることができなかったのである。

    8 こうしてエサウはセイルの山地さんちんだ。エサウはすなわちエドムである。

    9 セイルの山地さんちにおったエドムびとの先祖せんぞエサウの系図けいずつぎのとおりである。

    10 エサウのらのつぎのとおりである。すなわちエサウのつまアダのはエリパズ。エサウのつまバスマテのはリウエル。

    11 エリパズのらはテマン、オマル、ゼポ、ガタム、ケナズである。

    12 テムナはエサウのエリパズのそばめで、アマレクをエリパズにんだ。これらはエサウのつまアダのらである。

    13 リウエルのらはつぎのとおりである。すなわちナハテ、ゼラ、シャンマ、ミザであって、これらはエサウのつまバスマテのらである。

    14 ヂベオンのアナのむすめで、エサウのつまアホリバマのらはつぎのとおりである。すなわち彼女かのじょはエウシ、ヤラム、コラをエサウにんだ。

    15 エサウのらのなかで、ぞくちょうたるものつぎのとおりである。すなわちエサウの長子ちょうしエリパズのらはテマンの族長ぞくちょう、オマルの族長ぞくちょう、ゼポの族長ぞくちょう、ケナズの族長ぞくちょう

    16 コラの族長ぞくちょう、ガタムの族長ぞくちょう、アマレクの族長ぞくちょうである。これらはエリパズから族長ぞくちょうで、エドムのにおった。これらはアダのらである。

    17 エサウのリウエルのらはつぎのとおりである。すなわちナハテの族長ぞくちょう、ゼラの族長ぞくちょう、シャンマの族長ぞくちょう、ミザの族長ぞくちょう。これらはリウエルから族長ぞくちょうで、エドムのにおった。これらはエサウのつまバスマテのらである。

    18 エサウのつまアホリバマのらはつぎのとおりである。すなわちエウシの族長ぞくちょう、ヤラムの族長ぞくちょう、コラの族長ぞくちょう。これらはアナのむすめで、エサウのつまアホリバマから族長ぞくちょうである。

    19 これらはエサウすなわちエドムのらで、ぞくちょうたるものである。

    20 この住民じゅうみんホリびとセイルのらはつぎのとおりである。すなわちロタン、ショバル、ヂベオン、アナ、

    21 デション、エゼル、デシャン。これらはセイルのホリびとから族長ぞくちょうで、エドムのにおった。

    22 ロタンのらはホリ、ヘマムであり、ロタンのいもうとはテムナであった。

    23 ショバルのらはつぎのとおりである。すなわちアルワン、マナハテ、エバル、シポ、オナム。

    24 ヂベオンのらはつぎのとおりである。すなわちアヤとアナ。このアナはちちヂベオンのろばをっていたとき荒野あらの温泉おんせん発見はっけんしたものである。

    25 アナのらはつぎのとおりである。すなわちデションとアホリバマ。アホリバマはアナのむすめである。

    26 デションのらはつぎのとおりである。すなわちヘムダン、エシバン、イテラン、ケラン。

    27 エゼルのらはつぎのとおりである。すなわちビルハン、ザワン、アカン。

    28 デシャンのらはつぎのとおりである。すなわちウズとアラン。

    29 ホリびとから族長ぞくちょうつぎのとおりである。すなわちロタンの族長ぞくちょう、ショバルの族長ぞくちょう、ヂベオンの族長ぞくちょう、アナの族長ぞくちょう

    30 デションの族長ぞくちょう、エゼルの族長ぞくちょう、デシャンの族長ぞくちょう。これらはホリびとから族長ぞくちょうであって、その氏族しぞくしたがってセイルのにおったものである。

    31 イスラエルの人々ひとびとおさめるおうがまだなかったとき、エドムのおさめたおうたちはつぎのとおりである。

    32 ベオルのベラはエドムをおさめ、そのみやこはデナバであった。

    33 ベラがんで、ボズラのゼラのヨバブがこれにかわっておうとなった。

    34 ヨバブがんで、テマンびとののホシャムがこれにかわっておうとなった。

    35 ホシャムがんで、ベダデのハダデがこれにかわっておうとなった。かれはモアブのでミデアンをったものである。そのみやこはアビテであった。

    36 ハダデがんで、マスレカのサムラがこれにかわっておうとなった。

    37 サムラがんでユフラテかわのほとりにあるレホボテのサウルがこれにかわっておうとなった。

    38 サウルがんでアクボルのバアル・ハナンがこれにかわっておうとなった。

    39 アクボルのバアル・ハナンがんで、ハダルがこれにかわっておうとなった。そのみやこはパウであった。そのつまはメヘタベルといって、メザハブのむすめマテレデのむすめであった。

    40 エサウから族長ぞくちょうは、その氏族しぞく住所じゅうしょしたがってえばつぎのとおりである。すなわちテムナの族長ぞくちょう、アルワの族長ぞくちょう、エテテの族長ぞくちょう

    41 アホリバマの族長ぞくちょう、エラの族長ぞくちょう、ピノンの族長ぞくちょう

    42 ケナズの族長ぞくちょう、テマンの族長ぞくちょう、ミブザルの族長ぞくちょう

    43 マグデエルの族長ぞくちょう、イラムの族長ぞくちょう。これらはエドムの族長ぞくちょうたちであって、その領地りょうちうち住所じゅうしょしたがっていったものである。エドムびとの先祖せんぞはエサウである。