創世記16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 アブラムのつまサライはまなかった。彼女かのじょにひとりのつかえめがあった。エジプトのおんなをハガルといった。

    2 サライはアブラムにった、「しゅはわたしにをおさづけになりません。どうぞ、わたしのつかえめのところにおはいりください。彼女かのじょによってわたしはをもつことになるでしょう」。アブラムはサライの言葉ことばきいれた。

    3 アブラムのつまサライはそのつかえめエジプトのおんなハガルをとって、おっとアブラムにつまとしてあたえた。これはアブラムがカナンのに十ねんんだのちであった。

    4 かれはハガルのところにはいり、ハガルはをはらんだ。彼女かのじょ自分じぶんのはらんだのをて、おんな主人しゅじん見下みさげるようになった。

    5 そこでサライはアブラムにった、「わたしがけたがいはあなたの責任せきにんです。わたしのつかえめをあなたのふところにあたえたのに、彼女かのじょ自分じぶんのはらんだのをて、わたしを見下さげます。どうか、しゅがあなたとわたしのあいだをおさばきになるように」。

    6 アブラムはサライにった、「あなたのつかえめはあなたののうちにある。あなたのきなように彼女かのじょにしなさい」。そしてサライが彼女かのじょくるしめたので、彼女かのじょはサライのかおけてげた。

    7 しゅ使つかい荒野あらのにあるいずみのほとり、すなわちシュルのみちにあるいずみのほとりで、彼女かのじょい、

    8 そしてった、「サライのつかえめハガルよ、あなたはどこからきたのですか、またどこへくのですか」。彼女かのじょった、「わたしはおんな主人しゅじんサライのかおけてげているのです」。

    9 しゅ使つかい彼女かのじょった、「あなたはおんな主人しゅじんのもとにかえって、そのまかせなさい」。

    10 しゅ使つかいはまた彼女かのじょった、「わたしはおおいにあなたの子孫しそんして、かぞえきれないほどにおおくしましょう」。

    11 しゅ使つかいはまた彼女かのじょった、「あなたは、みごもっています。あなたはおとこむでしょう。をイシマエルとづけなさい。しゅがあなたのくるしみをかれたのです。

    12 かれろばのようなひととなり、そのはすべてのひとさからい、すべてのひとかれさからい、かれはすべての兄弟きょうだいてきしてむでしょう」。

    13 そこで、ハガルは自分じぶんかたられたしゅんで、「あなたはエル・ロイです」とった。彼女かのじょが「ここでも、わたしをていられるかたのうしろをおがめたのか」とったことによる。

    14 それでその井戸いどは「ベエル・ラハイ・ロイ」とばれた。これはカデシとベレデのあいだにある。

    15 ハガルはアブラムにおとこんだ。アブラムはハガルがんだをイシマエルとづけた。

    16 ハガルがイシマエルをアブラムにんだとき、アブラムは八十六さいであった。