創世記22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 これらのことのちかみはアブラハムをこころみてかれわれた、「アブラハムよ」。かれった、「ここにおります」。

    2 かみわれた、「あなたの、あなたのあいするひとりイサクをれてモリヤのき、わたしがしめやまかれ燔祭はんさいとしてささげなさい」。

    3 アブラハムはあさはやくきて、ろばにくらをき、ふたりの若者わかものと、そのイサクとをれ、また燔祭はんさいのたきぎをり、ってかみしめされたところかけた。

    4 に、アブラハムはをあげて、はるかにその場所ばしょた。

    5 そこでアブラハムは若者わかものたちにった、「あなたがたは、ろばと一緒いっしょにここにいなさい。わたしとわらべはこうへって礼拝れいはいし、そののち、あなたがたのところかえってきます」。

    6 アブラハムは燔祭はんさいのたきぎをって、そのイサクにわせ、刃物はものとをって、ふたり一緒いっしょった。

    7 やがてイサクはちちアブラハムにった、「ちちよ」。かれこたえた、「よ、わたしはここにいます」。イサクはった、「とたきぎとはありますが、燔祭はんさい小羊こひつじはどこにありますか」。

    8 アブラハムはった、「よ、かみみずから燔祭はんさい小羊こひつじそなえてくださるであろう」。こうしてふたりは一緒いっしょった。

    9 かれらがかみしめされた場所ばしょにきたとき、アブラハムはそこに祭壇さいだんきずき、たきぎをならべ、そのイサクをしばって祭壇さいだんのたきぎのうえせた。

    10 そしてアブラハムがべ、刃物はものってそのころそうとしたとき

    11 しゅ使つかいてんからかれんでった、「アブラハムよ、アブラハムよ」。かれこたえた、「はい、ここにおります」。

    12 使つかいった、「わらべをにかけてはならない。またなにかれにしてはならない。あなたの、あなたのひとりをさえ、わたしのためにしまないので、あなたがかみおそれるものであることをわたしはいまった」。

    13 このときアブラハムがをあげてると、うしろに、つのをやぶにけている一とう雄羊おひつじがいた。アブラハムはってその雄羊おひつじとらえ、それをそののかわりに燔祭はんさいとしてささげた。

    14 それでアブラハムはそのところをアドナイ・エレとんだ。これにより、人々ひとびと今日こんにちもなお「しゅやまそなえあり」とう。

    15 しゅ使つかいふたたてんからアブラハムをんで、

    16 った、「しゅわれた、『わたしは自分じぶんをさしてちかう。あなたがこのことをし、あなたの、あなたのひとりをもしまなかったので、

    17 わたしはおおいにあなたを祝福しゅくふくし、おおいにあなたの子孫しそんをふやして、てんほしのように、はまべのすなのようにする。あなたの子孫しそんてきもんり、

    18 またのもろもろの国民こくみんはあなたの子孫しそんによって祝福しゅくふくるであろう。あなたがわたしの言葉ことばしたがったからである』」。

    19 アブラハムは若者わかものたちのところかえり、みなって、ともにベエルシバへった。そしてアブラハムはベエルシバにんだ。

    20 これらのことのち、あるひとがアブラハムにげてった、「ミルカもまたあなたの兄弟きょうだいナホルにどもをみました。

    21 長男ちょうなんはウヅ、おとうとはブズ、つぎはアラムのちちケムエル、

    22 つぎはケセデ、ハゾ、ピルダシ、エデラフ、ベトエルです」。

    23 ベトエルのはリベカであって、これら八にんはミルカがアブラハムの兄弟きょうだいナホルにんだのである。

    24 ナホルのそばめで、をルマというおんなもまたテバ、ガハム、タハシおよびマアカをんだ。