創世記29
    脚注
    Theme

    第29章

    1 ヤコブはそのたびつづけてひがしたみった。

    2 るとに一つの井戸いどがあって、そのかたわらにひつじの三つのれがしていた。人々ひとびとはその井戸いどかられにみずませるのであったが、井戸いどくちにはおおきないしがあった。

    3 れがみなそこにあつまると、人々ひとびと井戸いどくちからいしをころがしてひつじみずませ、そのいしをまた井戸いどくちもとのところにかえしておくのである。

    4 ヤコブは人々ひとびとった、「兄弟きょうだいたちよ、あなたがたはどこからこられたのですか」。かれらはった、「わたしたちはハランからです」。

    5 ヤコブはかれらにった、「あなたがたはナホルのラバンをっていますか」。かれらはった、「っています」。

    6 ヤコブはまたかれらにった、「かれ無事ぶじですか」。かれらはった、「無事ぶじです。御覧ごらんなさい。かれむすめラケルはいまひつじ一緒いっしょにここへきます」。

    7 ヤコブはった、「はまだたかいし、家畜かちくあつめるときでもない。あなたがたはひつじみずませてから、またっていなさい」。

    8 かれらはった、「わたしたちはそれはできないのです。れがみなあつまったうえで、井戸いどくちからいしをころがし、それからひつじみずませるのです」。

    9 ヤコブがなおかれらとかたっているときに、ラケルはちちひつじ一緒いっしょにきた。彼女かのじょひつじっていたからである。

    10 ヤコブはははあにラバンのむすめラケルとははあにラバンのひつじとをた。そしてヤコブはすすって井戸いどくちからいしをころがし、ははあにラバンのひつじみずませた。

    11 ヤコブはラケルにくちづけし、こえをあげていた。

    12 ヤコブはラケルに、自分じぶんがラケルのちちのおいであり、リベカのであることをげたので、彼女かのじょはしってってちちはなした。

    13 ラバンはいもうとヤコブがきたというらせをくとすぐ、はしってってヤコブをむかえ、これをいてくちづけし、いえれてきた。そこでヤコブはすべてのことをラバンにはなした。

    14 ラバンはかれった、「あなたはほんとうにわたしの骨肉こつにくです」。ヤコブは一かげつあいだかれともにいた。

    15 ときにラバンはヤコブにった、「あなたはわたしのおいだからといって、ただでわたしのためにはたらくこともないでしょう。どんな報酬ほうしゅうのぞみますか、わたしにってください」。

    16 さてラバンにはふたりのむすめがあった。あねはレアといい、いもうとはラケルといった。

    17 レアはよわかったが、ラケルはうつくしくてあいらしかった。

    18 ヤコブはラケルをあいしたので、「わたしは、あなたのいもうとむすめラケルのために七ねんあなたにつかえましょう」とった。

    19 ラバンはった、「彼女かのじょ他人たにんにやるよりもあなたにやるほうがよい。わたしと一緒いっしょにいなさい」。

    20 こうして、ヤコブは七ねんあいだラケルのためにはたらいたが、彼女かのじょあいしたので、ただ数日すうじつのようにおもわれた。

    21 ヤコブはラバンにった、「期日きじつちたから、わたしのつまあたえて、つまところにはいらせてください」。

    22 そこでラバンはそのところ人々ひとびとをみなあつめて、ふるまいをもうけた。

    23 夕暮ゆうぐれとなったとき、むすめレアをヤコブのもとにれてきたので、ヤコブは彼女かのじょところにはいった。

    24 ラバンはまた自分じぶんのつかえめジルパをむすめレアにつかえめとしてあたえた。

    25 あさになって、ると、それはレアであったので、ヤコブはラバンにった、「あなたはどうしてこんなことをわたしにされたのですか。わたしはラケルのためにはたらいたのではありませんか。どうしてあなたはわたしをあざむいたのですか」。

    26 ラバンはった、「いもうとあねよりさきにとつがせることはわれわれのくにではしません。

    27 まずこのむすめのために一しゅうかんごしなさい。そうすればあのむすめもあなたにあげよう。あなたは、そのためさらに七ねんわたしにつかえなければならない」。

    28 ヤコブはそのとおりにして、その一しゅうかんおわったので、ラバンはむすめラケルをもつまとしてかれあたえた。

    29 ラバンはまた自分じぶんのつかえめビルハをむすめラケルにつかえめとしてあたえた。

    30 ヤコブはまたラケルのところにはいった。かれはレアよりもラケルをあいして、さらに七ねんラバンにつかえた。

    31 しゅはレアがきらわれるのをて、そのたいひらかれたが、ラケルは、みごもらなかった。

    32 レアは、みごもってみ、をルベンとづけて、った、「しゅがわたしのなやみをかえりみられたから、いまおっともわたしをあいするだろう」。

    33 彼女かのじょはまた、みごもってみ、「しゅはわたしがきらわれるのをおきになって、わたしにこのをもたまわった」とって、をシメオンとづけた。

    34 彼女かのじょはまた、みごもってみ、「わたしはかれに三にんんだから、こんどこそはおっともわたしにしたしむだろう」とって、をレビとづけた。

    35 彼女かのじょはまた、みごもってみ、「わたしはいましゅをほめたたえる」とってをユダとづけた。そこで彼女かのじょの、むことはやんだ。