創世記44
    脚注
    Theme

    第44章

    1 さてヨセフはいえづかさにめいじてった、「この人々ひとびとふくろに、はこべるだけおおくの食糧しょくりょうたし、めいめいのぎんふくろくちれておきなさい。

    2 またわたしのさかずきぎんさかずきをあの年下とししたものふくろくちに、穀物こくもつ代金だいきんともれておきなさい」。いえづかさはヨセフの言葉ことばのとおりにした。

    3 けると、その人々ひとびとと、ろばとはおくされたが、

    4 まちて、まだとおくへかないうちに、ヨセフはいえづかさにった、「って、あの人々ひとびとのあとをいなさい。いついて、かれらにいなさい、『あなたがたはなぜあくをもってぜんむくいるのですか。なぜわたしのぎんさかずきぬすんだのですか。

    5 これはわたしの主人しゅじんとき使つかい、またいつもうらないにもちいるものではありませんか。あなたがたのしたことわるいことです』」。

    6 いえづかさがかれらにいついて、これらの言葉ことばかれらにげたとき、

    7 かれらはった、「わがしゅは、どうしてそのようなことをわれるのですか。しもべらはけっしてそのようなことはいたしません。

    8 ふくろくちつけたぎんでさえ、カナンのからあなたのところかえったほどです。どうして、われわれは主人しゅじんいえからぎんきんぬすみましょう。

    9 しもべらのうちのだれのところでそれがつかっても、そのものに、またわれわれはわがしゅ奴隷どれいとなりましょう」。

    10 いえづかさはった、「それではあなたがたの言葉ことばのようにしよう。さかずきつかったものはわたしの奴隷どれいとならなければならない。ほかのもの無罪むざいです」。

    11 そこでかれらは、めいめいいそいでふくろにおろし、ひとりひとりそのふくろひらいた。

    12 いえづかさは年上としうえからさがはじめて年下とししたおわったが、さかずきはベニヤミンのふくろなかにあった。

    13 そこでかれらは衣服いふくき、おのおの、ろばにわせてまちかえした。

    14 ユダと兄弟きょうだいたちとは、ヨセフのいえにはいったが、ヨセフがなおそこにいたので、かれらはそのまえにひれした。

    15 ヨセフはかれらにった、「あなたがたのこのしわざは何事なにごとですか。わたしのようなひとは、かならうらなてることをらないのですか」。

    16 ユダはった、「われわれはわがしゅなにい、なにましょう。どうしてわれわれは潔白けっぱくをあらわしましょう。かみがしもべらのつみをあばかれました。われわれと、さかずきっていたものとはともにわがしゅ奴隷どれいとなりましょう」。

    17 ヨセフはった、「わたしはけっしてそのようなことはしない。さかずきっているものだけがわたしの奴隷どれいとならなければならない。ほかのもの安全あんぜんちちのもとへのぼってきなさい」。

    18 このときユダはかれちかづいてった、「ああ、わがしゅよ、どうぞわがしゅみみにひとことわせてください。しもべをおこらないでください。あなたはパロのようなかたです。

    19 わがしゅはしもべらにたずねて、『ちちがあるか、またおとうとがあるか』とわれたので、

    20 われわれはわがしゅいました、『われわれには老齢ろうれいちちがあり、また年寄としよおとうとがあります。そのあにんで、おなははのこっているのは、ただこれだけですからちちはこれをあいしています』。

    21 そのときあなたはしもべらにわれました、『そのものをわたしのところれてきなさい。わたしはこのかれよう』。

    22 われわれはわがしゅいました。『そのともちちはなれることができません。もしちちはなれたらちちぬでしょう』。

    23 しかし、あなたはしもべらにわれました、『すえおとうと一緒いっしょくだってこなければ、おまえたちはふたたびわたしのかおることはできない』。

    24 それであなたのしもべであるちちのもとにのぼって、わがしゅ言葉ことばかれげました。

    25 ところで、ちちが『おまえたちはふたたって、われわれのためにすこしの食糧しょくりょうってくるように』とったので、

    26 われわれはいました、『われわれはくだってけません。もしすえおとうと一緒いっしょであればきましょう。すえおとうと一緒いっしょでなければ、あのひとかおることができません』。

    27 あなたのしもべであるちちいました、『おまえたちのっているとおり、つまはわたしにふたりのんだ。

    28 ひとりはそとたが、きっところされたのだとおもう。わたしはいまになってもかれない。

    29 もしおまえたちがこのをもわたしからってって、かれわざわいえば、おまえたちは、しらがのわたしをかなしんで陰府よみくだらせるであろう』。

    30 わたしがあなたのしもべであるちちのもとにかえってくとき、もしこの子供こども一緒いっしょにいなかったら、どうなるでしょう。ちちたましい子供こどもたましいむすばれているのです。

    31 この子供こどもがわれわれと一緒いっしょにいないのをたら、ちちぬでしょう。そうすればしもべらは、あなたのしもべであるしらがのちちかなしんで陰府よみくだらせることになるでしょう。

    32 しもべはちちにこの子供こどもって『もしわたしがこのをあなたのもとにかえらなかったら、わたしはちちたいして永久えいきゅうつみいましょう』とったのです。

    33 どうか、しもべをこの子供こどもかわりに、わがしゅ奴隷どれいとしてとどまらせ、この子供こども兄弟きょうだいたちと一緒いっしょのぼかせてください、

    34 この子供こどもれずに、どうしてわたしはちちのもとにのぼくことができましょう。ちちわざわいうのをるにしのびません」。