創世記27
    脚注
    Theme

    第27章

    1 イサクは年老としおい、がかすんでえなくなったとき長子ちょうしエサウをんでった、「よ」。かれこたえてった、「ここにおります」。

    2 イサクはった。「わたしは年老としおいて、いつぬかもれない。

    3 それであなたの武器ぶき弓矢ゆみやをもってかけ、わたしのために、しかのにくをとってきて、

    4 わたしのきなおいしいものつくり、ってきてべさせよ。わたしはまえにあなたを祝福しゅくふくしよう」。

    5 イサクがそのエサウにかたるのをリベカはいていた。やがてエサウが、しかのにくようとかけたとき、

    6 リベカはそのヤコブにった、「わたしはいていましたが、ちちあにエサウに、

    7 『わたしのために、しかのにくをとってきて、おいしいものつくり、わたしにべさせよ。わたしはまえに、しゅまえであなたを祝福しゅくふくしよう』といました。

    8 それで、よ、わたしの言葉ことばにしたがい、わたしのうとおりにしなさい。

    9 れのところって、そこからやぎのいのを二とうわたしのところってきなさい。わたしはそれでちちのために、ちちきなおいしいものつくりましょう。

    10 あなたはそれをってってちちべさせなさい。ちちまえにあなたを祝福しゅくふくするでしょう」。

    11 ヤコブはははリベカにった、「あにエサウは毛深けぶかひとですが、わたしはなめらかです。

    12 おそらくちちはわたしにさわってみるでしょう。そうすればわたしはちちあざむものおもわれ、祝福しゅくふくけず、かえってのろいをけるでしょう」。

    13 ははかれった、「よ、あなたがうけるのろいはわたしがけます。ただ、わたしの言葉ことばしたがい、ってってきなさい」。

    14 そこでかれってやぎのり、ははところってきたので、ははちちきなおいしいものつくった。

    15 リベカはいえにあった長子ちょうしエサウの晴着はれぎって、おとうとヤコブにせ、

    16 またやぎのかわくびのなめらかなところとにつけさせ、

    17 彼女かのじょつくったおいしいものとパンとをそのヤコブのにわたした。

    18 そこでヤコブはちちところってった、「ちちよ」。するとちちった、「わたしはここにいる。よ、あなたはだれか」。

    19 ヤコブはちちった、「長子ちょうしエサウです。あなたがわたしにわれたとおりにいたしました。どうぞきて、すわってわたしのしかのにくべ、あなたみずからわたしを祝福しゅくふくしてください」。

    20 イサクはそのった、「よ、どうしてあなたはこんなにはやれたのか」。かれった、「あなたのかみしゅがわたしにしあわせをさづけられたからです」。

    21 イサクはヤコブにった、「よ、近寄ちかよりなさい。わたしは、さわってみて、あなたがたしかにわがエサウであるかどうかをみよう」。

    22 ヤコブが、ちちイサクに近寄ちかよったので、イサクはかれにさわってみてった、「こえはヤコブのこえだが、はエサウのだ」。

    23 ヤコブのあにエサウののように毛深けぶかかったため、イサクはヤコブをわけることができなかったので、かれ祝福しゅくふくした。

    24 イサクはった、「あなたはたしかにわがエサウですか」。かれった、「そうです」。

    25 イサクはった、「わたしのところってきなさい。わがのしかのにくべて、わたしみずから、あなたを祝福しゅくふくしよう」。ヤコブがそれをかれところってきたので、かれべた。またぶどうしゅってきたので、かれんだ。

    26 そしてちちイサクはかれった、「よ、さあ、近寄ちかよってわたしにくちづけしなさい」。

    27 かれ近寄ちかよってくちづけしたとき、イサクはその着物きもののかおりをかぎ、かれ祝福しゅくふくしてった、「ああ、わがのかおりは、しゅ祝福しゅくふくされたのかおりのようだ。

    28 どうかかみが、てんつゆと、えたところと、おおくの穀物こくもつと、あたらしいぶどうしゅとをあなたにたまわるように。

    29 もろもろのたみはあなたにつかえ、もろもろのくにはあなたにをかがめる。あなたは兄弟きょうだいたちのしゅとなり、あなたのははらは、あなたにをかがめるであろう。あなたをのろうものはのろわれ、あなたを祝福しゅくふくするもの祝福しゅくふくされる」。

    30 イサクがヤコブを祝福しゅくふくおわって、ヤコブがちちイサクのまえからくとすぐ、あにエサウがかりからかえってきた。

    31 かれもまたおいしいものつくって、ちちところってきて、った、「ちちよ、きてあなたののしかのにくべ、あなたみずから、わたしを祝福しゅくふくしてください」。

    32 ちちイサクはかれった、「あなたは、だれか」。かれった、「わたしはあなたの長子ちょうしエサウです」。

    33 イサクははげしくふるえてった、「それでは、あのしかのにくって、わたしにってきたものはだれか。わたしはあなたがまえに、みんなべてかれ祝福しゅくふくした。ゆえにかれ祝福しゅくふくるであろう」。

    34 エサウはちち言葉ことばいたとき大声おおごえをあげ、はげしくさけんで、ちちった、「ちちよ、わたしを、わたしをも祝福しゅくふくしてください」。

    35 イサクはった、「あなたのおとうといつわってやってきて、あなたの祝福しゅくふくうばってしまった」。

    36 エサウはった、「よくもヤコブとづけたものだ。かれは二までもわたしをおしのけた。さきには、わたしの長子ちょうし特権とっけんうばい、こんどはわたしの祝福しゅくふくうばった」。またった、「あなたはわたしのために祝福しゅくふくのこしておかれませんでしたか」。

    37 イサクはこたえてエサウにった、「わたしはかれをあなたの主人しゅじんとし、兄弟きょうだいたちをみなしもべとしてかれあたえ、また穀物こくもつとぶどうしゅかれさづけた。わがよ、いまとなっては、あなたのためになにができようか」。

    38 エサウはちちった、「ちちよ、あなたの祝福しゅくふくはただ一つだけですか。ちちよ、わたしを、わたしをも祝福しゅくふくしてください」。エサウはこえをあげていた。

    39 ちちイサクはこたえてかれった、「あなたのすみかはえたところからはなれ、またうえなるてんつゆからはなれるであろう。

    40 あなたはつるぎをもってわたり、あなたのおとうとつかえるであろう。しかし、あなたがいさときくびから、そのくびきをおとすであろう」。

    41 こうしてエサウはちちがヤコブにあたえた祝福しゅくふくのゆえにヤコブをにくんだ。エサウはこころうちった、「ちちとおくはないであろう。そのときおとうとヤコブをころそう」。

    42 しかしリベカは長子ちょうしエサウのこの言葉ことばひとづてにいたので、ひとをやり、おとうとヤコブをんでった、「あにエサウはあなたをころそうとかんがえて、みずからなぐさめています。

    43 よ、いまわたしの言葉ことばしたがって、すぐハランにいるわたしのあにラバンのもとにのがれ、

    44 あなたのあにいかりがけるまで、しばらくかれところにいなさい。

    45 あにいきどおりがけて、あなたのしたことあにわすれるようになったならば、わたしはひとをやって、あなたをそこからむかえましょう。どうして、わたしは一にちのうちにあなたがたふたりをうしなってよいでしょうか」。

    46 リベカはイサクにった、「わたしはヘテびとのむすめどものことで、きているのがいやになりました。もしヤコブがこのの、あのむすめどものようなヘテびとのむすめつまにめとるなら、わたしはきていて、なにになりましょう」。