聖典
創世記20
戻る 次へ

第20章

1 アブラハムはそこからネゲブのうつって、カデシとシュルのあいだんだ。かれがゲラルにとどまっていたとき

2 アブラハムはつまサラのことを、「これはわたしのいもうとです」とったので、ゲラルのおうアビメレクは、ひとをつかわしてサラをれた。

3 ところがかみゆめにアビメレクにのぞんでわれた、「あなたはれたあのおんなのゆえになねばならない。彼女かのじょおっとのあるである」。

4 アビメレクはまだ彼女かのじょちかづいていなかったのでった、「しゅよ、あなたはただしいたみでもころされるのですか。

5 かれはわたしに、これはわたしのいもうとですとったではありませんか。また彼女かのじょ自分じぶんで、かれはわたしのあにですといました。わたしはこころきよく、もいさぎよく、このことをしました」。

6 かみはまたゆめかれわれた、「そうです、あなたがきよこころをもってこのことをしたのをっていたから、わたしもあなたをまもって、わたしにたいしてつみおかさせず、彼女かのじょにふれることをゆるさなかったのです。

7 いまかれつまかえしなさい。かれ預言者よげんしゃですから、あなたのためにいのって、いのちたもたせるでしょう。もしかえさないなら、あなたも身内みうちものもみなかならぬとらなければなりません」。

8 そこでアビメレクはあさはやき、しもべたちをことごとくあつめて、これらのことをみなかたかせたので、人々ひとびと非常ひじょうおそれた。

9 そしてアビメレクはアブラハムをしてった、「あなたはわれわれになにをするのですか。あなたにたいしてわたしがどんなつみおかしたために、あなたはわたしとわたしのくにとに、おおきなつみわせるのですか。あなたはしてはならぬことをわたしにしたのです」。

10 アビメレクはまたアブラハムにった、「あなたはなんとおもって、このことをしたのですか」。

11 アブラハムはった、「このところにはかみおそれるということが、まったくないので、わたしのつまのゆえに人々ひとびとがわたしをころすとおもったからです。

12 また彼女かのじょはほんとうにわたしのいもうとなのです。わたしのちちむすめですが、ははむすめではありません。そして、わたしのつまになったのです。

13 かみがわたしにちちいえはなれて、めぐらせたとき、わたしは彼女かのじょに、あなたはわたしたちのくさきざきでわたしをあにであるとってください。これはあなたがわたしにほどこめぐみであるといました」。

14 そこでアビメレクはひつじうしおよび男女だんじょ奴隷どれいってアブラハムにあたえ、そのつまサラをかれかえした。

15 そしてアビメレクはった、「わたしのはあなたのまえにあります。あなたのきなところみなさい」。

16 またサラにった、「わたしはあなたのあにぎんせんシケルをあたえました。これはあなたのったすべてのことについて、あなたにつぐないをするものです。こうしてすべてのひとにあなたはただしいとみとめられます」。

17 そこでアブラハムはかみいのった。かみはアビメレクとそのつまおよび、はしためたちをいやされたので、かれらはむようになった。

18 これはしゅがさきにアブラハムのつまサラのゆえに、アビメレクのいえのすべてのものたいを、かたくざされたからである。