創世記3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 さてしゅなるかみつくられたもののうちで、へびがもっと狡猾こうかつであった。へびはおんなった、「そのにあるどのからもってべるなと、ほんとうにかみわれたのですか」。

    2 おんなはへびにった、「わたしたちはそのべることはゆるされていますが、

    3 ただその中央ちゅうおうにあるについては、これをってべるな、これにれるな、んではいけないからと、かみわれました」。

    4 へびはおんなった、「あなたがたはけっしてぬことはないでしょう。

    5 それをべると、あなたがたのひらけ、かみのように善悪ぜんあくものとなることを、かみっておられるのです」。

    6 おんながそのると、それはべるにく、にはうつくしく、かしこくなるにはこのましいとおもわれたから、そのってべ、またともにいたおっとにもあたえたので、かれべた。

    7 すると、ふたりのひらけ、自分じぶんたちのはだかであることがわかったので、いちじくのをつづりわせて、こしいた。

    8 かれらは、すずしいかぜくころ、そのなかしゅなるかみあゆまれるおといた。そこで、ひととそのつまとはしゅなるかみかおけて、そのあいだかくした。

    9 しゅなるかみひとびかけてわれた、「あなたはどこにいるのか」。

    10 かれこたえた、「そのなかであなたのあゆまれるおとき、わたしははだかだったので、おそれてかくしたのです」。

    11 かみわれた、「あなたがはだかであるのを、だれがらせたのか。べるなと、めいじておいたから、あなたはってべたのか」。

    12 ひとこたえた、「わたしと一緒いっしょにしてくださったあのおんなが、からってくれたので、わたしはべたのです」。

    13 そこでしゅなるかみおんなわれた、「あなたは、なんということをしたのです」。おんなこたえた、「へびがわたしをだましたのです。それでわたしはべました」。

    14 しゅなるかみはへびにわれた、「おまえは、このことを、したので、すべての家畜かちくのすべてのけもののうち、もっとものろわれる。おまえははらで、いあるき、一生いっしょう、ちりをべるであろう。

    15 わたしはうらみをおく、おまえとおんなとのあいだに、おまえのすえとおんなのすえとのあいだに。かれはおまえのかしらをくだき、おまえはかれのかかとをくだくであろう」。

    16 つぎにおんなわれた、「わたしはあなたのみのくるしみをおおいにす。あなたはくるしんでむ。それでもなお、あなたはおっとしたい、かれはあなたをおさめるであろう」。

    17 さらひとわれた、「あなたがつま言葉ことばいて、べるなと、わたしがめいじたからってべたので、はあなたのためにのろわれ、あなたは一生いっしょうくるしんでから食物しょくもつる。

    18 はあなたのために、いばらとあざみとをしょうじ、あなたはくさべるであろう。

    19 あなたはかおあせしてパンをべ、ついにつちかえる、あなたはつちからられたのだから。あなたは、ちりだから、ちりにかえる」。

    20 さて、ひとはそのつまをエバとづけた。彼女かのじょがすべてきたものははだからである。

    21 しゅなるかみひととそのつまとのためにかわ着物きものつくって、かれらにせられた。

    22 しゅなるかみわれた、「よ、ひとはわれわれのひとりのようになり、善悪ぜんあくるものとなった。かれべ、いのちからもってべ、永久えいきゅうきるかもれない」。

    23 そこでしゅなるかみかれをエデンのそのからして、ひとつくられたそのつちたがやさせられた。

    24 かみひとし、エデンのそのひがしに、ケルビムと、まわほのおのつるぎとをいて、いのちみちまもらせられた。