創世記41
    脚注
    Theme

    第41章

    1 ねんのちパロはゆめた。ゆめに、かれはナイルかわのほとりにっていた。

    2 すると、そのかわからうつくしい、ふとった七とう雌牛めうしがってきてあしっていた。

    3 そののち、またみにくい、やせほそったの七とう雌牛めうしかわからがってきて、かわきしにいた雌牛めうしのそばにち、

    4 そのみにくい、やせほそった雌牛めうしが、あのうつくしい、えた七とう雌牛めうしいつくした。ここでパロはめた。

    5 かれはまたねむって、ふたたゆめた。ゆめに、一ぽんくきふとったい七つのてきた。

    6 そののちまた、やせて、東風ひがしかぜけた七つのてきて、

    7 そのやせたが、あのふとってみのった七つのをのみつくした。ここでパロはめたが、それはゆめであった。

    8 あさになって、パロはこころさわぎ、ひとをつかわして、エジプトのすべての魔術まじゅつとすべての知者ちしゃとをせ、かれらにゆめげたが、これをパロにかしうるものがなかった。

    9 そのとき給仕きゅうじやくちょうはパロにげてった、「わたしはきょう、自分じぶんのあやまちをおもしました。

    10 かつてパロがしもべらにかっていきどおり、わたしと料理りょうりやくちょうとを侍衛じえいちょういえ監禁所かんきんじょにおれになったとき

    11 わたしもかれ一夜いちやのうちにゆめ、それぞれ意味いみのあるゆめましたが、

    12 そこに侍衛じえいちょうのしもべで、ひとりのわかいヘブルびとがわれわれとともにいたので、かれはなしたところ、かれはわれわれのゆめかし、そのゆめによって、それぞれかしをしました。

    13 そしてかれかしたとおりになって、パロはわたしをしょくかえし、かれけられました」。

    14 そこでパロはひとをつかわしてヨセフをんだ。人々ひとびといそいでかれ地下ちか獄屋ごくやからした。ヨセフは、ひげをそり、着物きもの着替きがえてパロのもとにった。

    15 パロはヨセフにった、「わたしはゆめたが、これをかすものがない。くところによると、あなたはゆめいて、かしができるそうだ」。

    16 ヨセフはパロにこたえてった、「いいえ、わたしではありません。かみがパロに平安へいあんをおげになりましょう」。

    17 パロはヨセフにった、「ゆめにわたしはかわきしっていた。

    18 そのかわからふとった、うつくしい七とう雌牛めうしがってきてあしっていた。

    19 そののちよわく、非常ひじょうみにくい、やせほそったの七とう雌牛めうしがまたうえがってきた。わたしはエジプト全国ぜんこくで、このようなみにくいものをまだたことがない。

    20 ところがそのやせたみにく雌牛めうしが、はじめの七とうえた雌牛めうしいつくしたが、

    21 はらにはいっても、はらにはいったことれず、やはりはじめのようにみにくかった。ここでわたしはめた。

    22 わたしはまたゆめをみた。一ぽんくきに七つのったてきた。

    23 そののち、やせおとろえて、東風ひがしかぜけた七つのてきたが、

    24 そのやせたが、あの七つのをのみつくした。わたしは魔術まじゅつはなしたが、わたしにそのわけをしめしうるものはなかった」。

    25 ヨセフはパロにった、「パロのゆめは一つです。かみがこれからしようとすることをパロにしめされたのです。

    26 とう雌牛めうしは七ねんです。七つのも七ねんで、ゆめは一つです。

    27 あとにつづいて、がってきた七とうのやせたみにく雌牛めうしは七ねんで、東風ひがしかぜけたらない七つのは七ねんのききんです。

    28 わたしがパロにもうげたように、かみがこれからしようとすることをパロにしめされたのです。

    29 エジプト全国ぜんこくに七ねんだい豊作ほうさくがあり、

    30 そののちねんのききんがおこり、その豊作ほうさくはみなエジプトのくにわすれられて、そのききんはくにほろぼすでしょう。

    31 のちるそのききんが、非常ひじょうはげしいから、その豊作ほうさくくにのうちで記憶きおくされなくなるでしょう。

    32 パロが二かさねてゆめられたのは、このことかみによってさだめられ、かみがすみやかにこれをされるからです。

    33 それゆえパロはいま、さとく、かつかしこひとたずしてエジプトのくにおさめさせなさい。

    34 パロはこうして国中くにぢゅう監督かんとくき、その七ねん豊作ほうさくのうちに、エジプトのくに産物さんぶつの五ぶんの一をり、

    35 つづいて年々ねんねんのすべての食糧しょくりょうかれらにあつめさせ、穀物こくもつ食糧しょくりょうとして、パロの町々まちまちにたくわえまもらせなさい。

    36 こうすれば食糧しょくりょうは、エジプトのくにのぞむ七ねんのききんにそなえて、このくにのためにたくわえとなり、このくにはききんによってほろびることがないでしょう」。

    37 このことはパロとそのすべての家来けらいたちのにかなった。

    38 そこでパロは家来けらいたちにった、「われわれはかみれいをもつこのようなひとを、ほかにいだしようか」。

    39 またパロはヨセフにった、「かみがこれをみなあなたにしめされた。あなたのようにさとくかしこものはない。

    40 あなたはわたしのいえおさめてください。わたしのたみはみなあなたの言葉ことばしたがうでしょう。わたしはただおうくらいでだけあなたにまさる」。

    41 パロはさらにヨセフにった、「わたしはあなたをエジプト全国ぜんこくのつかさとする」。

    42 そしてパロは指輪ゆびわからはずして、ヨセフのにはめ、亜麻あまぬの衣服いふくせ、きんくさりをくびにかけ、

    43 自分じぶんだい二のくるまかれせ、「ひざまずけ」とそのまえばわらせ、こうしてかれをエジプト全国ぜんこくのつかさとした。

    44 ついでパロはヨセフにった、「わたしはパロである。あなたのゆるしがなければエジプト全国ぜんこくで、だれも手足てあしげることはできない」。

    45 パロはヨセフのをザフナテ・パネアとび、オンの祭司さいしポテペラのむすめアセナテをつまとしてかれあたえた。ヨセフはエジプトのくにめぐった。

    46 ヨセフがエジプトのおうパロのまえったときは三十さいであった。ヨセフはパロのまえて、エジプト全国ぜんこくをあまねくめぐった。

    47 さて七ねん豊作ほうさくのうちにゆたかにものさんした。

    48 そこでヨセフはエジプトのくににできたその七年間ねんかん食糧しょくりょうをことごとくあつめ、その食糧しょくりょう町々まちまちおさめさせた。すなわちまち周囲しゅういにあるはたけ食糧しょくりょうをそのまちなかおさめさせた。

    49 ヨセフは穀物こくもつうみすなのように、非常ひじょうおおくたくわえ、はかりきれなくなったので、ついにはかることをやめた。

    50 ききんのとしまえにヨセフにふたりのうまれた。これらはオンの祭司さいしポテペラのむすめアセナテがんだのである。

    51 ヨセフは長子ちょうしをマナセとづけてった、「かみがわたしにすべての苦難くなんちちいえのすべてのことわすれさせられた」。

    52 またつぎをエフライムとづけてった、「かみがわたしをなやみのゆたかにせられた」。

    53 エジプトのくににあった七ねん豊作ほうさくおわり、

    54 ヨセフのったように七ねんのききんがはじまった。そのききんはすべてのくににあったが、エジプト全国ぜんこくには食物しょくもつがあった。

    55 やがてエジプト全国ぜんこくえたときたみはパロに食物しょくもつさけもとめた。そこでパロはすべてのエジプトびとにった、「ヨセフのもとにき、かれうようにせよ」。

    56 ききんが全面ぜんめんにあったので、ヨセフはすべての穀倉こくぐらひらいて、エジプトびとにった。ききんはますますエジプトのくにはげしくなった。

    57 ききんがぜんはげしくなったので、諸国しょこく人々ひとびとがエジプトのヨセフのもとに穀物こくもつうためにきた。