聖典
創世記31
戻る 次へ

第31章

1 さてヤコブはラバンのらが、「ヤコブはわれわれのちちものをことごとくうばい、ちちものによってあのすべてのとみたのだ」とっているのをいた。

2 またヤコブがラバンのかおるのに、それは自分じぶんたいして以前いぜんのようではなかった。

3 しゅはヤコブにわれた、「あなたの先祖せんぞくにかえり、親族しんぞくのもとにきなさい。わたしはあなたとともにいるであろう」。

4 そこでヤコブはひとをやって、ラケルとレアとを、にいる自分じぶんれのところにまねき、

5 彼女かのじょらにった、「わたしがあなたがたのちちかおるのに、わたしにたいして以前いぜんのようではない。しかし、わたしのちちかみはわたしとともにおられる。

6 あなたがたがっているように、わたしはちからのかぎり、あなたがたのちちつかえてきた。

7 しかし、あなたがたのちちはわたしをあざむいて、十もわたしの報酬ほうしゅうえた。けれどもかみかれがわたしにがいくわえることをおゆるしにならなかった。

8 もしかれが、『ぶちのものはあなたの報酬ほうしゅうだ』とえば、れはみなぶちのものをんだ。もしかれが、『しまのあるものはあなたの報酬ほうしゅうだ』とえば、れはみなしまのあるものをんだ。

9 こうしてかみはあなたがたのちち家畜かちくをとってわたしにあたえられた。

10 またれが発情はつじょうしたとき、わたしがゆめをあげてると、れのうえっているやぎはみなしまのあるもの、ぶちのもの、しもふりのものであった。

11 そのときかみ使つかいゆめなかでわたしにった、『ヤコブよ』。わたしはこたえた、『ここにおります』。

12 かみ使つかいった、『げててごらん。れのうえっているやぎはみなしまのあるもの、ぶちのもの、しもふりのものです。わたしはラバンがあなたにしたことをみなています。

13 わたしはベテルのかみです。かつてあなたはあそこではしらあぶらそそいで、わたしにちかいをてましたが、いまってこのて、あなたのうまれたくにかえりなさい』」。

14 ラケルとレアはこたえてった、「わたしたちのちちいえに、なおわたしたちのくべきぶん、またぎょうがありましょうか。

15 わたしたちはちち他人たにんのようにおもわれているではありませんか。かれはわたしたちをったばかりでなく、わたしたちのそのかねをさえ使つかたしたのです。

16 かみがわたしたちのちちからりあげられたとみは、みなわたしたちとわたしたちのどものものです。だから何事なにごとでもかみがあなたにおげになったことをしてください」。

17 そこでヤコブはって、らとつまたちをらくだにせ、

18 またすべての家畜かちく、すなわちかれがパダンアラムで家畜かちくと、すべての財産ざいさんたずさえて、カナンのにおるちちイサクのもとへおもむいた。

19 そのときラバンはひつじるためにていたので、ラケルはちち所有しょゆうのテラピムをぬすした。

20 またヤコブはアラムびとラバンをあざむき、自分じぶんるのをかれげなかった。

21 こうしてかれはすべてのものたずさえてげ、ってかわわたり、ギレアデの山地さんちかった。

22 になって、ヤコブのったことが、ラバンにきこえたので、

23 かれ一族いちぞくひきいて、七日なぬかあいだそのあとをい、ギレアデの山地さんちいついた。

24 しかし、かみゆめにアラムびとラバンにあらわれてわれた、「あなたはこころしてヤコブに、よしあしをってはなりません」。

25 ラバンはついにヤコブにいついたが、ヤコブがやま天幕てんまくっていたので、ラバンも一族いちぞくともにギレアデのやま天幕てんまくった。

26 ラバンはヤコブにった、「あなたはなんということをしたのですか。あなたはわたしをあざむいてわたしのむすめたちをいくさのとりこのようにいてきました。

27 なぜあなたはわたしにげずに、ひそかにってわたしをあざむいたのですか。わたしはつづみことよろこうたってあなたをおくりだそうとしていたのに。

28 なぜわたしのまごむすめにわたしがくちづけするのをゆるさなかったのですか。あなたはおろかなことをしました。

29 わたしはあなたがたにがいくわえるちからをもっているが、あなたがたのちちかみ昨夜さくやわたしにげて、『おまえはこころして、ヤコブによしあしをうな』とわれました。

30 いまあなたがしたのはちちいえ非常ひじょうこいしくなったからでしょうが、なぜあなたはわたしのかみぬすんだのですか」。

31 ヤコブはラバンにこたえた、「たぶんあなたがむすめたちをわたしからうばいとるだろうとおもってわたしはおそれたからです。

32 だれのところにでもあなたのかみつかったら、そのものかしてはおきません。なにかあなたのものがわたしのところにあるか、われわれの一族いちぞくまえで、調しらべてみて、それをおりください」。ラケルがかみぬすんだことをヤコブはらなかったからである。

33 そこでラバンはヤコブの天幕てんまくにはいり、またレアの天幕てんまくにはいり、さらにふたりのはしための天幕てんまくにはいってみたが、つからなかったので、レアの天幕てんまくてラケルの天幕てんまくにはいった。

34 しかし、ラケルはすでにテラピムをって、らくだのくらのしたれ、そのうえにすわっていたので、ラバンは、くまなく天幕てんまくなかさがしたが、つからなかった。

35 そのときラケルはちちった、「わたしはおんなつねのことがあって、あなたのまえがることができません。わがしゅよ、どうかおいかりにならぬよう」。かれさがしたがテラピムはつからなかった。

36 そこでヤコブはいかってラバンをめた。そしてヤコブはラバンにった、「わたしにどんなあやまちがあり、どんなつみがあって、あなたはわたしのあとをはげしくったのですか。

37 あなたはわたしのものをことごとくさぐられたが、なにかあなたのいえものつかりましたか。それを、ここに、わたしの一族いちぞくと、あなたの一族いちぞくまえいて、われわれふたりのあいだをさばかせましょう。

38 わたしはこの二十ねん、あなたと一緒いっしょにいましたが、そのかんあなたのひつじやぎもみそこねたことはなく、またわたしはあなたのれの雄羊おひつじべたこともありませんでした。

39 また野獣やじゅうが、かみいたものは、あなたのもとにってこないで、自分じぶんでそれをつぐないました。またひるぬすまれたものも、よるぬすまれたものも、あなたはわたしにそのつぐないをもとめられました。

40 わたしのことをえば、ひるあつさに、よるさむさになやまされて、ねむることもできませんでした。

41 わたしはこの二十ねんあなたの家族かぞくのひとりでありました。わたしはあなたのふたりのむすめのために十四ねん、またあなたのれのために六ねん、あなたにつかえましたが、あなたはじゅうもわたしの報酬ほうしゅうえられました。

42 もし、わたしのちちかみ、アブラハムのかみ、イサクのかしこむものがわたしとともにおられなかったなら、あなたはきっとわたしを、かららせたでしょう。かみはわたしのなやみと、わたしの労苦ろうくとをかえりみられて昨夜さくやあなたをいましめられたのです」。

43 ラバンはこたえてヤコブにった、「むすめたちはわたしのむすめどもたちはわたしのまごです。またれはわたしのれ、あなたのるものはみなわたしのものです。これらのわたしのむすめたちのため、またかれらがんだどもたちのため、きょうわたしはなにをすることができましょうか。

44 さあ、それではわたしとあなたと契約けいやくむすんで、これをわたしとあなたとのあいだ証拠しょうことしましょう」。

45 そこでヤコブはいしり、それをててはしらとした。

46 ヤコブはまた一族いちぞくものった、「いしあつめてください」。かれらはいしって、一つの石塚いしづかつくった。こうしてかれらはその石塚いしづかのかたわらで食事しょくじをした。

47 ラバンはこれをエガル・サハドタとづけ、ヤコブはこれをガルエドとづけた。

48 そしてラバンはった、「この石塚いしづかはきょうわたしとあなたとのあいだ証拠しょうことなります」。それでそのはガルエドとばれた。

49 またミズパともばれた。かれがこうったからである、「われわれがたがいわかれたのちも、どうかしゅがわたしとあなたとのあいだ見守みまもられるように。

50 もしあなたがわたしのむすめ虐待ぎゃくたいしたり、わたしのむすめのほかにつまをめとることがあれば、たといそこにだれひとりいなくても、かみはわたしとあなたとのあいだ証人しょうにんでいらせられる」。

51 さらにラバンはヤコブにった、「あなたとわたしとのあいだにわたしがてたこの石塚いしづかをごらんなさい、このはしらをごらんなさい。

52 この石塚いしづかえてわたしがあなたにがいくわえず、またこの石塚いしづかとこのはしらえてあなたがわたしにがいくわえないように、どうかこの石塚いしづかがあかしとなり、このはしらがあかしとなるように。

53 どうかアブラハムのかみ、ナホルのかみかれらのちちかみがわれわれのあいだをさばかれるように」。ヤコブはちちイサクのかしこむものによってちかった。

54 そしてヤコブはやま犠牲ぎせいをささげ、一族いちぞくまねいて、食事しょくじをした。かれらは食事しょくじをしてやま宿やどった。

55 あくるあさラバンははやき、まごむすめたちにくちづけしてかれらを祝福しゅくふくし、っていえかえった。