聖典
創世記21
戻る 次へ

第21章

1 しゅは、さきにわれたようにサラをかえりみ、げられたようにサラにおこなわれた。

2 サラはみごもり、かみがアブラハムにげられたときになって、年老としおいたアブラハムにおとこんだ。

3 アブラハムはうまれた、サラがんだおとこをイサクとづけた。

4 アブラハムはかみめいじられたように八にそのイサクに割礼かつれいほどこした。

5 アブラハムはそのイサクがうまれたときさいであった。

6 そしてサラはった、「かみはわたしをわらわせてくださった。ものみなわたしのことでわらうでしょう」。

7 またった、「サラがちちませるだろうと、だれがアブラハムにたであろう。それなのに、わたしはかれとしとってから、んだ」。

8 さて、おさなごはそだって乳離ちばなれした。イサクが乳離ちばなれしたにアブラハムはさかんなふるまいをもうけた。

9 サラはエジプトのおんなハガルのアブラハムにんだが、自分じぶんイサクとあそぶのをて、

10 アブラハムにった、「このはしためとそのしてください。このはしためのはわたしのイサクとともに、世継よつぎとなるべきものではありません」。

11 このことで、アブラハムはそののために非常ひじょう心配しんぱいした。

12 かみはアブラハムにわれた、「あのわらべのため、またあなたのはしためのために心配しんぱいすることはない。サラがあなたにうことはすべてきいれなさい。イサクにうまれるものが、あなたの子孫しそんとなえられるからです。

13 しかし、はしためのもあなたのですから、これをも、一つの国民こくみんとします」。

14 そこでアブラハムはくるあさはやくきて、パンとみずかわぶくろとをり、ハガルにあたえて、かたわせ、そのれてらせた。ハガルはってベエルシバの荒野あらのにさまよった。

15 やがてかわぶくろみずきたので、彼女かのじょはそのしたにおき、

16 「わたしはこのぬのをるにしのびない」とって、とどくほどはなれてき、子供こどもほういてすわった。彼女かのじょ子供こどもほういてすわったとき、子供こどもこえをあげていた。

17 かみはわらべのこえかれ、かみ使つかいてんからハガルをんでった、「ハガルよ、どうしたのか。おそれてはいけない。かみはあそこにいるわらべのこえかれた。

18 ってき、わらべをげてあなたのきなさい。わたしはかれおおいなる国民こくみんとするであろう」。

19 かみがハガルのひらかれたので、彼女かのじょみず井戸いどのあるのをた。彼女かのじょってかわぶくろみずたし、わらべにませた。

20 かみはわらべとともにいまし、わらべは成長せいちょうした。かれ荒野あらのんでゆみものとなった。

21 かれはパランの荒野あらのんだ。ははかれのためにエジプトのくにからつまむかえた。

22 そのころアビメレクとその軍勢ぐんぜいちょうピコルはアブラハムにった、「あなたが何事なにごとをなさっても、かみはあなたとともにおられる。

23 それゆえ、いまここでわたしをも、わたしのをも、まごをもあざむかないと、かみをさしてわたしにちかってください。わたしがあなたに親切しんせつにしたように、あなたもわたしと、このあなたの寄留きりゅうとに、しなければなりません」。

24 アブラハムはった、「わたしはちかいます」。

25 アブラハムはアビメレクの家来けらいたちが、みず井戸いどうばったことについてアビメルクをめた。

26 しかしアビメレクはった、「だれがこのことをしたかわたしはりません。あなたもわたしにげたことはなく、わたしもきょうまできませんでした」。

27 そこでアブラハムはひつじうしとをってアビメレクにあたえ、ふたりは契約けいやくむすんだ。

28 アブラハムがめす小羊こひつじとうけていたところ、

29 アビメレクはアブラハムにった、「あなたがこれらのめす小羊こひつじとうけていたのは、なんのためですか」。

30 アブラハムはった、「あなたはわたしのからこれらのめす小羊こひつじとうって、わたしがこの井戸いどったことの証拠しょうことしてください」。

31 これによってそのところをベエルシバとづけた。かれらがふたりそこでちかいをしたからである。

32 このようにかれらはベエルシバで契約けいやくむすび、アビメレクとその軍勢ぐんぜいちょうピコルはってペリシテのかえった。

33 アブラハムはベエルシバに一ぽんのぎょりゅうのえ、そのところ永遠えいえんかみしゅんだ。

34 こうしてアブラハムはながあいだペリシテびとのにとどまった。