創世記26
    脚注
    Theme

    第26章

    1 アブラハムのときにあったはじめのききんのほか、またききんがそのくににあったので、イサクはゲラルにいるペリシテびとのおうアビメレクのところった。

    2 そのときしゅかれあらわれてわれた、「エジプトへくだってはならない。わたしがあなたにしめにとどまりなさい。

    3 あなたがこのにとどまるなら、わたしはあなたとともにいて、あなたを祝福しゅくふくし、これらのくにをことごとくあなたと、あなたの子孫しそんとにあたえ、わたしがあなたのちちアブラハムにちかったちかいをはたそう。

    4 またわたしはあなたの子孫しそんしててんほしのようにし、あなたの子孫しそんにこれらのをみなあたえよう。そしてのすべての国民こくみんはあなたの子孫しそんによって祝福しゅくふくをえるであろう。

    5 アブラハムがわたしの言葉ことばにしたがってわたしのさとしと、いましめと、さだめと、おきてとをまもったからである」。

    6 こうしてイサクはゲラルにんだ。

    7 そのところ人々ひとびとかれつまのことをたずねたとき、「彼女かのじょはわたしのいもうとです」とかれった。リベカはうつくしかったので、そのところ人々ひとびとがリベカのゆえに自分じぶんころすかもしれないとおもって、「わたしのつまです」とうのをおそれたからである。

    8 イサクはながらくそこにいたが、あるペリシテびとのおうアビメレクはまどからそとをながめていて、イサクがそのつまリベカとたわむれているのをた。

    9 そこでアビメレクはイサクをしてった、「彼女かのじょたしかにあなたのつまです。あなたはどうして『彼女かのじょはわたしのいもうとです』とわれたのですか」。イサクはかれった、「わたしは彼女かのじょのゆえにころされるかもしれないとおもったからです」。

    10 アビメレクはった、「あなたはどうしてこんなことをわれわれにされたのですか。たみのひとりが軽々かるがるしくあなたのつまるようなことがあれば、そのときあなたはわれわれにつみわせるでしょう」。

    11 それでアビメレクはすべてのたみめいじてった、「このひと、またはそのつまにさわるものかならななければならない」。

    12 イサクはそのたねをまいて、そのとしに百ばい収穫しゅうかくた。このようにしゅかれ祝福しゅくふくされたので、

    13 かれみ、またますますさかえて非常ひじょう裕福ゆうふくになり、

    14 ひつじれ、うしおよおおくのしもべをつようになったので、ペリシテびとはかれをねたんだ。

    15 またペリシテびとはかれちちアブラハムのときに、ちちのしもべたちがったすべての井戸いどをふさぎ、つちめた。

    16 アビメレクはイサクにった、「あなたはわれわれよりも、はるかにつよくなられたから、われわれのところってください」。

    17 イサクはそこをり、ゲラルのたに天幕てんまくってそのところんだ。

    18 そしてイサクはちちアブラハムのとき人々ひとびとったみず井戸いどふたたった。アブラハムの死後しご、ペリシテびとがふさいだからである。イサクはちちがつけたにしたがってそれらにをつけた。

    19 しかしイサクのしもべたちがたになかって、そこにわきみず井戸いどつけたとき、

    20 ゲラルの羊飼ひつじかいたちは、「このみずはわれわれのものだ」とって、イサクの羊飼ひつじかいたちとあらそったので、イサクはその井戸いどをエセクとづけた。かれらがかれあらそったからである。

    21 かれらはまた一つの井戸いどったが、これをもあらそったので、をシテナとづけた。

    22 イサクはそこからうつってまた一つの井戸いどったが、かれらはこれをあらそわなかったので、そのをレホボテとづけてった、「いましゅがわれわれの場所ばしょひろげられたから、われわれはこのにふえるであろう」。

    23 かれはそこからベエルシバにのぼった。

    24 そのしゅかれあらわれてわれた、「わたしはあなたのちちアブラハムのかみである。あなたはおそれてはならない。わたしはあなたとともにおって、あなたを祝福しゅくふくし、わたしのしもべアブラハムのゆえにあなたの子孫しそんすであろう」。

    25 それでかれはそのところ祭壇さいだんきずいて、しゅび、そこに天幕てんまくった。またイサクのしもべたちはそこに一つの井戸いどった。

    26 ときにアビメレクがそのともアホザテと、軍勢ぐんぜいちょうピコルとともにゲラルからイサクのもとにきたので、

    27 イサクはかれらにった、「あなたがたはわたしをにくんで、あなたがたのなかからわたしをされたのに、どうしてわたしのところにこられたのですか」。

    28 かれらはった、「われわれはしゅがあなたとともにおられるのを、はっきりましたので、いまわれわれのあいだ、すなわちわれわれとあなたとのあいだに一つのちかいをてて、あなたと契約けいやくむすぼうとおもいます。

    29 われわれはあなたにがいくわえたことはなく、ただことだけをして、やすらかにらせたのですから、あなたはわれわれにわることをしてはなりません。まことにあなたはしゅ祝福しゅくふくされたかたです」。

    30 そこでイサクはかれらのためにふるまいをもうけた。かれらはいし、

    31 あくるあさ、はやくきてたがいちかった。こうしてイサクはかれらをらせたので、かれらはイサクのもとからおだやかにった。

    32 その、イサクのしもべたちがきて、自分じぶんたちがった井戸いどについてかれげてった、「わたしたちはみずつけました」。

    33 イサクはそれをシバとづけた。これによってそのまち今日こんにちにいたるまでベエルシバといわれている。

    34 エサウは四十さいとき、ヘテびとベエリのむすめユデテとヘテびとエロンのむすめバスマテとをつまにめとった。

    35 彼女かのじょたちはイサクとリベカにとってこころいたみとなった。