マラキ書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 祭司さいしたちよ、いまこの命令めいれいがあなたがたにあたえられる。

    2 万軍ばんぐんしゅわれる、あなたがたがもししたがわず、またこれをこころめず、わが栄光えいこうさないならば、わたしはあなたがたのうえに、のろいをおくり、またあなたがたの祝福しゅくふくをのろいにえる。あなたがたは、これをこころめないので、わたしはすでにこれをのろった。

    3 よ、わたしはあなたがたの子孫しそんめる。またあなたがたの犠牲ぎせいふんを、あなたがたのかおうえにまきらし、あなたがたをわたしのまえから退しりぞける。

    4 こうしてわたしが、この命令めいれいをあなたがたにあたえたのは、レビとむすんだわが契約けいやくが、たもたれるためであることを、あなたがたがるためであると、万軍ばんぐんしゅわれる。

    5 かれむすんだわが契約けいやくは、生命せいめい平安へいあんとの契約けいやくであって、わたしがこれをかれあたえたのは、かれにわたしをおそれさせるためである。かれはすでにわたしをおそれ、わがまえにおののいた。

    6 かれくちには、まことの律法りっぽうがあり、そのくちびるには、不義ふぎられなかった。かれ平安へいあん公義こうぎとをもって、わたしとともあゆみ、またおおくのひと不義ふぎからかえらせた。

    7 祭司さいしのくちびるは知識ちしきたもち、人々ひとびとかれくちから律法りっぽうたずねるのが当然とうぜんである。かれ万軍ばんぐんしゅ使者ししゃだからだ。

    8 ところが、あなたがたはみちはなれ、おおくのひとおしえてつまずかせ、レビの契約けいやくやぶったと、万軍ばんぐんしゅわれる。

    9 あなたがたはわたしのみちまもらず、律法りっぽうおしえるにあたって、ひとにかたよったがために、あなたがたをすべてのたみまえあなどられ、いやしめられるようにする」。

    10 われわれのちちみな一つではないか。われわれをつくったかみは一つではないか。なにゆえ、われわれは先祖せんぞたちの契約けいやくやぶって、おのおのその兄弟きょうだいいつわりをおこなうのか。

    11 ユダはいつわりをおこない、イスラエルおよびエルサレムのなかにはにくむべきことおこなわれた。すなわちユダはしゅあいしておられる聖所せいじょけがして、かみつかえるおんなをめとった。

    12 どうか、しゅがこうしたことおこなひとをば、証言しょうげんするものも、答弁とうべんするものも、また万軍ばんぐんしゅにささげものをするものをも、ヤコブの幕屋まくやからたれるように。

    13 あなたがたはまたこのようなことをする。すなわちかみがもはやささげものをかえりみず、またこれをあなたがたのから、よろこんでけられないために、あなたがたはなみだと、くことと、なげきとをもって、しゅ祭壇さいだんをおおい、

    14 「なぜかみけられないのか」とたずねる。これはしゅがあなたと、あなたのわかときつまとのあいだの、契約けいやく証人しょうにんだったからである。彼女かのじょは、あなたのい、契約けいやくによるあなたのつまであるのに、あなたは彼女かのじょ裏切うらぎった。

    15 一つかみは、われわれのためにいのちれいつくり、これをささえられたではないか。かれなにのぞまれるか。かみうやま子孫しそんであるゆえ、あなたがたはみずからつつしんで、そのわかときつま裏切うらぎってはならない。

    16 イスラエルのかみしゅわれる、「わたしは離縁りえんするものにくみ、また、しえたげをもってそのころもをおおうひとにくむと、万軍ばんぐんしゅわれる。ゆえにみずからつつしんで、裏切うらぎることをしてはならない」。

    17 あなたがたは言葉ことばをもってしゅわずらわした。しかしあなたがたはう、「われわれはどんなふうに、かれわずらわしたか」。それはあなたがたが「すべてあくおこなものしゅえ、かつかれよろこばれる」とい、また「さばきをおこなかみはどこにあるか」とうからである。