マラキ書3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 よ、わたしはわが使者ししゃをつかわす。かれはわたしのまえみちそなえる。またあなたがたがもとめるところしゅは、たちまちそのみやる。よ、あなたがたのよろこ契約けいやく使者ししゃると、万軍ばんぐんしゅわれる。

    2 そのには、だれがよう。そのあらわれるときには、だれがよう。かれきんをふきわけるもののようであり、ぬのさらしの灰汁あくのようである。

    3 かれぎんをふきわけてきよめるもののようにして、レビの子孫しそんきよめ、金銀きんぎんのようにかれらをきよめる。そしてかれらはをもって、ささげものしゅにささげる。

    4 そのときユダとエルサレムとのささげものは、むかしのように、またさきとしのようにしゅよろこばれる。

    5 そしてわたしはあなたがたにちかづいて、さばきをなし、うらなもの姦淫かんいんおこなものいつわりのちかいをなすものにむかい、雇人やといにん賃銀ちんぎんをかすめ、やもめと、みなしごとをしえたげ、寄留きりゅう他国たこくじんしのけ、わたしをおそれないものどもにむかって、すみやかにあかしをてると、万軍ばんぐんしゅわれる。

    6 しゅなるわたしはかわることがない。それゆえ、ヤコブのらよ、あなたがたはほろぼされない。

    7 あなたがたは、その先祖せんぞから、わがさだめをはなれて、これをまもらなかった。わたしにかえれ、わたしはあなたがたにかえろうと、万軍ばんぐんしゅわれる。ところが、あなたがたは『われわれはどうしてかえろうか』とたずねる。

    8 ひとかみものぬすむことをするだろうか。しかしあなたがたは、わたしのものぬすんでいる。あなたがたはまた『どうしてわれわれは、あなたのものぬすんでいるのか』とう。十ぶんの一と、ささげものをもってである。

    9 あなたがたは、のろいをもって、のろわれる。あなたがたすべての国民こくみんは、わたしのものぬすんでいるからである。

    10 わたしのみや食物しょくもつのあるように、十ぶんの一全部ぜんぶをわたしのくらたずさえてきなさい。これをもってわたしをこころみ、わたしがてんまどひらいて、あふるるめぐみを、あなたがたにそそぐかいなかをなさいと、万軍ばんぐんしゅわれる。

    11 わたしはほろぼすものを、あなたがたのためにおさえて、あなたがたの産物さんぶつを、ほろぼさないようにしよう。また、あなたがたのぶどうのが、そのじゅくするまえに、そのはたけおとすことのないようにしようと、万軍ばんぐんしゅわれる。

    12 こうして万国ばんこくひとは、あなたがたを祝福しゅくふくされたものととなえるであろう。あなたがたはたのしいとなるからであると、万軍ばんぐんしゅわれる。

    13 しゅわれる、あなたがたは言葉ことばはげしくして、わたしにさからった。しかもあなたがたは『われわれはあなたにさからって、どんなことったか』とう。

    14 あなたがたはった、『かみつかえることはつまらない。われわれがその命令めいれいまもり、かつ万軍ばんぐんしゅまえに、かなしんであるいたからといって、なんのえきがあるか。

    15 いまわれわれはたかぶるものを、祝福しゅくふくされたものおもう。あくおこなものさかえるばかりでなく、かみこころみてもばっせられない』」。

    16 そのとき、しゅおそれるものたがいかたった。しゅみみかたむけてこれをかれた。そしてしゅおそれるもの、およびそのこころめているもののために、しゅまえに一つのおぼがきがしるされた。

    17 万軍ばんぐんしゅわれる、かれらはわたしがくだしてことおこなに、わたしのものとなり、わたしのたからとなる。またひと自分じぶんつかえるをあわれむように、わたしはかれらをあわれむ。

    18 そのときあなたがたは、ふたた義人ぎじん悪人あくにんかみつかえるものと、つかえないものとの区別くべつるようになる。