聖典
伝道の書3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 あめしたのすべてのことには季節きせつがあり、すべてのわざにはときがある。

2 うまるるにときがあり、ぬるにときがあり、えるにときがあり、えたものをくにときがあり、

3 ころすにときがあり、いやすにときがあり、こわすにときがあり、てるにときがあり、

4 くにときがあり、わらうにときがあり、かなしむにときがあり、おどるにときがあり、

5 いしげるにときがあり、いしあつめるにときがあり、くにときがあり、くことをやめるにときがあり、

6 さがすにときがあり、うしなうにときがあり、たもつにときがあり、てるにときがあり、

7 くにときがあり、うにときがあり、だまるにときがあり、かたるにときがあり、

8 あいするにときがあり、にくむにときがあり、たたかうにときがあり、やわらぐにときがある。

9 はたらものはそのろうすることにより、なんのえきるか。

10 わたしはかみひとらにあたえて、ほねおらせられる仕事しごとた。

11 かみのなされることはみなそのときにかなってうつくしい。かみはまたひとこころ永遠えいえんおもおもいをさづけられた。それでもなお、ひとかみのなされるわざをはじめからおわりまできわめることはできない。

12 わたしはっている。ひとにはそのきながらえているあいだたのしく愉快ゆかいごすよりほかにことはない。

13 またすべてのひとみし、そのすべての労苦ろうくによってたのしみをることはかみ賜物たまものである。

14 わたしはっている。すべてかみがなさること永遠えいえんかわることがなく、これにくわえることも、これからることもできない。かみがこのようにされるのは、人々ひとびとかみまえおそれをもつようになるためである。

15 いまあるものは、すでにあったものである。のちにあるものも、すでにあったものである。かみいやられたものをたずもとめられる。

16 わたしはまた、したたが、さばきをおこなところにも不正ふせいがあり、公義こうぎおこなところにも不正ふせいがある。

17 わたしはこころった、「かみただしいものわるものとをさばかれる。かみはすべてのことと、すべてのわざに、ときさだめられたからである」と。

18 わたしはまた、ひとらについてこころった、「かみかれらをためして、かれらに自分じぶんたちがけものにすぎないことをさとらせられるのである」と。

19 ひとらにのぞむところはけものにものぞむからである。すなわち一様いちようかれらにのぞみ、これのぬように、かれぬのである。かれらはみな同様どうよういきをもっている。ひとけものにまさるところがない。すべてのものはくうだからである。

20 みなひとところく。みなちりからて、みなちりにかえる。

21 だれがるか、ひとらのれいうえにのぼり、けものれいにくだるかを。

22 それで、わたしはた、ひとはそのはたらきによってたのしむにこしたことはない。これがかれぶんだからである。だれがかれをつれていって、そののちの、どうなるかをさせることができようか。