伝道の書1
    脚注
    Theme

    伝道でんどうしょ

    第1章

    1 ダビデの、エルサレムのおうである伝道者でんどうしゃ言葉ことば

    2 伝道者でんどうしゃう、くうくうくうくう、いっさいはくうである。

    3 したひとろうするすべての労苦ろうくは、そのになんのえきがあるか。

    4 り、はきたる。しかし永遠えいえんかわらない。

    5 はいで、ぼっし、そのところいそく。

    6 かぜみなみき、またてんじて、きたかい、めぐりにめぐって、またそのめぐるところかえる。

    7 かわはみな、うみながる、しかしうみちることがない。かわはそのてきたところにまたかえってく。

    8 すべてのことひとをうみつかれさせる、ひとはこれをいつくすことができない。ることにきることがなく、みみくことに満足まんぞくすることがない。

    9 さきにあったことは、またのちにもある、さきになされたことは、またのちにもなされる。したにはあたらしいものはない。

    10 よ、これはあたらしいものだ」とわれるものがあるか、それはわれわれのまえにあった世々よよに、すでにあったものである。

    11 まえもののことはおぼえられることがない、また、きたるべきのちもののことも、のちおこものはこれをおぼえることがない。

    12 伝道者でんどうしゃであるわたしはエルサレムで、イスラエルのおうであった。

    13 わたしはこころをつくし、知恵ちえもちいて、あめしたおこなわれるすべてのことをたずね、また調しらべた。これはかみが、ひとらにあたえて、ほねおらせられるくるしい仕事しごとである。

    14 わたしはしたひとおこなうすべてのわざをたが、みなくうであってかぜとらえるようである。

    15 まがったものは、まっすぐにすることができない、けたものはかぞえることができない。

    16 わたしはこころなかかたってった、「わたしは、わたしよりさきにエルサレムをおさめたすべてのものにまさって、おおくの知恵ちえた。わたしのこころ知恵ちえ知識ちしきおおた」。

    17 わたしはこころをつくして知恵ちえり、また狂気きょうき愚痴ぐちとをろうとしたが、これもまたかぜとらえるようなものであるとさとった。

    18 それは知恵ちえおおければなやみがおおく、知識ちしきものうれいをすからである。