ルツ記3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 ときにしゅうとめナオミは彼女かのじょった、「むすめよ、わたしはあなたのどころもとめて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか。

    2 あなたが一緒いっしょはたらいたおんなたちの主人しゅじんボアズはわたしたちの親戚しんせきではありませんか。かれ今夜こんや大麦おおむぎをあおぎけます。

    3 それであなたはあらってあぶらをぬり、をまとってくだってきなさい。ただ、あなたはそのひといをおわるまで、そのひとられてはなりません。

    4 そしてそのひととき、その場所ばしょ見定みさだめ、はいってって、そのあしところをまくって、そこになさい。かれはあなたのすべきことをらせるでしょう」。

    5 ルツはしゅうとめにった、「あなたのおっしゃることをみないたしましょう」。

    6 こうして彼女かのじょくだり、すべてしゅうとめがめいじたとおりにした。

    7 ボアズはいして、こころをたのしませたあとで、むぎんである場所ばしょのかたわらへってた。そこで彼女かのじょはひそかにき、ボアズのあしところをまくって、そこにた。

    8 夜中よなかになって、そのひとおどろき、きかえってると、ひとりのおんなあしのところにていたので、

    9 「あなたはだれですか」とうと、彼女かのじょこたえた、「わたしはあなたのはしためルツです。あなたのすそで、はしためをおおってください。あなたはもっとちか親戚しんせきです」。

    10 ボアズはった、「むすめよ、どうぞ、しゅがあなたを祝福しゅくふくされるように。あなたは貧富ひんぷにかかわらずわかひとしたがくことはせず、あなたが最後さいごしめしたこの親切しんせつは、さきにしめした親切しんせつにまさっています。

    11 それで、むすめよ、あなたはおそれるにおよびません。あなたがもとめることはみな、あなたのためにいたしましょう。わたしのまち人々ひとびとみな、あなたがりっぱなおんなであることをっているからです。

    12 たしかにわたしはちか親戚しんせきではありますが、わたしよりも、もっとちか親戚しんせきがあります。

    13 今夜こんやはここにとどまりなさい。あさになって、もしそのひとが、あなたのために親戚しんせき義務ぎむをつくすならば、よろしい、そのひとにさせなさい。しかししゅきておられます。そのひとが、あなたのために親戚しんせき義務ぎむをつくすことをこのまないならば、わたしはあなたのために親戚しんせき義務ぎむをつくしましょう。あさまでここにおやすみなさい」。

    14 ルツはあさまでかれあしのところにたが、だれかれの見分みわがたいころにきあがった。それはボアズが「このおんなにきたことがひとられてはならない」とったからである。

    15 そしてボアズはった、「あなたの外套がいとうってきて、それをひろげなさい」。彼女かのじょがそれをひろげると、ボアズは大麦おおむぎ六オメルをはかって彼女かのじょわせた。彼女かのじょまちかえり、

    16 しゅうとめのところへくと、しゅうとめはった、「むすめよ、どうでしたか」。そこでルツはそのひと彼女かのじょにしたことをことごとくげて、

    17 った、「あのかたはわたしにかって、からで、しゅうとめのところへかえってはならないとって、この大麦おおむぎ六オメルをわたしにくださいました」。

    18 しゅうとめはった、「むすめよ、このことがどうなるかわかるまでおちなさい。あのひとは、きょう、そのこと決定けっていしなければかないでしょう」。